月150万稼ぐためのマインドセット

副業ライティングを続けるとき必要な”あるマインド”

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_m

副業ライティングはライティング以外の仕事もたいへん

 
副業でライティングの仕事をやっていると、やればやった分だけお金になりますが、なかなか継続してして発注が来ない・・・というところで悩んでしまう人が多いと思います。
 
単発で1記事500円とか、1000円という仕事は、クラウドワークスやランサーズのライター募集のコーナーでたくさんありますので、単発でやる分には仕事に事欠かないといってもいいでしょう。でも・・・疲れませんか?
 
 

ひとつ仕事をが終わったらまた次の仕事を探して、提案をして、自分が選ばれるまで待って、選ばれればラッキーだし、選ばれなければまた次を探して・・・正直疲れちゃうわ・・・。

 
 
このライティング以外に使わないといけない時間はけっこう膨大になっていますよね。
 
ここが副業でライティングをやるときの宿命みたいなものです。
 
会社組織の中にいるときには、自分の仕事が途切れるということはないでしょう。それは、作業をする自分とは別に、営業部門の人が次々と仕事を取ってきてくれるからです。
 
副業ライターは仕事探しも自分でやりながらライティングという作業もするので、パソコンの前に座っている時間の割にお金にならない、というのも真実です。
 
 
 

単発のライティング仕事の単価はいつもだいたい同じ・・・

 
また、単発で自分で仕事を探しながらライティングをしていくというスタイルだと、いつも似たような金額の仕事しか受注できませんよね。
いつも500円程度でやっている人は、不思議と次の仕事も500円前後、1000円前後でやっている人は、次の仕事も不思議と1,000円前後という感じで、なかなかステップアップを踏むのが大変です。
 
この状況は、ライティング以外のアルバイトを考えてみると分かりやすいです。
 
飲食店でウエイトレスをやる場合、今勤めているファミレスから別のファミレスに移ってもだいたい時給は同じ・・・。牛丼屋を変わってもだいたい同じ・・・。コンビニを変わってもだいたい同じ・・・ですよね。
 
なんでこうなっちゃうのでしょうか・・・。
 
これは、言ってみれば自分の仕事が積み上がっていない、一つのライティングの経験が次のステップを踏む土台になっていない!ということなのです。
 
 

営業もいらず、単価上昇ために持っておくべきマインド

 
 
逆に、一つのライティングの経験が次の仕事のステップになっていれば、最初に書いた、次々と次の仕事を自分でとってくることもなくなって、クライアントから指名されるので勝手に仕事が入ってきます。
 
また、どうしてもあなたに書いて欲しい!と思って発注してくれるわけですから単価も徐々に上がっていくことも間違いなしです。もし単価が上がらなければ、継続して仕事をしていく人間関係も出来上がっているので「単価の見直しをお願いできませんか?」と相談することも可能です。単発仕事では、こんなことはいえませんよね。最初に提示した金額が気に入らなかったら応募してくるな!と思われるのがオチです。
 
つまり、目の前の仕事を右から左にこなしていく以外のやり方をしていこう!というマインドが必要になってくるわけです。
 
クラウドワークスやランサーズなどで単発ライティング仕事をやることになれてしまうと、ついついこういう視点が日々の忙しさで見失われてしまうので、ちょっとだけそこに注意してみましょう!このマインドが自分の中で普通になってくれば・・・
 
数ヶ月後…
 
随分パソコンの前に座っている時間が短くなったのに、収入が増えた!
 
ということを実感できるはずです。
 
 
 

Similar Posts

コメントを残す

*