稼げるアフィリエイトってこういうことか!

アフィリエイトで稼ぐ!インプレッション型広告の導入準備

インプレッション型広告を行うために必要な準備

インプレッション型広告は、広告がクリックされてなくても、広告から商品が売れなくても、広告が表示されるだけで、収益が発生します。

 

その代わりということでもないのですが、アクセス数あたりの収益はクリック課金型広告や物販広告よりもかなり低いです。

 

広告が表示されるだけで、収益が発生するという特徴を持ったインプレッション型広告は、導入のためにどのような準備が必要なのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

インプレッション型広告を行うための準備①広告を掲載する場所をつくる

インプレッション型広告や物販広告同様、まずは広告を掲載する場所、つまりあなたのブログやサイトを用意する必要があります。

 

ブログやサイト作成については、無料サービスと有料のサーバと独自ドメインを用意する方法があります。

 

インプレッション型広告を行うにあたっては、「無料サービス」と「有料のサーバと独自ドメイン」のどちらを利用してもインプレッション型広告の運営上、問題はありません。

 

ただ、より広告を取り易くなるのは、「有料のサーバと独自ドメイン」を利用した場合となります。

まずは、インプレッション型広告とはどのようにして広告の供給を受けるのかについてからご説明させていただきます。

 

広告掲載にあたっては、クリック課金型広告では「クリック課金型広告配信サービス」、物販広告では「ASPサービス」を利用しました。

インプレッション型広告においても広告配信サービスは存在はするのですが、現在では、インプレッション型広告を提供するサービスはほとんど利用を停止しています。

 

ではどのようにインプレッション型広告をあなたのサイトやブログに掲載するのかというと、企業等からの直接の掲載依頼により広告の供給を受けるという事になります。

 

「有料のサーバと独自ドメイン」の方が広告を取り易い事情は、広告掲載を依頼する企業が「有料のサーバと独自ドメイン」でブログやサイトを作成しているアフィリエイターを好むという傾向を持っているということに尽きます。

 

インプレッション型広告を行うための準備②インプレッション型広告の設置

上述のように、インプレッション型広告の広告供給は、企業等からの直接依頼を受けることが主流とはなっています。

もしほそぼそと運営しているインプレッション型広告配信サービスを利用するとすれば、物販広告同様、広告配信サービスに登録し、広告のソースコードを取得、あなたのブログやサイトにソースコードを組み込むという手順を取ることとなります。

 

では、現在の主流となっているインプレッション型広告の導入方法である企業からの直接依頼を受けるにはどうすればいいのでしょうか。

 

一般的には、あなたのサイトやブログ上で広告掲載を募集し、企業からの直接依頼を待つということになります。

広告掲載を募集するにあたっては、広告掲載を検討している企業が通常関心を持っている、ブログやサイトのアクセス数やどのようなユーザがあなたのサイト(ブログ)を訪れているかを明示することが有効です。

また広告掲載期間やサイズ、料金の記載も必要となるでしょう。

 

基本的に企業は、あなたのサイト(ブログ)を訪れているユーザー層と、販売している商品・サービスの購買層が重なる場合に広告掲載を依頼するということになります。

 

当然ながら、一定以上のアクセスがあなたのサイトやブログにあることが前提となることは言うまでもありません。

 

このようなインプレッション型広告の広告掲載募集は、自治体等がそのHP上で行っていることもありますので、ご自身の住所地や近隣の自治体のHPをチェックしてみてはいかがでしょう。

ちなみに神戸市も広告を募集しています。

 

あなたのサイト(ブログ)の読者層のターゲットが明確な場合に、よりインプレッション型広告の依頼を受けられる確率は高まるでしょう。

Similar Posts

コメントを残す

*