集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

できる副業ライターがやっている改行・空白行テクニック

いくら有益な情報であっても、面白い文章であったとしてもびっしりと文字の並んだ記事では、多くの人は読んではくれないでしょう。そんなことは極端な例ではありますが、読みやすい文章とするには改行も大切であるということです。文章を読みやすくするための、数多くある工夫のなかでも簡単に行えるのが改行。上手に改行を用いることで、読みやすい文章を書きあげましょう。

 

改行はなんのためにするのか

改行には二つの役割があり、効果的に活用できれば読者に与えるイメージも違ってきます。二つの役割を熟知し、使い分けることで記事のクオリティアップにつなげましょう。

 

①余白を作ることで読みやすくする

適度に改行を挟むことで、文章に余白ができ読みやすくなります。改行なしで書き続ければ、文字がびっしりと並んだ圧迫感ある記事となるでしょう。いくら内容が素晴らしくてもこれでは多くの人は読んでくれません。

 

理想的な改行のタイミングとしては、3~4文に一回ほどがいいとされています。あくまでも目安なので絶対視せずに記事の内容に沿ったタイミングを意識することが大切です。話題転換など内容の切れ目に応じて改行を挟むようにしましょう。

 

②内容の変わり目を余白で示す

内容が変わるタイミングで改行することで、読者に視覚的に転換点を示すことができます。例えばなんらかの製品のメリットとデメリットについて書いていたとします。改行もせずにメリットから急にデメリットの話へと移ってしまうと、どこからどこまでがメリットの話であったのかわかりづらくなってしまいます。

 

このような混乱をきたさないためにも、内容が変わる場面で改行することは重要です。

 

改行を挟むベストタイミング

前述の通り、改行の最適なタイミングとは3~4文に一度ほどです。これはあくまで目安、内容に即して改行するのがベスト。しかし、内容を気にせずに改行するとどうなるのでしょうか。NG例も見てみましょう。

 

小刻みな改行

一文ごとに改行するとどうなるでしょう。余白は生まれますが、箇条書きのようになり内容の移り変わりがなります。それだけではなく、内容が入ってこなくなり読者を飽きさせます。無駄な改行は邪魔にしかならないので、一文ごとに改行するようなことは避けましょう。

 

記事の目的やターゲットに合わせて改行のタイミングを考慮しましょう。

 

解釈をわけるような改行

内容の切れ目を間違って改行してしまうと、文章の内容を誤解されることもあります。以下の例文のようになります。

 

【適切な改行】

私は彼女の部屋を訪ねた。昨晩のことである。いつも通りの部屋で、床には無造作に漫画が投げ出され、テーブルにはコップが置かれたままになっている。そこに彼女の姿は見当たらない。

 

彼女はどこに行ったのか…。昨日のことを思い出していた。窓の外を見ると今にも降り出しそうなどんよりした雲が広がっている。嫌な予感がして窓を閉めた。じっとしていられず急いで部屋を飛び出した。

こちらの文章では「私」が昨晩のことを思い出しながら、シーンは現在に転換しています。

 

【不適切な改行】

私は彼女の部屋を訪ねた。昨晩のことである。いつも通りの部屋で、床には無造作に漫画が投げ出され、テーブルにはコップが置かれたままになっている。そこに彼女の姿は見当たらない。彼女はどこに行ったのか…。昨日のことを思い出していた。

 

窓の外を見ると今にも降り出しそうなどんよりした雲が広がっている。嫌な予感がして窓を閉めた。じっとしていられず急いで部屋を飛び出した。

こちらの文章では、ずっと昨晩のことを思い出しているように感じます。シーンは現在に移らず、終始彼女の部屋の中のように思わせます。

 

このように改行一つで文章の意味が変わってしまうこともあります。意図したものならいいのですが、誤解させる危険性もあるということです。そういったことを意識しつつ、文意を正確に伝えられるように改行しましょう。

 

まとめ

改行によって適度に余白ができることで見やすい記事になります。改行を挟む目安としては3~4行に一回ほどがいいでしょう。内容が変わるタイミングで改行するのが理想です。ただし、改行ポイントによっては誤解を生むこともあるので注意が必要です。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*