フリーランスは最高の稼ぎの環境にいる

副業Webライターの「文章力」向上のためのテクニック

WEBライターにとって必要な「文章力」ってなんでしょうか?漠然とした問題なので様々な意見があると思いますが、読み飛ばされることも多いWEB記事においてはやはり「最後まで記事を読ませる力」が大事ではないでしょうか。この記事ではWEBメディアだからこそ意識しておきたいライティングテクニックをご紹介します。

 

簡潔にベネフィットを提示する

WEB記事はスマホで読まれる割合の方が圧倒的に高いでしょう。スマホで読まれるという事は必然的に、休憩などの合い間や移動時間、電車などの待ち時間といったいわゆる「隙間時間」に読まれる割合が高くなっています。近年のキュレーションアプリの急成長もあって、この傾向は今後一層強まるでしょう。

 

読み手側がスマホでサクッと読むという姿勢である以上、書き手側もそのスタイルに応じた読みやすさを追究する必要があります。かったるくなるような長い文章、あるいは冗長な文章はWEBでなくとも嫌われます。

 

特にWEBでは内容に関わらず、長い文章であると思われた時点で読み飛ばされることも少なくありません。それどころか長く読まされた(それだけ時間を取られた)、というだけで批判的なコメントが寄せられる場合も。面白くない長文というのはそれだけ苦痛だということです。

 

図や箇条書きなど簡略する手段を上手く用いつつ、文章を簡潔にするようにしましょう。

 

結論は冒頭に

人の関心をひきつけるためには、まず結論から述べる必要があります。これは論文やプレゼンの基礎中の基礎で、効果的な手段です。結論を冒頭に持ってくることにより、ユーザー自身が「自分にとって必要な情報かどうか」を判断できるようになります。なんの話かわからない文を読みたくないですよね。

 

結論を読んだ上で記事を読み進めてくれる人というのは、その情報を詳しく知りたい人なので全文読んでくれる可能性が高くなります。これはSEOのテクニックとしても有効で、Google検索エンジンは、ユーザーの「記事に対する満足度」を検索結果に反映しています。

 

記事を数行読んで、何について書かれているのかわからないような記事であれば直帰率が上昇してしまいます。そうすると満足度が低いと判断されるため、おのずと検索順位も下がってしまうことでしょう…。

 

利益を提示する

より多くの人により強く興味を持って自分の記事を読んでもらうには、ベネフィット=利益を提示することが重要です。例えば家電などの機能をいかに凄いか説明されても「画素数」や「CPU」などが自分にとってどのような利益をもたらすのかがわからなければ、説明をしていないのと変わりません。

 

それよりも「発色がいい」、「サクサク動く」といった実際に使った際にうける「ベネフィット」を提示された方がわかりやすいのです。記事においても、「なにかがわかる」というよりも、それが「わかることでどのような影響があるのか」…といった部分を示すことが大切です。

 

ベネフィットに興味を持たせ、より深く深く知ることのできる文章という流れの構成になるのが望ましいでしょう。結論を先に示すのとほぼ同義で、最後まで自然と読まれるような記事となるはずです。

 

説得力ある文章に

説得力のないふわっとした文章では人を惹きつけることは難しいでしょう。では、どうすれば文章に説得力を持たせることができるのでしょう。

 

具体的な数字を示す

例えば「100%のお客様が満足!」よりも「顧客満足度97.2%」という方が真実味がありますよね。「約100%の」だとか「概ね1000人の方が」といった大雑把な数字を提示されても正確な情報なのか疑わしく思われます。そうすると読者は記事自体を読む行為が無駄だと認識することでしょう。

 

論拠や根拠といったものは、数字で具体的に提示することで効果を発揮するものです。記事を書く上で集めたせっかくのデータ、しっかり調べた数字なのであれば、その「見せ方」にも注意をしましょう。逆効果になってしまっては本末転倒です。

 

 理由をきちんと明示する

WEBメディアの記事の多くは、タイトルで興味深い主張をして読者に興味を持って貰うのがスタートです。しかし主張をした以上は、その理由が提示できなければただの釣りです。

 

例えば「確実に1ヶ月で10kg痩せる方法教えます」という記事なら、なぜ1ヶ月で確実に痩せられるのか?という読者が感じる「疑問」に対し、明確にわかる「答え」を提示しなければいけません。

 

そして、そのダイエットとは○○のことだ → ○○は体質を改善する効果がある → なぜなら△△だからだ
というように、記事内でより理由を深堀していく必要があります。いくつもの疑問を証明していくことで、記事の信頼性が高まっていくのです。1箇所でも矛盾や論理破綻が起きている場合、その綻びから記事全体が嘘くさくなるのでしっかり注意しましょう。

 

「自分らしさ」をベースに

これだけ情報が溢れる現代社会で、完全にオリジナルの情報などあり得ないと言っても過言ではありません。ではどうすればいいのか?それは「自分らしさ」を活かすこと。

 

読ませたい相手の選定

レシピについて書こうとすれば、よほど突飛なものでない限り材料・道具・手順などは一定ですよね。しかし、「普段自炊をしない人向け」、「料理時間の時短術」というようなターゲット設定がきちんとできていれば、そのターゲットにとっては「詳細な情報が記載された」読みやすい記事になります。

 

ライター自身の視点

上記に+αする形で、ライター自身の自分らしさを盛り込みましょう。レシピの記事であれば、ライター自身が料理に対して普段どういうスタンスなのかが1つの視点として活かせます。

 

・全く自炊をしない実家暮らしのOL

・弁当を作るのが大好きな「弁当男子」

 

などライター自身が持つ背景は、同じターゲットに向けて書いた記事であったとしても、視点が全く異なった違う内容の記事になります。これこそがオリジナル記事にとって必要な要素です。

 

視点を元に記事を書く

上記を受けて書かれた、

 

・普段全く自炊をしない自分でもできた彼氏が喜ぶ美味しい簡単レシピ

・「弁当男子」が教える、初心者でもできる美味しい簡単レシピ

 

という2本の記事は同じ簡単レシピであっても、内容は大きく異なるものになるでしょう。強調すべきポイントや言い回しなども変わってくるはずです。それぞれに需要が生まれる記事となります。

 

自分らしさを盛り込んだ記事ほど、読んでいて「個性」を感じさせる記事となり生き生きとします。自分らしさを見つけ、その視点を磨きあげることはライターとしての強みに繋がります。

 

まとめ

文章力というものは一朝一夕で培えるものではありませんが、今回ご紹介したテクニックを意識的に実践していくことで無意識にテクニックが身に付くはずです。その無意識のテクニックこそが文章力へとなります。まずは実践してみることをオススメします。

 

Similar Posts

コメントを残す

*