最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!コピーライティングで重要な興味性

 

一般的にコピーライティング、とりわけセールスレターはヘッドコピーに最もこだわるべきであると言われています。ヘッドコピーは本文へと導く部分で、そこで興味を持ってもらえなければそもそも読まれることがないからです。

 

それほどまでに興味をひくというのは重要なことなのですが、セールスレターは興味だけで終始してはいけません。当たり前ですが、セールスレターは成約されることが目的の文章です。興味を持って読まれることは大事ですが、それだけで終えてしまっては意味がありません。

 

興味性も大事ですが、読み手から信用されることも同じくらい大事です。二つのバランスについてご紹介していきます。

 

興味を持ってもらうことより信用される方が難しい

興味性は反応してもらえばいいのですから、読み手が興味をもちそうな言葉・表現をキーワードとして盛り込むだけです。技術的にはそこまで難しいものというわけでもありません。

 

それに対して信用性は文章構成や文章内容など全体が関わってくるもので、読み手はそれらから包括的に判断します。主張に根拠や証拠といった信用にたるソースを付けくわえる文章構成をしなくてはいけません。しかし、この主張を補完するための証拠選びというものはそうそう簡単に身に付くものではありません。慣れが必要なものと言えます。

 

そういったことからも、常に読み手を納得させることを意識して文章を書くようにしましょう。そうした積み重ねが実力へとなるはずです。

 

 

興味性溢れるヘッドコピーでも読まれない時は

当然ながら、興味性と信用性このどちらも備わった文章といいうものが理想的で、どちらかに傾いたものではいけません。セールスレターで興味を惹き、中盤で読み手からの信用を重ねていき、最後に購入を促すというのが自然で盤石なセオリーです。

 

ただいくらヘッドコピーとは言え、過激な目を引くキーワードばかり羅列しては胡散臭くなります。むしろ興味性のインパクトだけで中身はスカスカなのだろうと思われかねません。これでは結局読まれないので本末転倒です。

 

これはつまりは信用できないヘッドコピーであると判断されたということです。興味を持ってもらうことは大事ですが、信用をないがしろにしてまでインパクトに走る必要は全くありません。

 

セールスレター全体で信用を得られるよな作りにする必要があると言えます。

 

信用性と興味性は反比例する

興味性が高い文章であればあるほど、その文章を読み手に信じさせることは難しくなります。

例えば、「一年で10kg減量するダイエット」「一か月で10kg減量するダイエット」に二つがあったとしましょう。

 

ぱっと見後者の方が目を引くインパクトがあり、魅力的に映るかと思います。しかし、魅力的でインパクトがあるものほど根拠を提示することが難しくなります。

 

反対に前者はインパクトに欠けるものかもしれませんが、現実的で証拠を容易に示すことができるものです。読み手に信じてもらうのも比較的簡単でしょう。

 

 

興味性ばかりに特化してしまうと

過激でセンセーショナルなヘッドコピーは自分の首を絞めかねません。もしセールスレター中盤まで順調に読み進めてもらえたとしても、その部分までにヘッドコピーと同等、もしくはそれ以上の過激さがなければ読み手は拍子抜けしてしまいます。そこから先を読みすすめるようなことはしないでしょう。

 

かといって、全体にそんな過激さを配置してしまうと、全部に根拠を持ってくることが難しくなります。そうなると胡散臭さはぬぐえないので、成約を勝ち取ることはできないでしょう。

 

また、上手く成約にまで至ったとしてもそれは勢いだけで決まったことなので、納得しきっていない読み手が冷静になれば返金を求められることでしょう。

 

 

まとめ

興味性ばかりではいけませんんし、信用性だけでもいけません。どちらに偏ってもいいセールスレターとして成立しないので、バランスをとることが重要です。

Similar Posts

コメントを残す

*