最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライター必見!キーワード選びは検索ボリュームとロングテールに注目

検索エンジンを経由して、サイトに訪れということは、何らかの単語で検索をかけたということです。これを「検索キーワード」と言います。みなさんもGoogleで何かを検索した結果、このサイトにたどり着かれたことでしょう。つまりはその検索した言葉が検索キーワードというわけです。

それではこの検索キーワードについてご紹介していきます。

 

検索キーワードはボリュームが大事

SEOの基礎として、どのようなキーワードで検索した結果、サイトに訪れてくれているのか知ることは重要なことです。検索エンジンとは、検索キーワードを基にサイトを表示するもの。どのようなキーワードからサイトに来ている人がいるのかを知れば、逆算してサイト訪問者獲得に繋げることもできます。

 

そのためにも知ることが必要なのが検索キーワードのボリュームです。この場合のボリュームというのは、どれだけの人にそのワードは検索されているのか?といった量のことです。使用頻度という言い方もできるでしょう。

 

ボリュームの高い検索キーワードをコンテンツ内で使用していると、検索結果が効率的にアップするという寸法です。

 

とは言え、言葉とは無数にあるものですから、どういった言葉がボリュームの高い検索キーワードなのか当たりを付けるのは至難の業。そこで活用したいのが、月間でどのくらいのボリュームがあるのかを調べることができる「キーワードプランナー」です。

 

有効なキーワードを見つける

キーワードプランナーは、「Google AdWords」の中の月間の検索数を知らんべることができるツールです。Googleアカウントさえあれば誰でも使用できるので、活用しない手はありません。

 

調べたい単語を入力することで、その単語が月間でどのくらい検索されているのかを表示してくれます。複数のキーワードを組み合わせて検索することも可能。同じ意味の単語であっても、表現が違うと検索数も異なります。普段から使うような言葉の方が検索されやすい傾向にあるようです。

 

Googleトレンドで変化を見る

Googleトレンドでは、検索ボリュームの推移を見ることができます。例えば「真田」という単語は大河ドラマの前後では検索数に大きな違いがあります。検索数ではなく、変化の推移を見ることができるツールです。複数のキーワードを比較することもでき重宝します。

 

Googleサジェストで組み合わせを見る

Googleの検索ウインドウにた単語を入力すると、その単語に関連する単語が表示されえる機能があります。これをGoogleサジェストと言うのですが、これによって関連する人気単語を知ることができます。

 

こういったツールや機能を駆使して、検索にヒットしやすいサイト作りをしていくことがSEOの第一歩です。

 

ビッグワードとロングテールワードを知ろう

検索キーワードには「ビッグワード」、「ロングテールワード」と呼ばれる二種類が存在します。

 

  • ビッグワード…月間の検索数の多いキーワード
  • ロングテールワード…ビッグワードをはじめ検索回数の多い単語の組み合わせにより、条件を絞り込んだもの

 

このように大別することができ、例を交えながら更に詳しくご説明していきます。

【ビッグワード例】

  • 音楽
  • 日本
  • 家電

こういったキーワードは、検索ボリュームは大きいものの範囲が広いため多くのサイトがヒットすることとなります。その中で上位表示されるのは困難です。もしもここで上位表示を獲得すれば、多くの訪問者を得ることができますが、多くの場合更に目的を絞り込んだ上で検索されます。

 

【ロングテールワード例】

  • 「音楽 フェス」「音楽 ロック」
  • 「日本 お土産」「日本 輸出」
  • 「家電 引っ越し」「家電 最新」

ロングテールワードは、検索回数の多いキーワードになんらかの「条件」を盛り込んだキーワードです。例えば地域や場所、種類、目的などの絞り込むためのキーワードが必須となります。

 

食事先を探すのには、まずどこで食べるかや何を食べるかなど条件を含んだ検索をしますよね。それがまさにロングテールワードです。ここから更に条件を足して絞り込んでいくことも考えられます。

 

こういったロングテールワードは検索ボリュームこそ劣ってしまいますが、その分相対的に競合が減るので上位表示も狙いやすくなるという点があります。ニッチすぎて検索回数が少ない…なんてこともあり得ますが、少数であれ訪問者を集めることは重要です。

 

一つ一つのコンテンツへの流入が少なくとも、そういったコンテンツが複数あれば総合的には大きな数となります。一つ一つのコンテンツを大事にしましょう。

 

まとめ

検索キーワードのボリュームを調べることはSEO上とても重要なことです。キーワードを知ることで、訪問者がどのような情報を求めているのかを知ることができるからです。ボリュームの少ない検索キーワードから上位表示を狙っていき、地道でも少しずつ訪問者を獲得していきましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*