集客の悩みがゼロになるSEOライティング!

副業ライティングでは著作権に注意

音楽や映像作品など多くのものに著作権が存在し、複製することや転載することは固く禁じられています。この著作権は文章にも当てはまるもので、他人が書いた文章をコピーすることは犯罪となります。この著作権は故意でなくとも、他人の権利を侵害してしまう可能性のあるものです。著作権を侵害しないためにも、著作権について知っておくのは重要なことです。

 

著作権は創作物を守るもの

そもそも著作権というのは、著作物にまつわる権利を指します。では、どのようなものが「著作物」に当てはまるのでしょうか。著作物とは個人が創作したもの全般を指し、SNSにアップしたなんのことない文章であっても著作物です。

 

著作権は著作権法によって守られています。他人の作品をパクったり、引用を明記せずに(コピペと同義)発表することは著作権法に反します。うっかり引用であると明記しなかっただけでも、侵害してしまうので気を付けましょう。文章を発表する際には、他人の著作権を脅かしていないかチェックする必要があります。

 

コピペは著作権法違反

他人が作成した文章などをコピーし、そのまま自身の文章として発表することはもちろん違法行為です。いわゆるコピペというものですが、著作権を侵害するものなので犯罪行為となります。コピペには専用のチェックツールも存在するので、少しぐらいわからないだろう…と思っても実行しないようにしましょう。

 

不用意なコピペにより、引き起こされるリスクとして以下のようなものが考えられます。

  • ユーザーからの信頼低下
  • 著作者からの法的措置
  • Googleからのペナルティ(検索順位低下・表示しない等)

 

ただし、しっかりと引用元のサイトなどを明記していれば問題はありません。引用とコピペは全く別のものです。引用方法などはネット検索でもわかるので、他人の文章を用いたい時には「引用」しましょう。

 

また、前述しましたがコピペをチェックするツールがあるので、自身の文章と似通った文章がネット上にないか調べることができます。これにより例えコピペしていないにも関わらず、コピペ扱いされる事故を未然に防ぐこともできます。自身の著作物(=文章)がネット上でコピペされていないかのチェックすることも可能です。

 

固有名詞を使う時は注意深く

コピペだけでなく、何の気なしに使いがちな固有名詞にも注意が必要です。固有名詞と言っても、全てにあてはまるわけではありません。会社名、人名などに著作権は基本的に存在しないからです。しかしながら、商品名や施設名などには商標登録されているものもあります。

 

こういった商標登録されているものを無断で使用すれば、法律違反となってしまいます。もちろん引用の手順を踏めば問題はないのですが、どの固有名詞が著作権を有しているのか把握することは容易なことではありません。できれば固有名詞の使用は避ける方が賢明でしょう。

 

また、固有名詞を用いる際には表現も配慮が必要です。対象に不利益が生じるような書き方をしてしまえば、名誉毀損となるからです。そのような誰かに不利益を与えるような、不快感を与えるような文章は控えましょう。

 

固有名詞全般に言えることですが、表記が正しいかどうかしっかり確認しましょう。人名を間違えると失礼なように、固有名詞も誤表記がないようにすることが大切です。

 

まとめ

著作権は文章にも当てはまり、これを侵害することは犯罪です。どうしても他人の文章を流用したい場合は、手順にのっとって引用するようにしましょう。コピペはツールでチェックすることも可能です。また、固有名詞には商標登録されているものもあるので、無闇な使用は控えましょう。固有名詞を用いる際には、表現にも注意が必要です。もしも不利益を与えるような書き方をしてしまえば、名誉毀損にあたる可能性も考えられます。

SEOライティングを学べば
ブログやサイトへの集客が激増します!

アフィリエイトを始めようとした多くの人が挫折するのが

せっかくブログやサイト、メルマガを告知しても、だれもアクセスしてきてくれないことです。

誰にも見てもらえないことには何をやっても、やってないのと同じ。

 

これが悲しいですが、現実です。

GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されれば、1日1万人というレベルで集客が可能です。

 

そのコツ、メルマガで全部教えます。

 

SEOライティングを学びたい人は是非登録!

Similar Posts

コメントを残す

*