集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

webライティングでも重要な「だ・である」「です・ます」調の統一

記事を書く際に統一感を意識されているでしょうか。内容はもちろんのこと文体を統一することは重要なことです。文体には「敬体」と「常体」の二通りがあり、これらを同じ文章の中で混合しないのが文章を書く上での鉄則です。こうやって書くと難しく感じてしまうかもしれませんが、なんのことはない小学生の時から普通に行っているようなことです。

 

敬体とはです・ます調の文章で、常体がだ・である調の文章のことを指します。常識的なことではありますが、気をぬくといつの間にか混ざってしまっている…ということもあるので注意していただきたいポイント。それでは文体の統一についてです。

 

文体を統一してテンポのいい文章に

記事内で敬体と常体が入り混じっていると、読んでいて気持ち悪い違和感ある文章となってしまいます。また、混合されていることで文章のトーンやリズムを崩すことにもなるので、文章全体が読みづらくなってしまいます。書き始める前にまずはどちらの文体で統一するのかは、決めておきしっかり統一するようにしましょう。

 

文体は統一すべきである。そうでなくてはリズムが崩れるからです。

 

上記のように統一せず混ざってしまうと、違和感しかありません。見直しの際には、誤字脱字などだけでなく文体が統一されているかも確認するようにしましょう。意識尾していても、うっかり混ぜってしまっていることはあり得る話です。文体が統一されていないと、違和感に気をとられて肝心の記事内容が読者に伝わらない…といったことにもなりかねません。

 

あえて異なる文体を混ぜることで、文章を目立たせたり、独特のリズム感を生み出すという手法もありますが基本的には統一するように。

 

ジャンルごとに敬体と常体を切り替える

敬体・常体はそれぞれに適するジャンルが違うので、記事の内容によって使い分けるといいでしょう。それぞれの特徴を理解することで、より効果的に使い分けることができます。

 

敬体(です・ます)は安心感を与える

敬体には優しさや安心感を読者へ与える効果があります。そういった効果を与えたい場合には、敬体を用いましょう。下記のようなジャンルに用いるとより効果的です。

  • ハウツー系コラム
  • 広告パンフレット
  • ビジネス文書
  • レビュー記事

 

ただし、本文が敬体であっても箇条書きや図表上などでは常体で記述する場合もあるので、Webサイトのポリシーに従って書きわけるようにしましょう。

 

常体(だ・である)には固い印象がある

常体にはかたい印象やシリアスな印象、もしくは砕けた印象などを読者に与える効果があります。ブログのような主観的な記述が中心となるコンテンツでは常体を使用する場合も多々ありますが、特に理由のない限りは使用しない方がいいでしょう。下記のようなジャンルにおいて適した文体です。

  • 新聞
  • 緊急性の高いニュース記事
  • 体験談
  • 小説
  • 個人ブログ

 

話し言葉を活用することも

文体はいわゆる書き言葉のことで、話し言葉は話体と呼ばれます。文体はある程度誰が書いても特に変わりはありませんが、話体は方言などによって地域差がでるものです。この話し言葉をあえて使うことで、カジュアルな印象を与えたり、読者の年齢層に合わせて読みやすくするといったことも可能です。

 

例えば出身地の方言を織り交ぜることで、少し砕けさせて読みやすくする…などといったことが考えられます。また、方言の猿真似は不快感を与える可能性も強いので、おすすめはできません。いずれにせよ文体の統一感は重要となります。

 

まとめ

敬体と常体は混合することなく、どちらかに統一するようにしましょう。それぞれの特徴を理解し、使い分けることで表現の幅が広がります。とは言え、基本的には敬体を用いるようにしましょう。話ことばを織り交ぜることで、あえて砕けさせて読みやすくするのも一つの手です。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*