その他の話題

副業ライター必見!記事作成前にやっておくべき3つの調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読む人が欲している情報とはなんなのか把握できれば、多くの人に届くコピーを作り上げることができます。そのためには、「リサーチ」つまり調査することが必要になってきます。

 

調査と言うと身構えてしまうかもしれませんが、そんな難しいことではありません。それでは3つの調査を順に説明していきます。

 

商品を調べる

商品を売るコピーを作成するのに、必要な調査です。商品に対する知識がなくては、その商品の良さを伝えることはできませんよね。

 

どのような特徴があるのか、メリット・デメリットはどういったところにあるのか、他のものとどう違うのかを伝えられなければいけません。開発経緯などのバックボーンに至るまでしっかり把握してこそ、魅力をあますことなく発信することができます。

 

ここで重要なのは、類似品との差です。どう他のものと違うのか、その違いはどう優れているのかそういったことに注目することで、より理解が深まります。淡々とよい所を説明するよりも、他のものと比べた方がわかりやすいですよね。それはコピーの読み手側も同様です。常に読む人のことを意識しましょう。

 

また、小さなことでも、消費者からすると大きな差かもしれません。できるだけ多くの情報を集めるにこしたことはありません。

 

当たり前ですが、商品を大して知らないのにセールスを書いてもぺらっぺらなのですぐにわかります。家電を買う時に詳しい人に聞いてアドバイスしてもらった経験などありませんか?飲食店を選ぶ際に口コミで判断した経験は?誰しも一度はあるのではないでしょうか。

 

それは詳しい人から聞くこと、熱中している人に聞くことでより深い知識を得られると期待しているからです。熱のこもった詳しい知識を持った文章こそ、魅力を伝えることができます。

 

お客様を調査

培った商品の知識を基に、お客様のことも調べましょう。その商品を買う人はどんな人なのか、なぜ欲しいのかを知ることが大事です。

 

読む側のことをなにも知らないままでは、その人に響く文章を書けるはずがありません。どのような人が、どのような情報を求めているのか…それを把握することで初めてスタートラインに立つ事ができます。ターゲットを絞り込むことで、その人により響くであろう言葉をチョイスすることができるのです。

 

不特定多数に向けて書かれた文章は多くの人に無視されますが、特定多数に書いた文章であれば一定の人には届くということです。そのためにはまず大前提として調査が必要不可欠となります。

 

これは自分が「伝えたい情報」を求めている人はどんな人なのか?と考えることから、導いていくことができます。そしてその人はどんな人で、なぜ求めているのか?と深く追及していきます。

 

ブレインストーミングだけでは心もとないので、アンケートなどで定量的な調査を行うことができればベストです。しかし、最初からそんな手の込んだことは難しいと思われるので、類似商品のレビューを見るなど消費者の動向を把握し、参考にできそうなところから始めましょう。

 

ライバルを調査

最後に、ライバルを調査しましょう。これは他のものと比べればそこまで重要ではありません。類似品の客層であったり、どう売り込んでいるのかといった部分を調べます。

 

競合を避ける、効果的な手法を研究するといった意味合いがあります。他に比べ優先度が低いだけで、ちゃんと実のあることなので余裕があれば行いましょう。

 

 

なにごとも情報が大事です。情報を持つものが圧倒的に有利なのは古今東西変わらないこと。多くの有名コピーライターも多大な時間をこういったリサーチに割いています。情報を得ることに時間を惜しまないでください。情報が財産となります。

コメントを残す

*