最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!説得力をもたせる記事書き出しのテクニック

第一印象が重要なのは人付き合いだけではありません。文章においても、最初の数行で読むかどうかを判断されてしまいます。無意識の感情で次の行動を決めてしまうのが人なので、そこで弾かれてしまわないようにする必要があります。

 

では、文章において第一印象にあたる部分とはどこでしょうか。それはオープニングの書き出しやタイトル、キャッチコピーなどの部分です。それではどのように書けば、興味をひくことができるのか見ていきましょう。

 

興味性ある単語選び

当然のことながら興味を惹くには、興味を抱いて貰えるような単語を用いることが大事です。言葉を少し変えただけで反応が変わった…ということは実際にあります。それほどまでに重要なことです。どのような言葉が最適かしっかり考えましょう。

 

同じ意味の言葉であっても、言いまわしを工夫するだけでも効果が変わります。相手がどんな風に反応するだろう?と思いながら書きましょう。読み手の立場になることで、反応のいい言葉を見出さるはずです。想定することと、それに基づきリサーチをかけることは重要な作業です。

 

利益性

読み手の利益となることが明確に示されていなければ、反応は落ち込んでしまいます。それもそのはず、読むメリットを与えることができなければ、読む理由などないからです。

 

読み手にメリットを提供することが、読む理由になっていきます。そうするとしっかり読み込んでもらえるようになります。そのためにも利益を提示しましょう。

 

 

現実性

どれだけ声高く利益を説明したとしても、そこに現実性がなければ意味がありません。現実味のない話ばかりされても困りますよね。ただの読み物に利益はありません。

 

提示した利益をどう現実のものとするか?それを具体的に説明することができれば、納得してもらえます。納得してもらえれば、読み手は当事者となり、自分のことと思い読み進めてくれることでしょう。

 

具体例を提示するなど、読み手に現実のものとイメージしてもらうようにしましょう。

 

同時に信用を得ることにも繋がるので、重要な部分です。

 

わかりやすいか

やはり最も重要と言えるのは文章そのもののわかりやすさです。小難しい文章をわざわざ読みたい人なんていないことでしょう。ですから、第一印象である始まりの文章で、読みにくさを感じさせてしまうとアウトです。読み進めてはもらえないでしょう。

 

難しい表現は避けて、誰でも読みやすい、理解しやすい文章が優れた文章です。究極的には流し読みでも理解できるような文章とも言えるかもしれません。

 

当然ながら、いくら正しくても日常的に使われない単語・表現を用いるのは好ましくありません。わざわざマイナーなことわざや難読漢字を使うのは百害あって一利なしです。日常生活でそういった人が煙たがられるように、文章でもそれは同じです。簡単にわかりやすい表現を心がけましょう。

 

ビジネスの文章なのですから、身近なわかりやすい言葉を用いた方が評価は良くなります。

そうすることで、わかりやすい文章となることでしょう。

 

まとめ

読んでもらうには、読み手の興味をひくことが重要です。その中でも最も興味を惹くべきところはオープニングです。オープニングとは書き出しだけでなく、タイトルやキャッチコピーなども含む読み手と書き手のファーストコンタクト部分全てです。

 

この時の第一印象で、その文章を読み進めるかどうかが決まります。今回ご紹介したものは、オープニングに特化していましたが、もちろん文中に挿入しても効果的です。

 

長文になるほど読み進められにくいので、適宜こういったものを挟んで読み進めたくなるよう促してみましょう。そうすれば長文であっても最後まで読んでもらうことができます。

 

Similar Posts

コメントを残す

*