その他の話題

副業ライター必見!記事の結論を考え抜くことの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章を書く際にどういうことを考えて書くべきと思われますか?情報の正確さ、誤字・脱字がないか、人を傷つける内容ではないか、などなど人によって様々な答えがあるかと思います。しかし、まず第一に考えるべきことは「誰に向けて書くのか」ということです。

 

文章とは読んでくれる人が居て初めて成立するもの。誰に、何を伝えるのか考えることはとても重要なことです。

 

誰に向けて書くのか

誰かに読んでもらうには、その誰かに向けて書く必要があります。どんな人に読んでもらうか想定して書かなければ、誰にも読まれない文になることでしょう。無作為に配られたチラシと、自分に渡された手紙では読もうかと思う意識に明確な違いがありますよね。これはコピーにおいても同様です。

 

例えば初心者向けにレシピを紹介するブログで、上級者向きの料理を紹介したところで読まれるでしょうか。もし読まれても実践してはくれないでしょう。逆もまたしかりで、上級者に向けて今更初心者用のレシピを紹介しても見向きもされないでしょう。

 

読む人に向けて、その人のために最適な情報を発信していくことが重要です。

 

 

先ほどのレシピを例にすると、ブログ内で初心者・上級者に向けたものを混在させることは、裾野を広くするという意味でも、初心者が成長するにつれ上級者向けレシピに手を出せるという意味でも有意義と言えます。しかし、一つ一つの記事ごとでは、混在させずにターゲットを明確にするべきです。

 

コンテンツとして幅広いターゲットを狙う事と、記事ごとにピンポイントでターゲットを絞ること。この違いは覚えておくべきでしょう。

 

何を書くのか

読んでもらうターゲットが決まったら、お次はどういうことを書くのか考える必要があります。つまり伝える情報の内容を考えるということです。

 

伝えたい情報の結論と、目的を意識するようにしましょう。この2つを意識することで、よりよい文章となるでしょう。

 

結論を確定させる

文章のゴールを先に設定しておくことが大事です。目的地がわからないまま歩くと迷子になるのは、文章でも同じです。明確な結論がないと、右往左往するだけで何が言いたいのか要領を得ないぐだぐだの文章になってしまいます。

 

書いているうちにあれもこれも…となるのはわかりますが、取捨選択することも大事です。紆余曲折してラストにたどり着いて面白いのは小説であって、コピーライトのような文章では話がとっ散らかるだけ。もしどうしても伝えたいことが多いなら別の機会にしましょう。

 

消費者が求めているのは簡潔な情報であって、あなたの文章センスではないということです。

 

筋道の通った簡潔でわかりやすい文章を作成するためにも、最初から到達点である「結論」を設定してぶれないようにしましょう。

 

なぜこの情報を伝えるのか考える

伝えたいと思う情報と、読む人が求めている情報が一致しているとは限りません。一致していなければただの押しつけがましい文章で、あなたの自己満足にすぎません。自己満足の文章をわざわざ最後まで読むもの好きな人はそうそういないでしょう。

 

情報を伝える目的をはっきりとさせ、求められている情報を粛々と提供することが重要です。求められている情報であれば、それは大勢の人に読まれることでしょう。こういったことを意識することで、読まれる文章、魅力的な文章となっていきます。

 

情報を伝えることで何が起こるか…、どういう影響があるのか…ということを意識した視点が必要です。文章を読んでもらいその先になにがあるのか、そういった予測とも言える視点が求められています。

以上のことを意識するだけで、文章のクオリティは劇的に進化するでしょう。初歩的なことですが、真髄とも言えることなので、ぜひ取り入れてください。

 

 

コメントを残す

*