最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!効果的なコピーを生む発想のコツ教えます!

リサーチを入念に行い、あなた自身なんの問題もなく絶好調にもかかわらず、いいコピーが思い浮かばない…。そんなことはアイディア勝負のコピーライターにとっては永遠の悩みとも言えるものです。

 

コピーを考える思考は普通の文章を書く時とは少し違った、言うなれば特殊な考え方をする必要があります。とは言え決して難しいものではありません。コツがわかればサクサク書き進めることができ、アイディアが湯水のごとく湧くかもしれません。

 

 

では、そのコツを見ていきましょう。

 

ネタ帳を作ろう

スワイプファイルと呼べれる、いわゆるネタ帳にいい出来だと思ったお気に入りのコピーをストックしておきます。いつでも読みかえせるノートやスマホなどに気に入ったコピーを書き写しておくと、いつでも見返すことができ便利です。そういったお手本となるコピーを探すことも大切です。

 

コピーを考えていく際に、そのスワイプファイルから引用してコピーを作っていくのもいいでしょう。もちろんそのままコピーを真似してしまうと、ただのパクりでしかありません。自分なりにしっくりくる言葉や表現に変えて、オリジナルのものにしましょう。ひねってみたりと色んな角度から元ネタを改変しいていくといいのではないでしょうか。

 

真似をしていくことで、自分のものとして扱えるようになります。完全なパクりは問題ですが、オマージュすることは自分の成長にも繋がるので、積極的に取り込んでいきましょう。

 

この元ネタから自分自身のオリジナルへと改変する時に役立つのが、次に説明いたします同義語です。

 

同義語で言葉のレパートリーを

スワイプファイルをそっくりそのまま使えばパクりだ…というだけではなく、単調でおもしろみに欠けるコピーを量産してしまうことにも繋がります。

 

また、文中に同じ表現が何度も何度も出現する文章は、しつこく読みずらいものになります。稚拙な文となるのを避けるためにも同義語をストックしておきましょう。同じ意味の言葉でも、違う言葉で表現するだけで読み心地が全然違います。

 

あらかじめそうして同義語を蓄えておくことで、言葉のレパートリーが増えていきます。そうするうことで文章にくどさが消えるだけでなく、コピーの幅が増えることにもなります。同義語を蓄え言葉のレパートリーを増やすことで、より印象的に伝えることができます。

 

語彙は辞書やネットで調べるだけで簡単に増やせるので、意識的に増やすようにしましょう。そうやってストックが増えると言葉選びが随分と楽になるので、是非やりましょう。同義語・類義語を探すことを普段から習慣にしておくといいです。

 

比喩表現で文章を多彩に

「まるで〇〇のような~」、「あたかも〇〇のように~」といった比喩表現は、想像力しだいで多様な表現を生み出すことができます。定型的な言葉に縛られないので、前述の類義語のように文章を飽きさせないためにも必要となってくるものです。

 

比喩表現で注意すべきなのは、当然ですが読み手にピンとくる例えになっているかということです。あまり身近でないものや一般的でないものは伝わる人には効果絶大かもしれませんが、わからない人にとってはチンプンカンプンです。すぐに簡単にイメージできるものが望ましいと言えます。

 

わかりにくい表現は読み手のイメージを妨げるだけですので、誰しもがイメージできるような例えを用いるようにしましょう。読み手にとってシックリくる比喩ができれば心強い武器になります。
日頃から比喩表現を使うようにして、使い慣れるようにしましょう。

まとめ

どんなことを伝えたいのか?をしっかりとイメージして、そのイメージが最大限つたわるうような表現ができるうように努力しましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*