電子書籍を書いて自分をブランディング

ブログを利用したリスト集めはSEOライティングなどが必要

ブログを利用したリスト集めはコツがいる

ブログを利用したリスト集めはなぜ非効率なのか?

Webで物やサービスを売って収益を出すには、売ろうとするコンテンツ以上にマーケティングが重要視されます。
マーケティングが重視されるのは現実世界でも同様ですが、不特定多数の人間からのアクセスが可能であるというWebの特性を思えば、Web上でのビジネスにおいて、マーケティングの重要度は現実以上のものがあるのです。

Webで物やサービスを売るためには、あなたの売ろうとする商品を知ってもらい、興味を抱かせ、興味を抱いた消費者を見込み客リストに加えるというプロセスが必要となります。
これは業種を問わず共通のWebマーケティングのプロセスです。

そして、あなたの売ろうとする商品を知ってもらうためには、まずお客さんに集まってもらう(集客)必要があり、集客のために使用されるツールのひとつがブログであったということになります。
無料のブログ作成サイト等も多数ありますので、集客にあまり費用をかけられない個人事業主等にとっては、非常に有効な集客手段として重宝される事となりました。

冒頭でもお伝えしたように、Webは不特定多数の人間からのアクセス可能であるという特性を持っているので、北は北海道から南は沖縄まで、なんなら海外からでもあなたのブログにアクセスが可能なわけです。

ただ、「アクセスが可能」なだけであって、実際にアクセスしてくれるかと云うと、話は違ってきます。
現在、ブログへのアクセスを促し、さらにその上で商品に興味を持ってもらうということは至難の業となりつつあるのです。

ブログによる集客が売り上げにまで結びつくにはメルマガへの誘導が必要ですが、「ブログへのアクセス⇒メルマガ登録」の間にも大変高い壁があります。
世には「ブログへのアクセス」を増やす方法が書かれたHow to本やネット上の情報で溢れていますが、誰もがそれを見て、アクセス増加に励むわけなので、その中から抜きん出ることは容易ではありません。

どの世界でも同じですが、果実を得るのは先駆者です。

後発組が利益を得ようと思えば、先駆者たちを遥かに上回るブログのクオリティや工夫が求められるわけですが、そもそも個人事業主等の様な零細な経営者がブログでの集客を試みているわけなので、他を圧倒するようなクオリティのブログの立ち上げは望むべくもありません。

どうしてもブログでの集客を志すということであれば、多くの手間隙と膨大な時間を費やす覚悟が必要です。

リスト集めの前提となるブログアクセス数増加に必要なこと

某有名ブログアフィリエイターが雑誌のインタビューで「今後ブログによる集客は厳しさを増し、ブログでの集客を実現させるには、場合によっては1年近くブログの記事を更新し続けることが条件となる」と語っていました。

ただ期間だけを思っても気が遠くなりそうな話しですが、もちろん記事の質も重要となります。
1年間、質の高い記事を書き続けることは容易なことではありませんし、途中で挫折してしまえば(その可能性は決して低くないでしょう)、それまでの努力は水の泡と云う事になります。

ブログで集客をしてリスト集めを成功させるには、SEOライティングなどもマスターする必要があるでしょう。

Similar Posts

コメントを残す

*