フリーランスは最高の稼ぎの環境にいる

フリーランスが知っておきたい税務・会計ソフト3選

フリーランスの皆さん、こんにちは。

 

記帳代行や税理士さんに頼むこともありな経理業務ですが、自分で行うこともできます。

会計系の資格や知識を有する方は、むしろその方が早い場合もあります。

 

今は、働き方が自由になってきたので、会計ソフトの情報って大事ですよね。

今回は、そんな税務・会計ソフトについて、ご紹介していこうと思います。

 

会計・税務ソフトの基礎知識、インストール型とクラウド型

会計・税務ソフトにはインストールが他とクラウド型が存在します。

さて、この違いは何でしょう。

 

インストール型

以前からあるものですね。PCにCD-ROMなどでソフトをインストールするタイプです。

毎年の税制変更に対応するために、アップグレード盤の購入が必要になるのは注意です。

またソフトによってはMacに対応していないため注意です。

 

クラウド型

近年出てきたものですね。

ネットの中に守られた専用サーバーが存在し、ログインして使用するものです。

その為、アップグレードに関しての心配が要らないのがうれしいところです。

また最も大きな優位性は、タブレットやパソコン、スマホなど、ログイン端末を選ばない点です。

 

時代の流れは?

今の時代は、全般的に言えることですが、圧倒的にクラウド型が優位に立ってきています。

けれども、サーバーへの脅威も頻繁に起きている昨今ですので、絶対ではありません。

常に、クラウド型であったとして、バックアップを取る体制は忘れないようにしましょう。

 

おすすめ税務・会計ソフト3選

さて、本題です、どんなソフトがあるんでしょう

 

1.freee(フリー)

国内のクラウド会計システムの先駆け、革命児といえばこのソフトですね。

開業から確定申告まで幅広くこなしてくれる万能なソフトといえます。

個人事業主さんは、月額1056円(税別)から利用できます。非常にお手頃です。

またその反面、プレミアムとなると40000円台と、そのサポート体制の重厚さがうかがえます。

 

Freeeは、他社のソフトとの連携が少し劣ってしまう点があります。

また、入力も他と比べた時に少しだけ感覚で行けない面があります。

しかしながら、Freeeの良いところは、価格設定の細やかさです。これはどこにも負けないでしょう。

白色申告しているため、所得の発展途上なフリーランスさんにとってはお財布にやさしい、

見事に基盤に乗った方にはサポート体制に秀でるのがFreeeの最大の強みなのです。

お試しプランもあるので、試用してみましょう。

Freeeの詳細はこちら

 

 

2.MFクラウド

まさに今なクラウドソフトはMFクラウドです。

後発優位性を最大限に生かしたソフトになっています。

お値段は月額980円~とやはり、こちらもお安いです。

使いやすさ、他社のソフトとの連携の強さ、連携サービスでは有名どころのソフトでは群を抜いています。

あえてデメリットとしてあげるのなら、その機能性ゆえに、知識を有さずとも使えてしまうところでしょう。

理解して入力しているのと、そうではないのでは、将来的には大きな違いは出てくると思います。

無料版もあるので、試用してみましょう。

MFクラウドの詳細はこちら

 

3.やよい

昔からある会計ソフトといえば「やよい」と「大蔵大臣」の二つです。

そして、今回紹介するのが「やよい」です。

やよいは上記の2つと違って、インストール型とクラウド型の両方の形態を有しています

つまり、選択の自由度が、より広いといっても良いですね。

 

やよいの中でも青色申告は、クラウドにするかインストールにするかで大きな差が出てきます。

2つは入力方法が違う形態をとっているのです。

その為、自分にとって良い方を選択するといいと思います。

(なお簡単なのは、クラウド型です)

値段は年額10000円前後と大した違いはありません。

また昔からあるというのも大きな魅力です。ブランド力ですね。

昔からあるソフトは、税制改正、乗り換えやサポート体制に隙がありません。

そういうところに重きを置く方はやよい、ありだと思います。

(また1年目は無料というのも美味しいです)

やよいの詳細はこちら

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

革命児が、Freee、後発優位性のMFクラウド、そして老舗のやよいといったところでしょうか。

自分にあうのは、どんなものなのか、何をソフトに求めているのか。

そういう視点で選んでみるといいのではないでしょうか?

Similar Posts

コメントを残す

*