SEOライティング

副業ライター必見!コンテンツごとに最適なマーケティングを知っておく

どんなに質のいいコンテンツを作ったとしても、それを世に広めることなく放っておいてはただ埋もれてしまうだけです。そんなことになってしまっては、非常にもったいないですよね。ですがそうは言っても、コンテンツを広く世間に告知しようと思えば広告に費用をかけたり、他メディアを運用することに労力をかけたりと様々なことにコストをかけなくてはなりません。

 

告知方法がコンテンツとマッチしていなくては、コストに見合うだけの十分な効果が得られないかもしれません。それでは、ミスマッチを避けるためにも作成したコンテンツの内容いかんで、どのような告知方法が適しているのでしょうか。順に見ていきましょう。

 

コンテンツを知ってもらうためには

コンテンツを告知する方法も色々な手段があります。コンテンツごとに効果的な告知方法、不向きな告知方法とあるので、そのコンテンツに最適な手法を用いることが肝要です。コンテンツにマッチした手法をとれば、より大きな効果を期待できることでしょう。どうせ労力をかけるなら費用対効果は高いに越したことはありませんよね。

 

IR・新製品といった企業情報に関するものは

専門のPR業者に依頼して、より多くの人の目に触れるようなニュース記事(プレスリリース)として大々的に告知をするようにしましょう。これは上手くいけば、大手ニュースサイトなどにも取り上げられる可能性があり、他メディアからの流入も視野にいれることができます。

 

そうやって取り上げられれば、多くの人目のに触れるであろうことは火を見るよりも明らかです。

 

キャンペーンや期間限定の特設サイトなどは

主なターゲットとなるような読者へ届けるWEB広告を出稿しましょう。リスティング広告やDSPといった広告であれば、興味・関心の度合いが高いであろうと想定される人に向けて配信を行うことができます。そうすることで、自ずと広告の費用対効果が高くなる可能性が高くなります。

 

こういった手法は、販売数や資料請求数といった数字を伸ばすことに適したアプローチです。コンテンツと親和性の高い人へと効果的に広告を見せることができます。

 

読みもののようなエンタメ性の高いコンテンツは

TwitterやFacebook、インスタグラムといったSNSを活用して、積極的に拡散されることを狙ってPRしていきましょう。SNSで拡散されれば、無料で多くの人にコンテンツを見てもらうことができるでしょう。

 

また、SNSは有名な人に拡散されれば、瞬く間に話題となる可能性も秘めています。上手くバズらせることができれば、一躍脚光を浴びるかもしれません。

 

このように、コンテンツの内容に適した最適な方法で告知するようにしましょう。広告・プレスリリースはそれなりに費用もかかるので、コストに見合うかどうかの見極めも重要となってきます。

 

SEOを告知に応用できないのか?

SEOは確実に上位表示することができるものではないので、告知には向きません。確証がないという点では、広告も同じようなものかもしれませんが、SEOはコントロールしにくいということもあって不向きです。

 

それは広告が積極的にターゲットへ向けて働きかけるものであるのに対して、SEOはあくまでも受け身な方法であるからです。ですので、積極的に人に見てもらわなければならないというコンテンツの場合、SEO以外の方法による告知を活用していくべきでしょう。

 

まとめ

SEOは告知には不向きな方法論と言えます。なのでコンテンツの内容によって適した別の手段をとるようにしましょう。プレスリリースやWEB広告、SNSでの拡散など方法は多岐に渡ります。コンテンツによってはこれらの手法を組み合わせて複合的に告知していく必要がある場合もあるでしょう。

コメントを残す

*