電子書籍を書いて自分をブランディング

ライターにとって魅力的な電子書籍ビジネスの現状

最近、身近になってきた電子書籍ですが、そもそも電子書籍とはいったいなんなのでしょうか。

 

電子書籍っていったい何?

紙ではなくコンピューターや専用端末などを使って読む、インクや紙を使わず作られた電子的な出版物のことを指します。

実はとてもシンプルな概念です。意外と説明できない人は多いのではないのでしょうか。

現在は有料と無料のものが存在します。アプリでもありますよね。

 

Amazon Kindleストア

 

インターネットで欲しい本や読みたい本をダウンロードし、

スマートホンやパソコン、専用書籍リーダー(Kindleなど)を使って読書を行います。

今となっては書店によって独自のシステムが存在しますよね。

 

今でこそ普及している、この電子書籍ですが、考え方自体がそもそも紙媒体ではないという、既存の常識を覆すものでした。

最初の頃は大反対や、絶対にありえない、売れないという考えや声が沢山ありました。

法律や、システム化や、金銭や権利なども色々と関わる為でもあったと思います。

その中でも特にパソコンを使って画面で漫画や小説を読むということが想像できなかった人も多かったようです。

日本電子出版協会という協会が存在しますが、本当に今に至るのに紆余曲折がありました。(詳しい歴史はこちら)

 

ただ日本の出版業界というのは、ここ10年単位で頭打ちの現状や、新しい人材の発掘が急務とされていました。

本の万引きの続発など、出版業界だけでなく、本屋自体もあまりいい状況でなかった時期にあったように思います。

新たな本屋の業態の出現や、名門とされた本屋さんがつぶれているのは、いまなおある現状です。もがいています。

そんな中で、本にまつわる希望の一筋の光として、この電子書籍は普及してきた面も大きいような気がします。

 

様々な方達の尽力で、「新たなメディア」を発展させて普及させていこうという志があり猛進しました。

そして出版業界全体に、徐々に浸透していきました。本当に少しずつだったんです。

その結果、現在があるのです。現在では、電子書籍が身近に存在するようになりましたね。

本当に莫大な尽力や時間やコストがかかったのでしょう。

 

拡大する電子書籍市場

現在、国内では100万に及ばなくとも数十万点の電子書籍が販売されるようになりました。

また、書籍化せず、電子書籍の特性を活かして電子書籍のみで販売している方がいるのも現状です。

そして、その特性ゆえに以前よりも特に漫画を主体としてチャンスやまとめ売りなどが増えています。

それゆえ、攻めの姿勢に転じている出版会社や作家さんも多いです。

 

今の市場規模は1584億円になっており、前年度は1266億と比較すると25%増とありえない速度で成長を続けています。

日本自体の経済成長でも考えると凄まじい速度です。

まさに光速度で成長を続けるモンスターのようなビジネスモデルといえます。

その中で主体となっているのが、やはり81%を占めるコミックなんです。

若い人は、やはり新たなものを吸収するのが早いのです。そしてハードルが低いのです。

 

 

紙媒体の現状はどうなっている?

その反面となるのが紙媒体です。

最盛期は2兆6千億をもつ非常に大きな市場規模でした。しかし、2015年は半分の1兆5220億円と半分にまで減っています。

本当に目に見えて減ってしまっている状態です。

実はこの紙媒体からの離れを起こしているのが若者であるのも事実です。

 

熱狂的なファンを持つ村上春樹さんの「1Q84」 がシリーズ総計300万部、

そして最近話題をさらった、ピース又吉さんの「火花」は209万部という数字を出していますが

電子書籍で10万部をダウンロードされています。

(実は、電子書籍に関して村上春樹さんは未だに電子書籍には慎重派だったりします。)

日本人が特に小説に対しての電子書籍はまだまだハードルがある現状です。

そのため10万部は快挙といっていいでしょう。

 

なお、電子書籍という概念ができた故に生まれたといってもよいアプリで漫画を発信&読むという概念が存在します。

ここから、漫画業界では重大な「このマンガがすごい!」を受賞した漫画が出てきています。

集英社のジャンププラスで連載中にファイアーパンチがそうです。

近年、出版部数がのきなみ減少を続けていますから

出版業界にとって、大きな一歩を踏み出し続けているのが現状といってよいのではないでしょうか。

それが、ただひたすらに「新しいメディア」を発展させたい・普及させたいというものであるとすると、

とても大きな決断であり、勇気や行動であったと思います。

 

 

紙の販売には現状、まだまだかないません。まだまだ未知や改良の余地もあると思います。

紙媒体から離れているのが若者であり、電子書籍を普及させているのが若者でもあるというのが実は不思議な現状です。

けれども、この勢いや発展の速度や方向の多角性を考えると未来は明るいと思います。

東京オリンピックが行われる2020年には、この市場規模は3000億円といわれています。

 

ライターとしてはこの拡大する市場の中に、ぜひ飛び込んでみたいものですね。

 

そんなノウハウも今後お伝えしていきますので、お楽しみに!

 

 

Similar Posts

コメントを残す

*