集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

主語と述語のつながりを明確にする副業ライティングテクニック

主語と述語は、文章の基本的な要素であり、要とも言える大切なものです。主語と述語の関係がはっきりしなければ、読みずらい文章となってしまいます。それだけで済めばいとのいのですが、場合によっては正しく文章の意味が伝わらずいらぬ誤解を与えてしまう可能性もあります。それほど大事な主語と述語ですが、なかでもこの二つの「距離」というものが重要です。主語と述語の距離しだいで、読みやすい文章かどうかが左右されます。それではこの距離について見ていきましょう。

 

主語と述語の位置を近づけよう

主語と述語の距離はなるべく近くにある必要があります。両者に距離があると、読みにくく感じられてしまうからです。これは距離が開くことにより、主語と述語の間に多くの情報が挟まってしまうことによるもの。間に情報が挟まることで、主語と述語の関係がわかりにくくなるのです。

 

そのため、余分な情報を挟んで読者を混乱させないようするためにも、主語と述語の間はなるべく詰めるようにしましょう。以下が主語と述語に距離がある例文です。

 

彼は、私は虫が嫌いだというにもかかわらず、よくキャンプに誘ってくる。

 

上記の文では、主語である「彼」と述語である「よくキャンプに誘ってくる」との間に距離があるため、読みづらい文章になってしまっています。特に流し読みされやすいネットの文章では、このような文は好ましくありません。流し読みだと、虫が嫌いなのは「彼」なのか「私」なのかが正確にわからなくなります。誤解を受けないためにも、主語と述語は離さない方が得策です。

 

配置を換えて距離を近づける

前述の例文では読みづらいので、情報の位置を入れ替えてそれぞれの主語と述語を近づけてみます。すると以下のような文になります。

 

私は虫が嫌いだというにもかかわらず、彼はよくキャンプに誘ってくる。

 

「彼」を後ろに移動させたことで、「よくキャンプに誘ってくる」という述語との距離を詰めました。これによって「誘ってくる」という述語が誰にかかったものなのか、明確になりました。配置を換えても意味は変わらないので、配置を換えた方が読みやすいか考える癖をつけるのもいいでしょう。

 

情報量が多い場合は複数の文章に分ける

文章中の情報量が多い場合は、複数の文章に分けることもテクニックの一つです。それでは、複数の文章に分けて主語と述語を近づけてみましょう。

 

私は虫が嫌いだ。それにもかかわらず、彼はよくキャンプに誘ってくる。

 

「私」と「彼」をそれぞれ主語ごとに独立した文章へと分けました。こうすることでそれぞれの主語・述語が近づき、誰が何をしたのかという言葉同士のつながりが、よりわかりやすくなります。また、一文あたりの情報量が減ったことにより、文のつながりもわかりやすい構成になりました。

 

例文の場合は元々が短い文章なのであえて分割する必要もないのですが、これが長い文章であったり情報量が多いようであればこのうように分割するのも良いでしょう。情報量が多いにもかかわらず主語・述語が離れていると、どの主語にかかった述語なのかがパッと見ではわかりません。誰がどのような状態でも瞬時に理解できるような文章を心がけましょう。

 

まとめ

文章は主語と述語の距離が近いほど読みやすくなります。なるべく二つの間に余計な情報を挟まないようにしましょう。理想としては流し読みされてもしっかりと文意が伝わることです。誤解される可能性があるようでは、読みやすいん文章とは言えません。

 

読みやすくするテクニックとしては、主語の配置を変え述語と近づけるのが定石です。情報量が多い場合には分割するのもいいでしょう。一文、一文の情報量が減ることですっきりと読みやすくなります。こういったテクニックを駆使して、読みやすい文章に仕上げましょう。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*