最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

会社に不満、仕事にやりがいを感じない人は副業をやろう!

あなたはどうして副業に興味を持っていますか?副業というワードに関心を持ったからには、なにかしらの理由があることでしょう。もし「借りたお金の返済期日が近い…」という切迫した状況であれば、日雇いの仕事を選ぶでしょうね。即日払いの仕事を何回かすれば問題ないでしょう。ただ、そういった仕事を副業として続けていくことはできますか?副業は楽しめるものを選ぶべきなのです。

 

楽しみながら副業をすることが継続力に繋がる

いくらお金のためだからとは言え、本業の他にも副業をしてそれが楽しくもなんともなく、ただしんどいだけだとしたらどうでしょうか。その疲労や不満は大きなものとなるはずです。体力的にも精神的にも苦痛をともなうでしょう。これではただただ辛くしんどいだけなので、まず間違いなく長続きはしないでしょう。

 

一時的な実入りだけでいいのであれば、問題ないかもしれませんが、継続的な収入を期待しているのであれば、興味のあることを副業にすべきでしょう。副業経験者の多くは金銭的理由と同様に、趣味や娯楽の延長線としてのリフレッシュを副業に見出している人がいるほどです。一年以上も続けられる人は副業が楽しいから、と語る人が多いことからも「楽しい」という要素は重要ではないでしょうか。

 

もちろん収入を増やすことが目的ではありますが、お金以外の価値を感じることができれば長く続けられるはずです。極端な話、副業がお金の発生する趣味になることもあり得ます。新たな自分の可能性に気付けるかもしれません。しかも嫌になったらすぐ辞めることができますし、リスクもプレッシャーもありません。

 

本業と関係のない副業で自分の新しい可能性に気づくかも?

ある調査によると、「仕事にやりがいを感じない」という人は4割ほどだそう。また、「今の会社に満足してない」という人は約8割にも及び、「仕事とはお金を稼ぐ手段にすぎない」と言う人が半数にまで達したようです。このような人が本業の経験を活かして副業をしよう!と意気込んでも長く続きはしないでしょうね。

 

そのため、本業とは全く関係ない副業に挑戦するべきではないでしょうか。というのも、本業から派生したような副業を行っている人もいれば、リフレッシュ感覚で副業を行っている人もいるのです。副業を始める人の多くの人のきっかけは「収入補填」です。しかし、前述してきたように副業は楽しみながら行うことが継続につながります。

 

副業を気分転換と捉えれば、本業に不満がある人ほどいい機会なのではないでしょうか。同じ仕事を長く続けていると、その仕事が自分の世界となっていまいがちです。価値観や視野は狭いよりは広い方がいいでしょう。自分の興味や関心があることに打ち込みながら収入が得られれば、新たな自分の可能性に気付けるかもしれません。

 

 

本業で確かな専門性を築けている人もいれば、惰性で居心地がいいからと仕事をしている人もいるでしょう。しかし、もしかしたら自分に最適なビジネスが世の中にはあるかもしれません。それに気づかぬまま過ごすのはなんだかもったいないですよね。

 

副業は自分の殻を破ることにもつながります。夢を叶えるための下積みとして、自分の技術や感性を磨くため、人脈を作るため、業務経験を増やすためなどなど…単に日銭を稼ぐ以外にも副業に「目的」を見出している人も多く存在します。副業を始めることが自身を見つめ直す機会にもなるはずです。

 

もしかしたら本業の他に向いていることが見つかるかもしれませんし、改めて本業が自分には適していると再確認できるかもしれません。

 

ライティングで自分の新しい価値に気づくこともできる!

自分の価値を見極める…そういった意味では、ライティングは良い副業かもしれません。なぜなら書くという作業は誰しもができることだから。もちろんそれだけではありません。多くの人がなんらかの専門分野を抱えているからです。

 

自分に専門分野なんてない…と思われるかもしれませんが、みんな何かしら好きなものがありますよね。それが専門分野です。そして、それを同じく好きな人が世の中に大勢いるはずです。その大勢の人に共感してもらえるように文章を書くことができれば、収入とすることもできます。ブログのような形態が一番身近でしょうか。

 

歴史が好き、音楽が好き、スポーツが好き…そういった人には他の人よりも多くの知識があるはずです。知識はどんなものであれ価値があるものです。「これぐらいみんな知ってる」、「価値があるとは思えない」と自分では思っていても、他人にとっては違うかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか。副業は楽しみながら行うことで継続できるものです。逆に言えば楽しくお金を稼ぐことができる手段です。副業にハードルはありません。やってみようと思ったら始めればいいのです。やってみて合わなさそうだったら辞めればいいだけで、辞めたからといって誰にとがめられるわけでもありません。

 

コメントを残す

*