その他の話題

副業ライター必見!コンテンツの有用性=検索結果という現実を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策において最も重要なものは「コンテンツ」だとされています。これは検索エンジンに向けてのテクニックを駆使したもの…というわけではなく、人間が読んで面白いと感じるものかどうかです。納得や共感といったものを感じられる、サイトを訪れた人にとって有意義なコンテンツが必要となってきます。

 

とは言え、せっかく充実したコンテンツを揃えても、検索エンジンに取り上げられなくては人の目に触れることはありません。すなわち、クローラーロボットが巡回しやすいようサイトを整備することもないがしろにはできないということです。

 

コンテンツの価値は検索結果にも影響が

検索エンジンとは、インターネット上に限りなくある情報の中から、ユーザーにとって必要なサイトを検索結果というリストにすることが存在意義となります。つまり、ユーザーが喜ぶであろう有益なサイトを表示するように作られているのです。

 

こういったことから考えると、SEOは「ユーザーにとって有意義な情報を発信している」と検索エンジンに評価されることが重要だと考えることができます。逆に言えば、大した情報を提供していない低品質なコンテンツが掲載されるサイトであると、検索エンジンに判断されてしまうと検索結果に表示されなくなってしまう危険性があります。

 

コンテンツの有用性=検索結果と言っても過言ではありません。コンテンツを充実させることで、サイト訪問者に満足してもらえるようにしましょう。役に立つサイトであるとユーザーに思ってもらうことができれば、その評価は自ずと検索結果の順位にも反映されるような仕組みとなっています。

 

コンテンツは内容だけでなく書き方も重要

コンテンツが提供する情報が、サイト訪問者にとって有益であることは前述の通り重要なことに変わりはありません。しかし、同じような内容であっても書き方で検索順位に差がでることもあり得ます。

 

それはあくまで評価するのは検索エンジンであるということが、ポイントとなってきます。どういうことかと言いいますと、検索エンジンがサイトを評価する「基準」があります。その基準に則した書き方になっているコンテンツがの方が、高評価となりやすいという面があるからです。

 

人間の目には同じような内容として映っても、検索エンジンの目には書き方が違うだけで全く違った内容に見えるというわけです。

 

せっかく内容の充実した素晴らしいコンテンツを作り上げたとしても、書き方が評価基準と食い違っているというだけで「質が低い」と検索エンジンにみなされてしまう可能性は充分に考えられます。それではせっかくのコンテンツがもったいないので、正当に評価されえるようライティングを直す必要があります。

 

今現在すでに掲載されているコンテンツも、検索エンジン独自の評価基準に合わせて手直しすることで検索結果の順位が変動することもありえます。ロボットの価値基準と、人間の価値基準は違うということを理解しておくべきでしょう。人間にとって読みやすい文章であっても、ロボットにはひどく読みづらい文章となってしまっている可能性もあります。

 

検索エンジンも一人のサイト訪問者であるという意識で、読みやすいように(≒しっかりと評価されるように)書き方を工夫しましょう。

 

まとめ

SEOとは大前提として、サイトを訪れるユーザーにとって有益な情報をもたらすことが重要で、そのサイトに訪れることで有意義な時間を過ごせることが大事です。とは言っても、あくまで検索結果は検索エンジンが決めるものなので、検索エンジンにとって読みやすいライティングとなっていなくてはなりません。ロボットと人間では判断基準が異なるということを念頭に置きましょう。

 

既存のコンテンツであっても、検索エンジンの基準に基づいて書き直すことで上位表示される可能性も考えられるので見直すことも重要です。

コメントを残す

*