集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

副業ライター必見!Googleトレンドでキーワードを絞りこむ方法

軸となるキーワードや関連キーワードから、SEO対策を行うべき検索キーワードをリストアップすることができたら、今度はその中からどのキーワードが自身のサイトにぴったっりなキーワードなのかを考え、SEO対策を行うキーワードを選定していきましょう。

 

キーワードを仕分ける

これまでリストアップしてきたキーワードを、まずは仕分けてみましょう。例えば「音楽」を軸とすればそれに関連するキーワードを挙げていき、検索ボリュームを並べていきましょう。例えば音楽の場合は「フェス」、「楽器」、「ライブ」など関連するキーワードを羅列し、それぞれの検索ボリュームを併記したリストを作成します。

 

そのままでは情報が散乱するので、カテゴリごとに分類して仕分けるとより扱いやすくなります。そうしてカテゴリ分けしたリストから、自身のサイトのテーマにより合致しているキーワードを選出していきましょう。例えば音楽の中でも、ライブレポートなどを扱っているのであれば、楽器などよりもライブやフェスといった単語の方が検索キーワードとして相応しいと言えます。

 

そういったキーワードをタイトルに入れるなどすると、検索のマッチングが高まります。また、継続的にキーワードを含むコンテンツを発信していくことで、検索エンジンからの評価も高まります。

 

このように、キーワードをカテゴライズすることでカテゴリごとの特徴であったり、検索ボリューム、他のキーワードとの組み合わせなどの傾向がわかってきます。分類することで、さまざまな角度からコンテンツのニーズをとらえることが可能になっていきます。

 

キーワードにも流行り廃りがある

Googleでは過去一年間の平均をデータとして算出しています。そのため、「2015年度 高校受験」のような現在(2017年)では需要がほぼ存在しないと考えられるキーワードもあります。このようにキーワードにもトレンドというものがあり、流行り廃りがあるので留意する必要があります。

 

例えばスポーツの過去の試合日程や、ワールドカップやオリンピックといったものも時間が経つほど検索数は減少しいていくことでしょう。ただし、上記のワールドカップやオリンピックのような場合であれば、次回の開催時期に合わせてコンテンツを作成することで流入を狙うこともできます。

 

他にもクリスマスや水着、祭りなど時期や季節によって検索ボリュームに差が出やすいキーワードも存在します。

 

キーワードのトレンドを知るには

キーワードのトレンドを知るには、Googleが提供しいている「Googleトレンド」というツールで知ることができます。Googleトレンドでは「過去の検索ボリュームの推移」と「関連するワードの人気度や注目度」を調べることができます。

 

まずはGoogleトレンドを開き、好きなキーワードを検索してみましょう。Googleトレンドは検索すればすぐに出てきますし、誰でも無料で利用できます。

 

例えば「オリンピック」で検索すれば、オリンピックが開催された2012年や2016年に突出して検索されていることがわかります。

 

このように、実際に検索されているのか?いつどのくらい検索されているのか?を知るにはとても便利なツールです。Googleトレンドを活用して過去のデータと比較しながら、検索が増加しているのかはたまた減少しているのかを調べ、SEOの対象とするべきキーワードであるのかどうか吟味しましょう。

 

Googleトレンドは推移をみるうことはできても、実際に検索されている数までは見ることができないので、キーワードプランナーと併用するといいでしょう。

 

関連キーワードも確認可能

Googleトレンドでは他にも関連する人気キーワードや注目キーワードといったものも検索することができます。「人気」は関連するキーワードの中でも今現在検索されている回数が多くなっているものを指し、「注目」は最近著しく検索回数が増えてきている上り調子のキーワードが表示されています。

 

「人気」に関しては競合が多いキーワードの可能性が高いですが、「注目」の方はこれから伸びてくるものと考えられるので、競合が少なく狙い目であると考えられます。

 

検索ボリュームを比べてみよう

Googleトレンドでは、検索キーワード同士のボリュームを比べることもできます。例えば先ほどの「ワールドカップ」と「オリンピック」ではどちらの方が検索されているのか?もしくは検索される時期に重なりはあるのか?などといった比較を行うことができます。

 

バレンタインやハロウィンなど極々短期間にのみ盛り上がりを見せるキーワードもあるので、そういったキーワードの場合は時期を逃さないよう気を付ける必要があります。

 

真にニーズを満たしているのか

ツールを駆使することで、「キーワードの絞り込み」を行うこと自体はさほど難しくありません。しかし、そのキーワードに沿ったコンテンツなくしてはそのキーワードからの流入は見込めません。

 

キーワードを絞り込むと同時に、そのキーワードで検索している人のニーズを満たすようなコンテンツを設けるようにしましょう。

 

まとめ

まずは検索キーワードをリストアップして、カテゴライズすることでSEOの対象とすべきキーワードを絞り込んでいきましょう。そしてトレンドを調べることで検索が増加しているのか、減少しているのかその傾向を調べます。特に「注目」のキーワードは競合が少なく狙い目と言えます。検索キーワードを絞り込んだら、それに沿ったコンテンツを用意しましょう。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*