SEOライティング

副業ライター必見!サイトPRにはGoogle Search Consoleを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイトに訪問してもらうためには、まず検索エンジンに存在を認知され、そこから更に検索順位で上位を狙って行かなければなりません。自身のサイトの認知度を高めるには、まずは検索エンジンに「どのようなサイトなのか」、「コンテンツの量はどの程度なのか」を認知してもらわなければなりません。

 

サイトの情報を伝えることがスタートライン

検索エンジンの性能は日々進歩していいるので、Webサイトのコンテンツやページ数といった情報は、なにもしなくともクローラーロボットが自動的に把握してくれます。とは言えまだまだ完璧とは言えません。注目して欲しい情報があるのならば、積極的に働きかけることも効果的です。

 

検索エンジンにどうやったら情報を伝えられるのか?想像つかないかと思われますが、以下の三つがその代表です。

  • XMLサイトマップ
  • Google Search Console
  • 内部リンク

 

サイトマップを構築しよう

XMLでサイトマップを構築し、それをサーバー上にあげることで、検索エンジンがクロールしやすくすることができます。言わばロボット向けに案内板を立てるといったところでしょうか。クローラーロボットが巡回しやすいように、専用のマップを設けてあげることで、そのサイトにどのようなページがあるのかわかりやすくすることができるのです。

 

例えばページ構成が複雑だと、いくらロボットでも見落としてしまうこともあります。しかし、サイトマップがあれば見落としを防ぐことができ、新しいページの追加・変更を通知することも可能です。

 

サイトマップは「sitemap.xml」のように名前をつけサイト内にアップロードしておきます。どの場所にこのファイルを保存したのかを検索エンジンに教えるための「robots.txt」も必要です。

 

クローラーロボットはサイトにアクセスすると、まず「robots.txt」の有無を確認するようになっています。存在すればそこからサイトマップを辿っていきます。

 

Google Search Consoleの活用方法

Google Search Consoleは自身のサイトがどのような状況なのかを確認することができる無料ツールです。下記のような項目から、自身のサイトがGoogle側からどのような認識を受けているのか知ることができます。

  • インデックス数
  • サイトのリンク数
  • クローラーロボットの巡回頻度
  • クローラーロボット巡回時のエラー など

 

このツールは無料でありながらも、運用しているサイトに重大なエラーが生じた際などにメールでお知らせもしてくれます。是非登録しておきましょう。

 

Google Search Console登録手順

Google Search Consoleへ登録するには、まず「Google Search Console」で検索し画面を開きましょう。そこで「プロパティを追加」をクリックし、登録したいサイトのURLを入力します。入力したら「このHTML確認ファイル」をクリックして、確認用ファイルをダウンロードしましょう。

 

ダウンロードしたファイルは、登録サイトの一番上にディレクトリにアップします。アップできたら「ブラウザでhttps://xxx.htmlにアクセスして~」のリンクをクリックして、確認してみましょう。

 

アップしたファイルが正しく表示されていれば、成功ですので「確認」ボタンを押して認証完了しましょう。

 

内部リンクを設ける

人間が内部リンクを辿って見るように、検索エンジンも同じようなルートでページを閲覧します。内部リンクとは、サイト内の別のページへ飛ぶためのリンクです。例えば一つのページで説明しきるにはあまりにも冗長になりすぎるために、【詳しくはこちら】といったリンクを貼ったりします。なにかしらで見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

この内部リンクも設定しだいでは検索エンジンが読み込めず、適切な評価を得られないかもしれません。

 

「?」や「=」といった記号がURLに含まれていると注意が必要です。あまりにも長いと評価されにくいので、短く作り直す方がベターかもしれません。

 

 

まとめ

まずはサイトマップを構築して、ページの情報をしっかりと伝えましょう。加えてツールでサイトの現状を知ることも重要です。内部リンクはユーザーだけでなく、検索エンジンに対しても便利なのでなるべく用いるようにしましょう。

コメントを残す

*