最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!ヘッドコピーとサブヘッドの書き方

前回セールスレターの構造に関してお話しましたが、今回はいよいよその書き方についてです。セールスレターの中でも特に重要であるヘッドコピーとサブヘッドについてお送りいたします。

 

これらはこの文書は読む必要があるのか?を真っ先に判断される箇所なので、作成するうえで最も注力しなければいけない部分です。では、その書き方をご紹介していきます。

 

 

ヘッドコピーの効果的な書き方

書き出しでも述べた通り、ヘッドコピーはセールスレターにおいて最も重要な部分です。ヘッドコピーで読み手の興味をひかなくてはいけません。ヘッドコピーを見て「この記事面白そうだな」「本文の内容が気になるな」と思って貰わなければ、読まずにスクロールされて流れていくだけです。

 

ヘッドコピーが魅力的でなければ、せっかく書いた本文は無駄であるとも言えます。読まれないわけですから。

 

では、興味をひくような魅力的なヘッドコピーとはどのようなものでしょうか。

 

興味をひくヘッドコピーの要素

興味をひく要素を見ていきましょう。その必要とされる要素は三つあります。

  • 具体的にメリットを想像できるキャッチコピー
  • 瞬時に理解できるわかりやすさ
  • 気になる言葉

瞬時にわかるというのは大事なことです。広告においても認知されるのに必要とされています。

残りの二つは、続きはどうなっているのか?と読みたいと気になるようになっています。

 

例えば「10kg痩せる」というフレーズから考えていきます。これをパッと見ただけの読み手はその真偽はさておき、「10kg痩せる」ことの具体的なメリットを想起することでしょう。

 

それと同時に、ダイエット系の内容であるとすぐにわかることとなります。

 

このように、たった一瞬で『「10kg痩せる」ことができる「ダイエット系」の商品について書かれている』ということを理解してもらうことができます。

 

更にここに、気になる言葉…反社会的な言葉のような読み手をドキドキさせるもの、答えを後に引っ張る疑問などを加えるとどうなるでしょうか。

 

「これだけ?10kg痩せるために行うその反則級のマル秘ダイエット法とは」

 

といったヘッドコピーが出来上がります。
ここで重要なのは、こんなキャッチコピー程度はなんらリサーチがなくとも書き上げることができてしまいます。それは実際の商品が存在しないから。

 

本来は当然ながら、商品の特性・市場・ターゲットに合わせて言葉を慎重に選んでいくもので、綿密なリサーチが必要になってくるものです。

 

「この商品は本当にダイエット効果があるのか?」「ターゲットは反則という言葉に反応を示すのか?」といったことをしっかり考えながら書き進める必要があります。

 

ヘッドコピーで謳っていることと、実際の商品がかけ離れていればそれはただの詐欺です。誇張しすぎない程度の許容範囲というものを見極める感覚も必要になってきます。

 

サブヘッドは連鎖させることが大事

サブヘッドもヘッドコピーと同じく、そこから続く文章へ興味を持たせるものです。いわば誘導係なので、ヘッドコピーとも大まかには変わりありません。

 

違いがあるとすれば、サブヘッドは小見出しとして本文中に何度も現れるので読み手に「次は何が書いているのか?」「次は?」「その次は?」と次々と興味を連鎖させていくことが必要となってきます。

 

この連鎖は関連あるサブヘッド同士を近くに配置することで簡単に起こすことができます。

例えば、商品の売りの一つに手軽さがあるのならば、そこから生まれるメリットをいくつかサブヘッドとして連続的に主張していくようにします。そうすると一つ一つが際立つだけでなく、連鎖が続くので次々に読み進めてくれます。

 

簡単ではありますが、効果的な方法です。

 

 

まとめ

ヘッドコピーもサブヘッドも読み手にまず読んでもらうための第一歩です。ここに手抜かりがあると全てが水の泡と言えるので、念入りにリサーチをしてしっかり作りこむようにしましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*