最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業ライティングで誤字脱字をなくすたの方法4選

ライティングにおけるミスの代表格と言えば、誤字脱字でしょう。いくら注意しながら書いていても、見直していてもなかなかなくならないミスではないでしょうか。誤字脱字をしたまま、サイトにアップしてしまえばその記事はもちろんのことサイトの信頼性も大幅にダウンすることとなりますよね。そこで重要になる作業が「推敲」。誤字脱字を防ぐためのオススメチェック方法を4つご紹介いたします。

 

音読して目と耳で確かめる

簡単に実践できる方法の一つがこの音読。実際に声に出して読んでみることで、目と耳から違和感を発見できます。声に出すのが憚られる場合であっても、黙読するだけでも効果はあります。また、音読は声に出すことで集中力を切らさないというメリットも存在します。そのため疲れてきた際や、眠い時などにも有効です。

 

時間をおいて頭をリセットさせる

原稿をチェックする時には、少し時間をおいてから見直すといいでしょう。一息つくことで客観的な視点で見ることができるようになります。記事を書き上げた直後にチェックしても、あまり精度はよくありません。執筆時の印象が残っていることにより、変な先入観が入ってしまっているからです。加えて、読みとばしがちにもなります。

 

例えば夜に原稿を仕上げたのであれば、締め切りが許すのであれば翌朝に確認をするようにしましょう。時間を空けることで脳がリセットされるので、フラットに確認作業を行うことができます。あまり締め切りまで時間に余裕がないような場合であれば、食事や移動などといった時間を挟んでみるのもいいでしょう。

 

Wordの校正機能に確認してもらう

Wordには文章校正機能が備わっているので、活用するようにしましょう。原稿を仕上げたら、Wordの校閲から「文章校正」機能を使うだけで「誤変換」」「助詞の欠落」「スペルミス」「表記ゆれ」「砕けた表現(ら抜き言葉等)」を検出してくれます。

 

また、オンライン上で日本語を校正してくれるサービスもあるので、そういったものも手助けになるでしょう。Wordpressで執筆している場合であれば、校正用のプラグインも存在します。

 

こういった校正機能というのも決して万能ではありません。校正しなくていい所を指摘されることがあるように、その逆もあり得るものです。あくまで校正機能はサポートでしかなく、最終的な確認・判断は自身の目で行うようにしてください。

 

固有名詞に間違いがないかチェック

数多くある誤字脱字のパターンの中でも、特に気を配らなくてはいけないのが人名や商品名といった「固有名詞」です。固有名詞は音読で確認しても、校正機能を使っても発見しにくいものです。そのため、固有名詞は検索にかけて正しい表記がなんであるのかをしっかり確認するようにしましょう。

 

例えば渡辺と渡部のように読みが同じでも字が違う姓もありますし、地名などでも間違いやすいものも多いはずです。検索した際には、複数のソースを参照するようにしましょう。例えGoogleの検索結果で元の検索キーワードから訂正されていたとしても、Google側が間違っている場合もあるので注意しましょう。

 

固有名詞の間違いは失礼なのはもちろんですが、全く違うもののことを言っているのだと誤認される可能性もあるので特に注意して確認してください。

 

まとめ

音読はチェック精度が高いだけでなく、集中力の持続にもなる方法です。また、執筆直後はミスがあっても見落としがちなので、一息つくなど間を空けてから確認するといいでしょう。校正機能は便利なものですが、その精度は絶対的なものではないのであくまでサポートしてくれる機能として扱いましょう。固有名詞の間違いは禁物なので、本当にその表記で正しいのかしっかりと調べるようにしましょう。

Similar Posts

コメントを残す

*