フリーランスは最高の稼ぎの環境にいる

副業ライター必見!参考にしたい個人ブロガーの稼ぎ方

 

ブログ記事の寄稿もすることのあるWebライターですが、ブログ記事を書いてもブロガーというわけではありません。ブロガーになぜ収入が生まれているのか…気になったことはありませんか?

 

そこで今回は、個人ブロガーにとっては当たり前である「ブログで稼ぐための基礎知識」を解説していきます。

 

広告の種類について

ブログというものは広告からの収入によって成り立っています。では、広告にはどのような種類があるのか?まずは広告の種類についてです。

 

成果保証型広告

一般的に「アフィリエイト」と呼ばれるものです。ブログ内の広告を訪問者がクリックすると、ネットショッピングサイトに繋がるようになっています。その広告経由で商品が売れるなどといった成果があった場合に、その広告を掲載したブロガーへ報酬が支払われる仕組みとなっています。

 

そのため広告がクリックされるだけでは成果とならず、売れなければならないという難易度高めの広告です。

 

ブログに掲載する広告は、「ASP」(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる広告を提供するサイトに登録することで利用できます。審査などがある場合もありますが無料で利用でき、中には登録すれば瞬時にブログへ掲載できるものもあります。

 

報酬は対象となる広告次第ですが、上手く売り込むことができれば相当な収益が見込めるため、高収入を目指すならアフィリエイト言われています。実際にアフィリエイトで大きな利益をあげているブロガーも少なくありません。

 

クリック課金型広告

こちらもアフィリエイトの一部なのですが、仕組みは大きく違います。ブログ内の広告が訪問者にクリックされるだけで、ブロガーに報酬が入ります。商品が売れる必要はないので、気軽にできる初心者向けと言われています。ただし一度に発生する報酬は単価が低く設定されており、1クリックあたりではわずか数十円程度です。

 

当然ですがブロガー本人がクリックしても報酬は入りません。むしろ規約違反となります。

 

幅広く集められた広告案件のうち、特にユーザーが興味を示すであろう広告が自動で配信される仕組みになっています。そのため成果保証型広告と比較して簡単に収入が得やすいだけでなく、広告に記事の内容をあわせる必要がないというメリットもあります。

 

最も有名なのは「Google AdSense」。これは記事内にあるキーワードやユーザーが使用した検索ワードに応じて広告を変動させるものです。クッキーなどの情報からユーザーにとって最適であろう広告を表示します。最もよく見かける広告ではないでしょうか。

 

クリック数は基本的に閲覧数と連動するため、とにかく多く閲覧されるブログほど報酬が見込まれます。逆に閲覧数が少ないとアドセンスだけでまとまった収入を得ることは難しいと言えます。

 

実際ブログで生活している人の大半はアフィリエイト専門で、もしくはアフィリエイトをメインとしてアドセンスを併用しているパターンとなっています。

 

ブログの運用について

ブログに掲載する広告の違いについて理解していただいたので、肝心のブログについて解説していきます。

 

記事の内容は広告ありき

ブログで稼ぐためには、いかに広告へと誘導するかが大切です。広告に興味を持ってもらえければ収入にはならないのですから、ブログ自体の意味がないのです。したがって記事の内容も狙い撃ちしたものとなります。

 

ブログのテーマも広告ありき

より広告効果が高いのはブログ全体を特化させた「特化型ブログ」と呼ばれるものです。例えば、バンドに関する記事ばかりを毎日掲載し、ブログタイトルも「バンド」に関するものにしておけば、読者はバンドに関する音楽系のブログであるとすぐに気付きますよね。

 

たまたま1つの記事がバンド関連の話だったという「総合ブログ」と、バンドの「専門ブログ」では記事の信頼度も異なります。

そうしたブログに音楽関連の広告が掲載されていた場合、どちらが「バンドに興味を持っている人」にクリックされやすいかは明白ですよね。

 

有料の独自ドメインでブログを作る

無料のブログサービスの場合、ドメイン自体の強さがあるのため確かにSEO的に強いのですが、自分のブログだけが目立つわけではないので、有料ドメインのブログより不利となります。また、広告位置を変更できないといった表示上の制限もあります。

 

多くの場合一番有効とされている広告位置はブログサービス側に抑えられているので、効果的な広告誘導ができません。加えて、サービス側に規約の変更などが発生した際に従わなければなりません。広告の表示NGなどのルールが適用される場合もありますし、最悪サービスが停止してブログを閉鎖せざるを得ないこともありえます。

 

これらのことから、やはり有料の独自ドメインで自分だけの広告スペース=ブログを構築する必要があります。月額数百円のもので十分なので、ブログで稼ぐことを検討しているならぜひ独自ドメインを取得しましょう。

 

複数のブログを同時運用

特化型ブログの有効性について説明しましたが、それでもやはり1つのブログから収入を得ようとするのには限界があります。また、検索アルゴリズムの変動なども十分ありえることで、そういった時には流入数が変動するため、収入自体が大きく減ってしまう可能性もあります。

 

だからこそブログである程度の収入を安定して得るためには、複数の専門ブログを同時に運用することも視野に入れるべきでしょう。「他に知識がないから」と1つのブログに拘らず、収入源確保のために複数ブログの同時運用は必要不可欠といっても過言ではないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。1つの記事でリンククリックや商品購入までもっていくというのは、読者に興味を持たせ惹き付けることができてこそです。ブログの記事は少しかってが違うものなので、実践してみるとライティングに関する新しいヒントがあるかもしれません。

Similar Posts

コメントを残す

*