最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!オプトインページとセールスレターの違い

コピーライティングと一口に言えど、幅広い文章があります。集客のための文章なのか、教育のための文章なのか、販売のための文章なのか…などなどその目的が違えば文章の内容はもちろん変わってきます。それだけではなく、書き方も変える必要があることでしょう。

 

また、読み手の状態に応じても、書き方は変わってきます。そんな読む人の状態に応じた書き分けについて今回は触れていきます。

 

オプトインページとセールスレターの違い

オプトインページとは、主に読者に対し「メルマガ登録を促す」ページのことを指し、別名ランディングページ(LP)とも呼ばれます。

 

それに対して、セールスレターはその言葉通りに「商品やサービスの販売を行う」ページのことを指します。つまり読み手に有料のものを購入してもらうことが目的なので、無料で完結するオプトインページとは本質的に異なります。

 

そんな両者の共通点は、「読み手にオファーをかける」という点にあります。オプトインページではメルマガに登録してもらうこと、セールスレターでは商品を購入してもらうことが目的です。これはどちらも読み手にメリットがなければ行動に移してもらうことはできませんよね。

 

ですから、登録や購入といった行動を起こすことのメリットを記述することは、どちらのページにおいても欠かせません。メリットが提示されていなければ、読み手は行動を起こしてくれないことでしょう。読み手の立場になって、メリットを提示できるよう心がけましょう。

 

では、反対にオプトインページとセールスレターの相違点はどこにあるのでしょうか。

 

それはオプトインページとは、集客段階にあたるものであるということが言えます。まだ読み手の興味や関心を十分に得られていない段階なので、まずは興味を持ってもらえるよう書くことが重視されます。

 

また、セールスレターは販売段階なので、購入を促す書き方が求められます。既に興味・関心は抱かれているものとしてもいいでしょう。

 

このようにオプトインページとセールスレターは一見同じようでも、その中身は大きく異なっています。それぞれの役割、目的を考えて書き分けるようにしましょう。役割を考慮できていなくては、十分な効果が発揮できず成果は得られないことでしょう。

 

読み手の興味段階を考慮する

オプトインページとセールスレターとをここまでは比較してきましたが、お次はオプトインページ同士、そしてセールスレター同士を比べていきましょう。

 

同じ種類のページであっても、マーケティング戦略や読み手の興味によって書き分けることが可能です。いや、書き分けなければなりません。

 

例えば、オプトインページの場合、興味が薄い人からも登録してもらえるようにする戦略と、強い興味を抱いてくれている人に登録してもらう戦略ではオプトインページの作り方は大きく違います。これはセールスレターにも同様のことが言えます。

 

前者では、読み手の興味を強く惹くことが求められ、後者では言ってしまえばなにもしなくとも登録してくれる人は多いことでしょう。より工夫を凝らさなければいけないのは前者と言えます。

 

こういった風に、読み手の興味具合によってこちらの書き方も変わってくるのです。相手がどのように考えているのか、思っているのかによってこちらの対応も変わってくるのは対人関係とも同じです。適切な方法で迎えましょう。

 

まとめ

目的や読み手の興味に応じて、書き方が変わるというのはある種当たり前の話です。目指すものが違うのですから、そのルートや手段も異なってくるのは当然です。

常に読み手のことを考えて、最適な文章で導くようにしましょう。相手のことをないがしろにしたものでは、意味がありません。

Similar Posts

コメントを残す

*