集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

副業ライターなら知っておくべきソーシャルメディアのタイトルつけ方

ソーシャルメディアでは記事のタイトルが大変重要な要素となっています。「読んでみたい」、「気になる」といった感情を掻き立てられないようなタイトルでは、読まれることもないでしょう。また、リンクのクリック率にも影響があるので、拡散されない…といったことにもなりかねません。ソーシャルメディアで集客しやすい傾向にあるタイトルとはどのようなものなのかをご紹介いたします。

 

ついついクリックしてしまうタイトル

SNSで流れてきた誰かが共有した記事を、思わずクリックっしてしまった経験はありませんか?そのタイトルはあなたにとって何らかの形で気になるものだったのではないでしょうか。そういったタイトルこそが、ソーシャルメディアで思わず読みたくなってしまうタイトルのつけ方のお手本です。

 

それでは、そういった「思わず読みたくなるタイトル」の法則がいくつかあるので見ていきましょう。

 

リストタイトルで情報にまとまりを

これは記事がまとまっていることを読み手に伝えるためのタイトルで、リスティクルとも呼ばれます。リスティクルとは「リスト」と記事を意味する「アーティクル」を組み合わせた言葉です。Webで閲覧数を増やすために使われてきている手法で、紙媒体でも使われますが特にWebサイトで多用される傾向にあります。

 

これは紙媒体と比較して、Webサイトの情報は内容を調べながら読むことが少ないことにあります。この原因は、Webサイトというものは「求めている情報があるか」という見られ方をするものことにあります。そのためTips的にトピックをまとめた記事の方が閲覧されやすくなるという傾向にあります。

 

例えば、「○○するために大切な10のこと」といったようなものが、このリストタイトルに該当します。

 

同調を誘発するタイトルで読者から共感を得る

「かわいすぎる!」や「おしゃれな」といった言葉が入ったタイトルを見たことはないでしょうか。こういった言葉は、同調を誘う表現として用いられています。こういった読み手に共感して貰える言葉をタイトルに組み込むことで、ソーシャルメディアでシェアしてもらいやすくなります。

 

そう思う…という同調を得ることで、より拡散される記事となり、拡散された先で今までは届いていなかった人たちへも届く可能性があります。

 

質問を投げかけて拡散してもらう

ソーシャルメディアで拡散してもらいやすくするポイントとして、「コメントを付けたくなる記事」というものがあります。これは読者がコンテンツに対してコメントをし、そのコメントに同調した人が拡散することにつながりやすくなるためです。Twitterのリツイートなどがまさにこういった拡散のしかたをしいやすいと言えます。

 

コメントをつけてもらうためには、タイトルに「どうしますか?」や「どちらが欲しいですか?」といったような、質問を投げかける一文を入れる方法が有効です。また、質問に限らずコンテンツの内容そのものが意見を言いたくなるような構成にすることでも、同じくコメントの投稿・共有を誘うことができます。

 

対象を限定的にすることで気になる記事に

「初心者必読」などといった風に、対象を絞ることで対象者はもちろんそうでない人も気になるタイトルにすることができます。この場合だと初心者に加えて、初歩的なことを知らないと恥ずかしい層にも読まれやすいコンテンツに仕上がります。特に専門性の高い分野において効果的な手法です。

 

期待値を高めることで読まれやすく

「衝撃の」、「世界で話題の」、「死ぬまでに」といった、ユーザーの期待感を煽るような表現は昔から広告などで広く活用されてきました。こういった見ないと損するのではないか?と思わせる煽りは、閲覧者の期待が高まりコンテンツを読まれやすくなります。

 

とは言え、期待が高いということはその分コンテンツの内容も伴っていなければ、閲覧者は肩透かしをくらうだけです。期待値が高ければ高いほど、がっかりした時の評価は厳しくなるのでコンテンツの中身が求められます。安易な使用は厳禁なタイトルだと言えます。

 

タイトルだけでもダメ

ご紹介した方法の他にも、タイトルのつけ方には多くの方法があるので常日頃あなた自身が惹きつけられたタイトルがあれば、覚えて置き知識やノウハウとして蓄積していくようにしましょう。

 

そして、タイトルはコンテンツを読んでもらうために必要なものではありますが、肝心なのはコンテンツのクオリティなので竜頭蛇尾にならないようにしましょう。タイトルだけ立派でもハリボテにしかなりません。

 

タイトルを意識しながらも、コンテンツを読んだ後の満足感や、もっと読みたくなる(好奇心を刺激する)ように意識すると、集客だけでなくロイヤルティにもつながるコンテンツを作り上げることもできます。

 

まとめ

思わずクリックしたくなるタイトルを考えることが、コンテンツを読んでもらうための第一歩です。しかし、タイトルはあくまで看板で、重要なのはコンテンツの中身であるということは大前提として忘れないようにしましょう。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*