電子書籍を書いて自分をブランディング

YouTubeを利用したリスト集めは難易度が高い

なぜYouTubeを利用したリスト集めは難易度が高いのか

YouTubeは動画で商品をアピールできる

YouTubeはブログやSNSとは異なり、上手く使えばリスト集めや商品アピールのための強力な武器となります。
実際、YouTubeを利用した販売活動により売り上げを飛躍的に伸ばした事例は数多くあります。

ただ、その「YouTubeを上手く使う」というのが、簡単ではなく、はっきり云えば非常に難しいのです。

YouTubeの有効性はその強力な訴求力にあります。
ブログやSNSと異なり、画像やテキストだけではなく動画により訴えかけることが出来るため、視聴者の興味を引く力が強いのです。

商品をアピールするには、まず相手に興味をもってもらう必要がありますが、これが簡単なことではありません。
逆に言うと、興味さえ持ってもらえれば、消費者は動画の説明文のURLから商品ページにアクセスしてくれたり、あなたにコンタクトを取ろうとしてくれる確率は非常に高くなるのです。

動画を視聴するという行為は、その間、あなたが視聴者の時間を占有できるということであり、アピール度はブログやSNSの比ではありません。

YouTubeは厳しい競争の世界

ここまで述べてきたように、YouTubeはリスト集めや商品アピールのための強力なツールとなり得ます。
強力なツールである以上、当然ながら、あなた同様それを利用しようとするライバルが大勢存在します。

視聴者は数ある動画の中からあなたや、あなた以外のライバルの動画を視聴するわけですから、そこには比較の意識が働きます。
視聴者は移り気なものです。

あなたの動画の冒頭部分を見た段階で「つまらない」と感じれば、すぐに別の動画の視聴に移ってしまうでしょう。
あなた自身、ユーザーとしてYouTubeを視聴する場合には同様の動作を行っているのではないでしょうか?

つまり、YouTubeを利用してリストを集めようと思えば、冒頭部分から視聴者の興味を引き、最後までそれを引き付け続ける工夫が必要です。
淡々と商品を説明するだけではもちろん物足りないでしょうし、ただただ情熱的にアピールするだけでは単調です。
あなたの情熱を忖度してくれるほど、視聴者は甘くはないのです。

掴みで興味を引くインパクトを残し、印象的な起承転結でそれを離さず、視聴後、商品の購買や動画作成者へのコンタクトを引き出す動画となれば、プロのコメディアンでも作成は難しいのではないでしょうか。

一口に「視聴者の興味を引く」と云っても、それが並大抵のことではないことがご理解いただけたでしょうか?

YouTubeでのリスト集めには準備と工夫とセンスが必要

ではどうすればYouTubeで視聴者の興味を引きつけ、リスト集めにつなげることが出来るのでしょうか?

答えはひとつではないでしょうが、考えられる要素は幾つかあります。
例えば、

  • トークが面白くてセンスがある。
  • 画像のクオリティが高い。
  • 構成がしっかりしている。
  • 編集がしっかりしている。

「トークが面白くてセンスがある」に関しては生まれもってのものですし、「画像のクオリティ」や「編集がしっかりしている」に関しては、機材の準備も必要です。

YouTube用の動画作成に当たっては、通常、出演者は演出家であり編集者であることを兼ねます。
商品のアピールに適切な構成を練るスキルも求められるのです。
基本的には顔出しで動画を作成することになるでしょうから、その点もリスクと云えばリスクです。

「そんな大げさに考えなくても、クオリティが低かろうが、とりあえず動画を作成してUPしてみればいいだろう」とお思いなる方がいれば、止めはしませんが、現在のYouTubeはそんなに甘くはないのが現実です。

数年前とは異なり、現在のYouTubeには「セミプロ」のような存在が多くいて、互いにしのぎを削っている世界なのです。

あなたのクオリティの低い動画が、他の動画の引き立て役となってしまうようであれば、却って動画を作成しなかったほうが良かったという結果にもなりかねないのです。

Similar Posts

コメントを残す

*