最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!成約につながるセールスレターの基本

セールスレターに関して特化した情報をお伝えしていきます。

 

文章テクニックや文章構成を交えたセールスレターの書き方についてご紹介…していく前に、まずはセールスレターの構成についてご説明していきます。

 

セールスレターの各パートをどのように書くべきか、考えながら読んでいただければと思います。

 

一番目を引くヘッドコピー

まずはヘッドコピーです。このパートはセールスレターの先頭となる部分で、最も目を引く場所となります。大きく、派手な色で、キャッチーな言葉などを駆使して注意を引くようにしましょう。

 

このパートのクオリティしだいでこの後の文章を読むかどうかを判断されるため、最も重要であると言っても過言ではありません。読み手とのファーストコンタクトであるこの部分のクオリティしだいでは、そもそも読まれないかもしれません。

 

読み手を導くサブヘッド

本文が長くなればなるほど、どこに何が書かれているのかよくわからなくなります。縦に長く続くセールスレターでは尚更です。そんな文を読みたい人がいるでしょうか。

 

少しでも読みやすくするために、道しるべをつけるようにしましょう。小見出しをつけるようにすることで、そこに書かれている内容を瞬時にわかるようにするのがサブヘッドの目的です。ヘッドコピーには劣りますが、やはり目立つ部分です。

 

また、本文(ボディコピー)に誘導できるかどうかかかっている部分でもあるので、しっかり熟考するようにしましょう。

 

情報を提供するボディコピー

セールスレターの本文にあたる部分です。商品説明など顧客へ提供するべき様々な情報を記載する部分で、顧客への利益や価値を伝えていく重要なパートです。

 

また、商品説明のような普遍的なものだけでなく、理想像など読み手の想像力を刺激し購買意欲につなげるパートでもあります。想像力をかきたてるという意味では、一種のエンターテイメント性が必要になるとも言えます。
セールスレターのメインで、書き手からすると一番気合を入れたくなる場所でもありますが、悲しいことにほとんどの場合は読み飛ばされることとなります。なるべく読んでもらうためにはどうすればいいのか、読み飛ばされたとしても伝えたいことはしっかり伝わるのかといったことを考えながら書いていきましょう。

 

読み飛ばされることは当たり前の大前提として考えておいた方がいいでしょう。

 

 

たたみかけるブレット

商品内容やその価値・魅力をたくさん羅列することによって、読み手に情報をまくし立てる短い文章群のことです。多く打ち出すことによって、顧客にメリットを押し出していく物量作戦です。

 

もちろんスカスカの文を多く打ち出しても無意味なので、一つ一つの質にもこだわりましょう。そうすることで、より成約率は高まります。

 

ちなみにこのブレットは、上でご紹介したボディコピーの一部であるとも考えられます。

 

最後の一押しクロージング

実際に成約を促す言わば山場となるパートです。このクロージングにまでたどり着いた顧客は購買意欲が一定以上であると考えられるため、成約までもうひと押しです。

 

 

また、成約するにあたって必要な保証や価格、購入方法などの必要事項を説明するパートでもあります。

 

まとめ

セールスレターを書いていくうえで最も忘れてはならないのが、読み手はセールスレターの全てを読むわけではないということです。基本的に流し読みで、興味がありそうな部分だけをかいつまんで読んでいきます。

 

確実に読まれると断言できる部分はヘッドコピーぐらいではないでしょうか。それすらも定かではなく、どこを飛ばされるかわかたものではありません。ディテールにもこだわって隅々まで手ぬかりないようにしましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*