厳選!稼げるクラウドソーシングサービス

Wemakeで自分の商品アイデアをお金にしよう!その実績と評判は?

面白い新商品つくり

Wemakeは、商品構想と技術力を持っている企業を結んで面白い新商品を作るプラットフォームです。

 

自分一人で実現するには難しようなアイデア・コンセプトがあるんだけど、絶対に良いものだから実現したい…そんな方のためにWemakeはあります。

 

実現したいコンセプトを提案したら、様々な視点から生まれた課題を
ユーザー達の力で解決していきます。

 

最終審査に通ったアイデアは、メーカーとのミーティングなどの過程を経て商品開発のプロジェクトが動き出します。

 

発売されたらコンセプトの提案者には売上から収益の分配が行われます。

 

そして、改善に関わったユーザーにも売上から収益の分配があります。

 

運営会社は

Wemakeの運営会社は、2012年に設立された「A(エイス)」です。

 

全国のクリエイターと生活者が商品開発チームに加わります。

そして、企業と共創してニーズのある商品を世の中に送り出します。

 

ビジョンとして「誰もが、自分のやりたいことを得意な方法で実現する」を描いています。

 

おすすめポイント

自分のアイデアから製品に

自分がこういったものがあれば欲しいというアイデアをWemakeに提案することで、そのアイデアが商品になり実際に販売されることがあるかもしれません。

 

色々な人の協力で改善され、賛同が得られるようであれば、自分が考えていたものが世に送り出されるという大きな魅力があります。

 

製品化したら高額収入

アイデアが実際に製品化されると、収益分配で収入を受け取ることができます。

 

大きな金額になりますので1つでも成功して製品化されると、かなりの収益となります。

 

当然、一番多く受け取れるのはアイデアを提出した人で、割合としては38%ということです。

 

少しの関わりでも収益分配あり

必ずしもアイデア・コンセプトを出さなけばいけないということはありません。

 

商品を販売する過程での貢献度によってポイントが貯まり、そのポイントで売り上げから報酬が分配されます。

 

コンセプトの評価をしたり、発売前のアンケートに回答するだけでも収益分配の受け取りができます。

 

さらに、製品化の投票に参加するだけでも収益がもらえるのはとても魅了的で、気負うことなく参加できますね。

 

デザイナーの仕事も多数

製品化に伴い、デザイン関連の仕事が多く募集されます。

 

デザイン関連の仕事をしていたり得意であれば、製品化へのデザイン協力をすることで収益分配されます。

 

簡単な作業としては、カラーの設定だけでも収益を得られるので自身のスキルを最大に活かすことが可能です。

 

評判は?

Wemakeは、いろいろなメディア等に取り上げられることも多く、以前から注目を集めています。評判も、もちろん良いようです。

 

報酬が手元に入ってくるのは関わった商品が販売されてからとなるので、収益を得られるのが遅くなってしまうという点も理解しておいた方がいいでしょう。

 

すごいアイデアを生み出せる方なら、商品がたくさん売れることで高額の収入を狙えるかもしれません。

 

今までにも一般の方が企業にアイディアを提案して商品化するサイトなどはありましたが、アイデアを出した人対企業になるので、他人は販売までのプロセスには関われませんでした。

 

Wemakeは、みんなが少しずつ関わることができて、尚且つ収益の分配があるという点が今までにないサイトだと思います。

 

他のユーザーとコミュニケーションを取りながら、商品開発を進めていく楽しさもあじわえますので、報酬はあまり期待せずに趣味として参加してもいいかもしれません。

 

今後、Wemakeの認知度がどんどん上がって色々なアイディアが商品化されれば、盛り上がるクラウドソーシングになるのではないでしょうか。

クラウドソーシングで稼ぐなら
文章力が必要です

 

手軽に始められるクラウドソーシング

一番効率が良くて、自由が効くのが

ライティングです。

でも・・・

文章なんて書けるかな・・・

 

大丈夫です。

メルマガに登録で、自然に文章力がついていくこと間違いなしです

無料で、メルマガに返信して個人的に返信をもらうこともできます!



クラウドソーシング「ランサーズ」


無料メルマガ登録はこちら!

Similar Posts

コメントを残す

*