最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライターが知っておくべき!メインキーワードとサブキーワード

キーワードはブログやその他多くのサイトにおいて、SEO対策として非常に重要な役割を担っており、SEO対策なくしてはサイトの意義・存続にかかわります。サーチエンジンで上位に表示するためには欠かすことのできない要素です。

 

例えば、このコピーライティングというものに関して全く「コピーライティング」という言葉を説明したとします。見事に説明したとしてもその記事は人目に触れることはないでしょう。なぜならコピーライティングというキーワード抜きでは検索してもヒットしないからです。

 

このキーワードという重要な要素についてご紹介していきます。

 

メインキーワードを掲げる

まず第一に重要なのはメインキーワードです。音楽を扱うブログなら音楽、歴史関連なら歴史という風に、その単語から検索して流入してきてもらいたいワードです。

 

このメインキーワードは何について書かれたブログであるかを明確にするものなので、SEO的にはもちろんのこと読み手に対しても重要なものとなります。
ブログが上位に表示されてとしても、なにについて書かれているサイトなのか理解されなければ読まれないことでしょう。そういった意味合いからもメインキーワードを掲げることは重要となってきます。

だからといって不自然なほどメインキーワードを多用するのは読み手からもサイトエンジンからも嫌われるので、ほどほどにするようにしましょう。

 

サブキーワードの扱い

メインキーワードよりも、問題はサブキーワードの扱いかたです。このサブキーワードとはGoogleで『サジェストキーワード』と呼ばれているもののことで、検索ウィンドウになんらかのワードを入力した際それに付随して表示されるワードのことです。

こういったサブキーワードは、読み手が欲しがっている情報を与えていくようなキーワードを用いることがベーシックな使い方になります。

 

サブキーワードを選定する方法は簡単で、例えば音楽というメインキーワードを使ってサブキーワードを設定するとします。その際には、Googleなどの検索ウィンドウにメインキーワードとして用いる単語を何かしら入力しましょう。今回の場合は”音楽”と打ち込みます。すると、そのメインキーワードと一緒に検索されているサブキーワードを見つけることができます。音楽であれば、「ダウンロード」「ランキング」「楽器」などの単語が表示されるので、これらの言葉がサブキーワードということになります。

こういったサブキーワードは、メインキーワードとセットでよく検索されている言葉なので、記事にそのサブキーワードを入れることによって、上位表示されやすい記事となります。もちろん読み手にとって役立つ記事となることでしょう。

 

こういったメリットが生まれるので、Googleなどの検索で表示されるサブキーワードを参考に、「読み手が検索した意図を読みながら」記事を書いていくようにしましょう。それがキーワードの効率のいい使い方です。

 

サブキーワードはあくまで参考に

とは言っても、Googleで見つけたサブキーワードを重要視しすぎるのも困りものです。キーワードにばかり囚われていては、読み手にとって有用な記事を書くことはできません。内容が偏ってしまえば読まずに去られることでしょう。

 

もちろんキーワードを参考にするのは前提条件としてとても重要ですが、それだけでなくサブキーワードに囚われない記事を書くことも重要です。サブキーワードで集客力のある記事をストックし、それと並行してサブキーワードに関わらないものも書くようにしましょう。

 

なぜなら検索に用いられるサブキーワードとは次第に変わりゆくものだからです。逐一キーワードを追って記事を書いていくことも一つの手段ですが、「キーワードを調べる」「記事を書く」という二段階で進めていくのは非効率でもあります。

 

そういったキーワードを調べる段階を省いて、その分の時間を記事作成にあてることもまた一つの手段です。なにが読み手にとって有用であるかは厳密にはわからないものなので、思わぬところで琴線に触れる可能性も十分にあります。そういったものはキーワードには反映されていなかったりするので、そこまで期待していなかったり記事が思わずバズることもあります。

 

そういうこともあって、キーワードに関わらずに記事を書いていくのも決して悪手ではありません。これらを併用してもいいですし、自分のやりやすい方法でストレスなく記事を書くことをオススメします。

 

まとめ

普段からキーワードを意識している人も、そうでない人もキーワードというものを理解していただけたかと思います。キーワードを意識することはもちろん重要ではありますが、キーワードに縛られずに記事を作ることも同じように重要です。

Similar Posts

コメントを残す

*