最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

アフィリエイターとブロガーとの境界はなくなっていく!?

アフィリエイターとブロガーは仲が悪い?

 

アフィリエイターもブロガーもインターネットに文章を書いています。

 

でも、アフィリエイターはアフィリエイター、ブロガーはブロガーでなかなか接点はないように見えます。合同オフ会なんて聞いたことないし。

 

接点がないどころか、特にブロガーはアフィリエイターのことが嫌いみたいですね(笑)。

 

その証拠というかなんというか、アフィカス(アフィリエイターのカス野郎?)という言葉もあるくらいです。

 

2ちゃんねるなどのネット掲示板の内容を転載してブログにまとめた、いわゆる「まとめブログ」を管理し、アフィリエイト(成功報酬型広告)で利益を得ている人に対する蔑称として、用いられることのある語。

 

じゃあ、まとめブログでマネタイズしなければいいのかというと、そういうことでもなくて、いわゆる「嫌儲」(けんちょ)っていう文化がインターネットにはあるので、そのあたりが根本にあるからでしょう。

 

嫌儲とは特にインターネットにおいて、金儲けが絡む活動・宣伝を嫌うことを表した言葉である。
この記事の読みは「けんちょ」であるが「いやちょ」「いやもう」「けんもう」「いやんもう」という読みもある。

 

 でもイケダハヤト氏もアフィリエイトやってる

とはいえ、ブロガー界隈の著名人イケダハヤト氏がアフィリエイトにとても熱心なのは有名です。

 

 


この記事にあるように、当初月額15万ほどだった収益は、現在200万円ほどになっているようです。

では、この大躍進の背景には何があるのでしょうか?

それはこの記事の本題でもある「アフィリエイターとブロガーの境界線が曖昧になってきた」ということだと思います。

別の記事で、イケダハヤト氏はこう言っています。

 

ぼく自身も最近アフィリエイター的な側面が強くなってきており、A8.netあたりの新着案件/キャンペーン案件がネタ元になりつつあります。最近バズった「シンプル火葬」の紹介記事も、実はA8.netで案件が掲載されていたのを見て、紹介記事を書こうと思い立っています(シンプル火葬の紹介記事は、BLOGOSとこのブログで3万PV以上獲得しました)。その意味で、記事制作のアプローチがアフィリエイターに似てきています。

 

 

もともと文章力やリサーチ力に優れたブロガーが、嫌悪感を捨ててアフィリエイトをやった時の実力はあなどれませんね。

 

アフィリエイターもブロガーに見習うべき所あり?

先程の記事で、イケダハヤト氏はこうも言っています。

 

一方では、一部のアフィリエイターたちも、ペラペラのサイトを量産するだけでなく、情報量が多く、ライターの顔が見えるブログに近いサイトを運営していく方向に動いているようです。SEO/SEM頼りのコンテンツは閲覧されにくい時代ですから、当然の流れなのでしょう。ペラサイトはソーシャル拡散しにくいですからね。

 

確かに、アフィリエイターも、「キレイ事ばかり言いやがって」的な感情を捨てて、ブロガーの文章力やリサーチ力を手に入れる努力をすることが必要なのかもしれませんね。

 

 

Similar Posts

コメントを残す

*