外注化はこうやる!自分が儲けるためのクラウドワークス活用講座

クラウドワークスで稼ぐ!初心者でもココを押さえておけば大丈夫!

 

クラウドソーシングで働く上で、専門的な仕事以外であれば特殊な知識や技能は必要ないです。

けれど、パソコン初心者さんには難しいというのが本音です。

最低ラインで、基本操作やサイトを見るくらいの技術は持っていないとなりません。

今回は、そんな何が必要かということをまとめていきます。

 

最低限必要な技能とは?

クラウドソーシングで仕事をするのに特に資格などは要りません。でも、クラウドソーシングで仕事をしていく上で、最低限持っていないと仕事にならない技術というものもあります。
それを確認してみましょう。

パソコンを立ち上げてサイトを閲覧することができる

基本中の基本ですね。これをできないということは、そもそもクラウドソーシングに登録どころかアクセスができません。

仕事をするという意味では、まずはここからですね。

 

メモ帳を使えるか、文章が打てるか

執筆というジャンルの仕事において不可欠なものがメモになります。

この執筆の仕事が実は非常に大きな収入源になります。

また併せて確認しておきたいのが文字入力時に漢字変換できるかということです。

これも大事な技能です。

また、これは文章を打ち込む練習にもなるので応用が効きますね。

 

検索サイトを使いこなして調べることができるか

執筆や調査の仕事ではGoogleやYahoo!を使って調べます。

また、仕事によっては、調べる際に使う検索サイトそのものに指定が来ます。

最近はGoogleでも、Google Chromeというものが存在します。

検索サイト一つとっても練習が初心者の場合は必要です。

その為、最低限、キーワード検索という基本ができないと仕事になりません。

また、それをまとめるのに上記で示したのメモが役に立ちます。

 

ファイルやフォルダのを移動したり、コピー保存できるか

ファイルやフォルダのコピーや移動、名前の変更を行えるか。

これができないと、納品を行うことができないのです。

納品できなければ意味がないですからね。

また仕事によっては、添付された資料のダウンロードも必要になってきます。

そのため、ダウンロードファイルの取り扱い方や保存方法も理解して、使いこなす必要があります。

最初の時は間違えたり勘違いもすると思いますが体感で覚えていきましょう。

 

さらに磨いておきたいテクニック集

ブラインドタッチができる

ほぼすべての仕事に影響力を持ちます。作業時間を短縮してくれるものです。

最初は難しいと思いますが、練習してキーボードをみないで文字を入力できる状態が良いです。

正しいブラインドタッチをみにつけるとその後に大きく影響しますので頑張りましょう。

 

Microsoft Wordを使って文章の作成ができる

レイアウトを整えた文書作成を行う仕事に応募できます。

一般に、Microsoft社のWordが納品に使われることが多いです。

作成の中でも文章を打ち込むだけではなく、中央揃えであったり、文字の装飾ができると良いです。

更には図の挿入や、罫線が取り扱えることが理想的ですね。

さらに上級になってくると、コメントの挿入や、変更履歴の表示などもあると印象は良くなります。

いわゆる校閲機能の使い方に該当しますが、

これをを知っておくと、修正の際にやり取りで混乱せずにスムーズに行えます。

また、いい印象を与えられます。

 

 

表計算ソフトを扱った簡単な入力ができる

作業状況の記入に表計算ソフトを使用する場合があります。

数値を入力するなどの基本的な操作ができれば、第一段階としてまず問題はありません。

更に、それを少しいじることで作成できるグラフ作成などができれば、

仕事の質を高めたり、クライアントの期待を超えることができるでしょう。

表計算ソフトは慣れが必要ですので最初は頑張りましょう。

 

WordPressなどのブログの開設や投稿

特にハードルが低い仕事にブログの代筆があります。

日頃からブログを書く生活を行っている人は、取り掛かるのにはもってこいの仕事です。

どういう風にすれば読みやすいかなどは書いていないと分からないものです。

日頃の自分の文章の癖なども味となります。

 

TwitterやFacebookを代表とするSNSでの投稿

今や一大SNSとなっているTwitterやFacebook、instagramの運営代行を依頼される仕事もあります。

日常の一部ととして、SNSを利用している人は、こういった仕事を積極的に行ってみると良いでしょう。

SNSの仕事では、パスワードの入力が必須です。

そのため、この仕事ではパスワードの管理やセキュリティーを意識して気を付けるといいでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、最低限の技術と、ちょっとした応用も紹介させていただきました。

これからやってみようと思われている方は、参考にしてみてください。

 

 

Similar Posts

コメントを残す

*