最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!信用される文章の書き方とは

読み進めて貰うためには、あなたを信用して貰う必要があります。信用できない人物の文章を最後まで読んではくれません。よくて読み流し程度でしょう。

 

つまり信用なくしては、読まれる文章たりえないのです。信用を得ることができれば、最後まで読まれ記憶に残ることでしょう。そういった観点から、信用を得るということは最も重要なことであると言って過言ではありません。
それでは信用を得られる文章の書き上げ方を見ていきましょう。

 

読み手へ自己開示をする

読み手の中には、書き手の人となりを気に掛ける人もいます。あなたの文章を読み進めるうちに、一体どういう人が書いているのだろう?と興味が湧いてくるというわけです。そういった人に向けて、自己開示することであなたへ対する興味をくすぐることができます。

 

とは言っても、自己開示に記事の大半を割くことはもってのほかです。あくまで興味を持ってくれる人がいるというだけで、ほとんどの人はあなたに興味などないからです。ですから、ブログなどであればプロフィールのページを作って、興味を持ってくれた人がいつでも見ることができるようにしておきましょう。

 

そして、普段の記事で必要あらば自身の話を挟んでいき、少しずつ自然に自己開示していくようにしましょう。そうすることで、鬱陶しく思われることなくあなたのことを知っていってもらえます。そういった自己開示がゆくゆくは信頼に繋がっていきます。

 

情報は出し惜しみなく

多くの人が無料で情報提供することに抵抗があるようです。これは当たり前と言えば当たり前のことではありますが、そうした状況の中で、あなたが多くの有益な情報を「無料で」公開したとすればどうでしょうか?読み手はあなたの下へと集まる筈です。

 

これは有料でも同じ話で、少しでも安い方が人は集まります。それは金額だけの話ではなく、情報に対する金額によるものです。情報を小出しにされるより惜しみなく提供される方が有り難いものです。

 

ですから価値ある情報は出し惜しみなく伝えていくようにしましょう。

 

また、これに加えて「あなたに不利な情報」も伝えていくようにしましょう。例えば商品に関するネガティブなイメージやデメリットなどについてです。そういったことを隠さずに伝えることで、誠実な人物であると思って貰えます。

 

当然不利なことばかり書き連ねてもなんの意味もないので、デメリットと共にそれに対する改善法などの反論を添えていくようにっしましょう。その情報が読み手の為になるものであれば、信用にもなります。

 

読み手に寄り添い、共感する

人は自分を理解してくれる人を信じるもので、理解しようとしない人間は信じません。当たり前ですよね、理解しようとしない人間をわざわざ信じる義理なんてありませんから。

 

ですから、あなたは読み手を理解する必要があり、理解を示す必要があります。とは言ってもどうやって文章で表現していくのか…難しいものがあるかと思います。理解しているという風に言葉で示すことは大事なのですが、更に大事なのはリサーチです。

 

どういうことかと言うと、リサーチが浅ければ理解も浅いということになります。浅いうすっぺらな共感ほど不用意に人を逆撫でするものはありません。真に理解していれば共感していることをどうやって示せばいいのかもわかるはずなので、重要なのはリサーチにより理解を深めることです。

 

読み手の現状や願望、悩みなどを理解し、それらを肯定することが大事です。

 

誠意を持って説得する

あなたは情報を伝えるだけでなく、納得してもらう必要性もあります。なぜなら納得できない情報に価値を感じる人などいないからです。納得してもらうためには、説得する必要があるわけですがそこには「誠意」最も重要です。

 

あなたが自分自身の都合だけで思考誘導を行っていれば、その違和感というのは必ず察知されるはずです。読み手はあなたのことを二度とは信用しないことでしょう。

 

ですから、説得とはあくまで読み手を良い方向に導くことで、その副次的にあなたの利益になるものという風に考えるようにしましょう。最も大切なのは小手先のテクニックではなくあなたの人柄です。

 

まとめ

信用を得るためには、信用されるようなふるまいをしましょう。読み手の利益を優先することがあなたのためにもなります。綺麗ごとかもしれませんが、綺麗ごとほど信頼されることはありません。綺麗ごとを実践していきましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*