最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!コピーライターが乗り越えるべき「3つの壁」とは

コピーの最終目標は、顧客になんらかの商品を購入してもらうことです。いくら心に響く名文、名キャッチフレーズを生み出したとしても、商品が売れなければそれは意味のないものとなります。

 

その最終目標にたどり着くまでに越えなけらばならない「3つの壁」があります。この壁を克服しないことには、コピーの意味がないと言え、壁を打ち破ることができれば素晴らしいコピーであると言えます。

 

コピーとは文章により「興味」を持たせ「説得」し、「行動」させることが大事です。この3つがまさに立ちはだかる壁です。

 

 

読まない not read

人は好奇心の強い生き物です。しかし裏を返せば、興味・関心のわかないものには近づきません。これはコピーも同様で、平凡な文章は読み流されます。また興味のない事柄についてのことならばまず読むこともないことでしょう。

 

 

ですから、まず興味を持ってもらうことが重要です。「読む」という最初の一歩を踏み出させられるかどうかが、第一の壁です。あなた自身はコピーに少なからず興味があることで、この文を読んでいることでしょう。しかしコピーに興味がない人はまずこの文を開いていません。

 

つまり多くの場合接触すらできないのです。まずは興味を持ってもらうことが肝要です。

 

 

信じない not believe

第一の壁を越えたとしても、それが信用できる情報であると思って貰わなければ、そこで終わってしまいます。迷惑メールのような出所がわからず真偽の怪しい情報を信じる人がいないように、確かな情報なのかわからないものは歯牙にもかけられません。もしくは深く読まれることすらなく、流されてしまうでしょう。

 

大抵の人は身近な人からの情報でなければ、鵜呑みにすることはないでしょう。急に知らない人からお得だから…と情報を貰っても信じませんよね。むしろ疑いしか持たないかと思います。しかし、逆に言えば信じてもらえるだけで、より興味を沸かせることも可能です。更にそこから行動へと繋げられるかもしれません。

 

疑いながらも読んでいくと信用できるかも?と思いだすとその先も気になり気づけば夢中で読んでいる…というのが理想の状態です。

 

このように「信じない」の壁を越えることは、他の壁を打ち破る手助けにもなります。そのため、この壁を乗り越えることはとても有意義で、最も力を注ぐべきポイントとも言えます。

 

行動しない not act

これが最後の壁です。信用を得ることができても、そうそう簡単に人を行動に移させることはできません。それは指図されて喜ぶ人なんていないからです。

 

例え信用を得ていても、抵抗感を持たれたり、面倒くさいと思われてしまっては行動に移してはもらえません。下手すればせっかく得た信用を失いかねません。

 

人が行動する時というのは、行動することによりなんらかの利益がある場合です。つまり行動することでメリットが得られる場合か、デメリットを無くすことができる場合です。そのための一押しがなければ行動してもらえず、忘れ去られるのみです。

 

 

特にコピーは究極的に読んだ人に購買という行動を起こしてもらわなければ、意味がありません。つまりこの最後の壁を越えなければ、効果はいつまでもあらわれません。

 

まとめ

まず消費者というのは読まず、信じず、行動しないものだと覚えておきましょう。これが念頭にあるかどうかで大きく差が出ます。コピーは読まれないもので、読まれても流されるものであると思ってください。ネガティブな考えのように思われるかもしれませんが、慎重すぎるぐらいが丁度いいのです。

 

ではこの3つの壁を打破するにはどうしたらいいのでしょうか。

それは「読みやすく興味をひく文章」で「説得力」を生み出し「行動の後押しとなる」ことが重要です。

 

Similar Posts

コメントを残す

*