集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

副業ライティング!接続詞や主語を省くテクニック

読みにくい文章というものは、大抵が不要な文言が含まれているものです。この不要な文言の代表的な存在が、「接続詞」と「主語」です。文章になくてはならないものではあるのですが、この二つはある程度は省略した方がすっきりした文章になるもの。接続詞と主語を省略して、すっきりした文章となるようにしましょう。

 

余分な接続詞を省略してすっきり

文章と文章をつなぐ接続詞。ただつなぐだけではなく、全体の構造をわかりやすくしたり、要点を明確にするといった効果も持ち合わせています。しかし、この接続詞は多用することで文章のテンポを悪くしてしまうものでもあるのです。読みづらさの原因ともなるので、接続詞がなくとも意味が通じるのであれば、余分な接続詞は省いてしまいましょう。

 

気持ちのいい朝が来た。気分よく朝日を浴びながら目覚め、そしてゆったりと朝食をとった。だから、私は最高の気分で一日をスタートできた。

三文目の「だから」は順接として正しく使われているものです。しかし、それまでスムーズに文章がつながっていたこともあり、読む人にはここへわざわざ「だから」とつけられていることに違和感があります。特に必要のない接続詞であると言え、改めて理由や原因を強調する必要のない箇所です。そのため省いてしまってもなんら支障はありません。

 

このように、多くの場合「順接」の接続詞は省いてしまっても問題なく意味が通ります。反対に逆接の接続詞は省くと意味が通らなくなるので、注意しましょう。順接に関しては強調するためにわざと省かないという手もありますが、そういった狙いがない限りは省略してしまって大丈夫です。この接続詞はなくても大丈夫じゃないか?と考える癖をつけるようにしましょう。

 

主語を省略して繰り返すくどさを除く

わざわざ明記しなくともわかる主語を書き連ねると、くどい文章となってしまいます。わかりきったことを言われると鬱陶しく感じるのと同じうようなことですね。主語が明確であり、繰り返すような必要がないのであればガンガン省略してしまいましょう。

 

私は今日初めてパソコンを購入した。私にとって一番の高価な買い物となった。私は早く立ち上げたく急いで家路についた。

このように私、私と何度も出てくるとしつこくなり、読み手にいらぬストレスを与えることとなります。二文目以降も私のことであるのは明確なので、主語である「私」を省略してくどさのない文にしましょう。また、筆者が明らかであるならば、そもそも一文目の私すら不要でもあります。

 

文章中で主語が変わっていないのであれば、あえて何度も主語を登場させる理由はないので省きましょう。ただし、個人的主観や会社、団体などの意見を述べる場合など、「誰が」言っているのかということが重要な場合など、主語を省かない方がいい場合もあります。そういった際には責任の所在を明らかにするためにも、主語を明記することをおすすめします。

 

まとめ

なくても伝わるような接続詞であれば省いてしまいましょう。文章がすっきりとしたものになります。逆接以外の接続詞は省略可能である可能性が高いので、逆接であるかどうかを省略する際には目安にするといいでしょう。

 

また、主語に関しても何度も同じ主語が繰り返されるようであれば、文章がくどくなるだけなので省いてしまいましょう。その時に気を付けるべきなのは、文章中で主語が変わっていないかどうかです。主語が変わっているにもかかわらず省いてしまうと、読者は今なにについて書かれているのかを見失うこととなります。

 

接続詞・主語を省くことで、くどさやしつこさのないすっきりとした文章に仕上げることができます。引き算が読みやすいいい文章の第一歩であると言えます。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*