SEOライティング

既存顧客をリピーターにする副業webライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的にコンバージョンを得るための、マーケティングの費用対効果が高いのが既存顧客であるとされています。一度顧客となったら、その顧客へのアプローチが疎かになっている場合もあることでしょう。それではせっかくの機会を損失している可能性があります。それではもったいないので、既存顧客に製品をリピートしてもらうためのコンテンツの手法をご紹介していきます。

 

既存顧客へ向けたコンテンツでリピーターを育てる

新規顧客ばかりを重視して、顧客となった後をないがしろにしてしまっている場合もあるでしょう。しかし、新規獲得獲得後もその方針のまま続けていき、気づけば膨大な既存顧客ができあがっている…という事態にもなりかねません。既存顧客へ向けたコンテンツも同時に用意する必要があるでしょう。

 

フォローアップコンテンツで顧客の問題を解消

フォローアップとは、製品を購入した顧客に対するアフターフォローを指します。フォローアップコンテンツとしては、利用方法が直観的にはわからない製品であったり、より使いこなすための方法を紹介したい場合などに、利用方法を解説するようなコンテンツが考えられます。画像や動画などを用いてよりわかりやすくするといいでしょう。

 

例えば、新製品や革新的技術を用いて作られた製品などであれば、顧客が機能を熟知できるとは言い切れない場合などに効果的でしょう。

 

製品の購入後に顧客がどういったことで困るのか、疑問に思うのかといったことを顧客目線で考え、そういった問題を払拭できるコンテンツを設けましょう。そうすることで顧客に安心感を与え、購入後のケアはもちろん購入検討時のダメ押しにもなるでしょう。

 

こういったフォローアップを行うことで、自社製品を深く理解してもらうことができます。メリットも同時に理解してもらえるので、ブランドスイッチを防ぐという意味でもフォローアップは重要なコンテンツです。

 

 

アップセルコンテンツで顧客を離さない

アップセルとは、製品を購入した顧客に対し追加購入や上位製品の購入を誘うことを指します。

 

アップセルコンテンツにおいてはタイミングが重要となっています。例えばそろそろ買い替えを考えている…という時期に製品に関するお得情報が送られてくると目を通しますよね。そういった風に、タイミングよく情報を提供することができれば追加購入などの確率が高まります。

 

また、フォローアップコンテンツの中にさりげなく製品紹介を盛り込むなどすることで、自社製品に興味を抱いて貰えるように仕掛けるのも有効な手立てです。

 

既存顧客のデータを把握する

顧客データを整理・分類することで実態を把握しましょう。既存顧客に向けたコミュニケーションやコンテンツを考える時には、顧客データを基に「この人はこういったコンテンツなら興味を示してくれるのではないか」といったように、誰にとって必要とされるコンテンツなのかを具体的にイメージしながら作っていくようにしましょう。

 

既に一定の購入をしてくれている層は置いておき、その下の上位30%~50%程度の顧客に対し、リピーターとなってもらえるよう働きかけましょう。性別と年齢からオススメするのか、そこに地域も含めるのか、さらに性別と年齢に製品カテゴリを加味して購入傾向からどのような製品がオススメできるのか考えるのも有効です。

 

または、既に購入済みの製品のオススメ活用法などを知らせることも考えられます。

 

例えば、コスメなどの場合であれば性別年齢は言うまでもありませんが、地域としては寒い地方なら乾燥対策の製品をオススメする。過去の購入傾向から、新製品の情報を送るなどといった施策が考えられます。

 

このように、顧客データを活用することで、顧客ごとに違ったアプローチをかけることができます。

 

まとめ

フォローアップは利用方法を解説するなどのコンテンツが考えられ、アップセルはタイミングよく情報を提供することで更なる購入を促すためのコンテンツです。実際の顧客データを基に、顧客を管理・分類することで効果的に情報を発信していきましょう。

コメントを残す

*