最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!文章が書けないとき、行き詰まった時にやるべきこと

ずっと文章を滞りなくスラスラ書くことは難しく、誰もがふと筆が止まってしまうことを経験されていることでしょう。しかしながら、仕事として書いている以上「書けない」状態は非常に困りものですよね。

 

そこで、そんな筆が止まった際の対処法をご紹介していきます。

 

 

キッパリと休む

しっくりくる言葉が思いつかなかったり、文章を書いていて脱線してしまったりと、どうにもままならない状態になってしまった時は思い切って休んでしまいましょう。

 

無理になにか思いつかないと…と強迫観念にかられていてもいい言葉は浮かんできません。そういう時だからこそ、キッパリと休んでリフレッシュしましょう。ただただ考え続けても仕方ないので、頭と心を休ませてあげます。

 

そうやってリフレッシュしていることで、ふとした瞬間にアイディアであったり言葉であったりが思い浮かぶこともままあるもの。特に締め切りにある程度余裕がある場合は、無理に書こう書こうとはせずにしっかり休息しましょう。調子がいい時に書くのが一番です。

 

ちょっとした休息が思いがけないアイディアの素になるかもしれません。

 

 

改めてリサーチを

商品の広告を書くのであれば、ネタ切れは致命的なリサーチ不足が招くものでしょう。しかし、リサーチして商品の特徴とともに読み手へメリットを伝えていくにしても、出し尽くしてしまって書くことがない…という事態は起こりうるものです。

 

ブログやメルマガなどでは、単純にネタが尽きてしまってもう書けないということも勿論あることでしょう。そういった時には、一旦頭をリセットしてから再度改めてリサーチをやり直してみましょう。リセットすることは簡単ではありませんが、もう一度調べ直すには頭の中の知識が邪魔になることもあります。

 

メリット・ベネフィットを考える際にも同様で、ひたすら考えるよりももう一度調べなおしながら作っていった方が効率的なものです。「この商品はこういった点から顧客の役に立つ」ということをどんどん思いつくためには商品の特徴をディテールまで見直していくべきでしょう。

 

 

口語で下書きしてみる

頭の中のアイディアをそのまま文章に表そうとしてみると、どこかしらで行き詰ってしまいます。

 

そんな時には、文章に起こすのは一旦置いておいて、まず思いついたことを思いついた言葉のままアウトプットするようにしましょう。頭の中で思いついたことが擬音なら擬音で、口語なら口語で、方言かもしれませんね。とりあえず思いつくままに書き出してみましょう。

 

また、イメージが浮かんだのならそれを描くのもいいでしょう。ざっくばらんでまとまりがなくとも、ただアウトプットしていくようにします。そうして吐き出されたものを後から清書していけば、原稿になります。

 

とは言っても、頭の中に思い浮かんだことが多すぎたり、速すぎたりと全て書こうにも追いつけないということもあるでしょう。そんな時に役立つのがレコーダーです。その時に思いついたことをそのまま喋って録音してしまいましょう。

 

大抵は書くスピードよりも思考の方が圧倒的に早いものです。書くのでは追いつかない時も、レコーダーを用いればほぼ全て記録できると言っても過言ではありません。最近ではスマホなどでも簡単に録音できるので、そういった身の回りのものを活用しましょう。

 

 

まとめ

「書けない」の理由はほとんどの場合疲れているか、リサーチ不足かの二つに大別できます。疲れているなら休んで、リサーチが足りないならもう一度調べ直しましょう。

 

とは言っても人それぞれ適した方法というのは何事にもあるものです。あなたに適した休み方、タイミングがあることでしょう。リサーチにしてもあなたのやりやすい効率的な方法があることかと思います。自分に合った方法を見つけることも重要なことです。

Similar Posts

コメントを残す

*