フリーランスは最高の稼ぎの環境にいる

副業ライター必見!プロのWebライターになる方法って?

最近ではSNSなどの普及もあり、誰もが自分の考え・意見などを自由に多くの人へと発信することが可能になっています。そんな時代にWEBライターになるにはどうしたらいいのでしょうか?答えは簡単です。「WEBライター」と名乗ること。特別な資格が要求される職業ではないので、名乗った瞬間からあなたはWEBライターです。

 

「そういうことを言ってんじゃねえよ」と言われてしまいそうですね、ライターと聞いて想像したのは恐らく稼いでいるライター、いわゆる「プロ」と呼べるような状態のことでしょう。そんなプロになるにはどうしたらいいのか、その道筋をご紹介します。

 

クラウドソーシングで第一歩

WEBライターへ入門しやすいのが「クラウドソーシング」というサービスです。簡単に言えばお仕事を探している人と、お仕事をして欲しい人、その間に立って両者をWEB上で結び付けてくれるサービスです。つまり営業をかけてお仕事を引っ張ってくる必要がないということですね。

 

近年では、SEOなどの理由から「記事コンテンツが高く評価される」という追い風となる風潮もあり、ライティングのお仕事も豊富です。

 

クラウドソーシングの利用はいたって簡単。プロフィールなどの登録を行い、お仕事に応募するだけ。もちろんクライアントの条件などに合致する必要はありますが、未経験でも行える簡単なお仕事も結構あります。一つ一つの仕事をこなすことで、サイト内での実績となりより高度で高単価のお仕事のチャンスもあります。

 

メリット

登録無料で、すぐにでもお仕事ができるのが主なメリット。様々な案件が存在するので、自分に書けそうな興味のある分野から挑戦できます。

 

いつでもどこでもできるので、現在仕事がある場合でも隙間時間や休日に作業を行うことができ副業にも最適です。また、クライアントによっては加筆修正などの指示、マニュアルの提供などもして貰えるので、お仕事を貰いながらスキルアップも図れます。

 

デメリット

最初のうちは記事の単価が安いことは覚悟しておきましょう。1記事数百円の記事もざらで、文字換算すれば0.数円なんてこともと。時給になど直して考えたくもない数字です。こういった安い案件だけ受けていては進めません。

 

しかし、クライアント側も安かろう悪かろうで発注しているということもあって、初心者には気軽に挑戦できる案件でもあります。

 

クラウドソーシングをオススメするわけ

このようにデメリットもあるクラウドソーシング。また、受注した案件・クライアントによって記事を自身の「実績」として紹介してOKか、自身の名前をだせるかはまちまちです。運よく有名サイトに寄稿でき驚くこともありますが、応募時点ではどんなサイトに掲載されるのかはわからないのが常です。

 

それでもオススメできる点は、仕事としてWEBライティングを行う作法が身に付くことです。個人ブログであればクオリティのバラつきに何ら問題はありません。また、自身の事情により更新を見送ることもできます。全て自己責任です。

 

しかし、受注した案件には「納期」という厳格な期限があります。クオリティやジャンル、文体なども均一でクライアントが納得する記事を書く必要があります。最初は自分の意見や個性などを発揮できず窮屈で、楽しくないかもしれません。しかし、仕事をしながらスキルアップをしていると思えば多少は我慢すべきことでもあります。そういった経験は将来的に役立つはずですから。

 

代表的なクラウドソーシングサービス

・ランサーズ     http://www.lancers.jp/

・クラウドワークス  http://crowdworks.jp/

 

WEBメディアに寄稿する

有名WEBメディアに向けて記事を書いているライターが「プロ」というイメージを抱きがちではないでしょうか。より多くの人に記事を見て貰うチャンスを持つのは大切なことです。また、編集者のチェックや指導を受けられるということもあって確実にレベルアップに繋がります。

 

それだけでなく、有名Webメディアに記事が掲載されることは実績にも繋がります。コンスタントに記事が掲載されるようになれば、それだけ信頼できるライターであると示すことにもなります。

 

では、どうすればそのようなメディアに記事を掲載して貰えるのでしょう?答えは単純明白「自分で応募する」です。

 

意外と常にライターは募集されている

なんの接点もなく掲載されるわけがないとお思いかもしれませんが、割と常時募集をオープンに行っているメディアも多数存在します。もちろん記事の「質」・「量」・「継続性」を高いレベルで求められます。つまりライターとしてスキルの高い人を募集しているわけですね。

 

そうしたことから初心者が応募していきなり掲載というのはやはり難しいものがあります。ある程度ライターとしての経験と実績を積み重ねる必要があります。いずれの媒体も、まずはしっかりライターとしての実力を養ってからチャレンジするべきでしょう。

 

ガジェット通信

いきなり専属ライターにはなれず、まずは原稿料無しの関連サイトへの記事掲載となります。まじはそこに所属し順次ステップアップしていくという形です。

 

もちろんそこに掲載されるにも編集部の審査が必要です。ランサーズなどで案件を募集している場合もありますので、見逃さないようにしましょう。

 

・ガジェット通信ライター募集 http://getnews.jp/anews

 

秒刊サンデー

まずは「秒刊サタデー」という記事投稿サイトに投稿するところから始まります。そこで優良な記事とみなされたものが「秒刊サンデー」に掲載されます。そうして初めて原稿料も支払われます。

 

一記事掲載確定ごとに一定額が支払われるという報酬システムなので、収入源としては不安定です。しかし、Twitterアカウントさえあれば誰でも投稿可能なので、応募しやすいです。初心者でも採用チャンスを期待できる門戸の開かれたメディアです。

 

・有限会社たまや ノマドライター募集 http://www.hamamatsu.bz/recruit/

 

まとめ

WEBライターになり方について、ある程度イメージはできましたでしょうか。いずれも初心者がまずライターとして収入を得ることにフォーカスしています。これらの入り口をきっかけにして、指名で依頼を貰うことが王道です。いわばきっかけにすぎませんがその一歩が大切です。

 

Similar Posts

コメントを残す

*