最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

単純時間労働型の副業と成果報酬型のネット副業の違いとは?

 

副業と聞いてどのようなお仕事が思い浮かぶでしょうか。一口に副業と言ってもその内容は多岐にわたりますが、報酬の発生の仕方から大きく分けると「時間労働型」「成果報酬型」の2つに大別できます。前者は働いた時間に応じて賃金が発生するタイプで、後者は結果に対して報酬が支払われるタイプです。往々にしてネット副業は成果報酬型が多いのですが、この2つにはどういった違いがあるのでしょうか。

 

アルバイトなどでよくある仕事は時間労働型

時間労働型と表現するとピンとこないかも知れませんが、ようは働いた時間に対して賃金が発生するわけなので「時給」や「日給」で支払われる仕事です。

 

①肉体労働系

パッと思いつくのが肉体労働系ではないでしょうか。引っ越しスタッフなどは日給で支払われるので、短期アルバイトとしてサクッと稼ぎたい人にも人気ですよね。もう少しマイルドなものだと、子供や高齢者相手に指導するインストラクターなどもあるようです。運動の経験や知識があるのであれば、そういった副業もありかもしれません。

 

②事務・軽作業

打って変わって屋内で頭脳労働をするのがこちら。店舗のバックヤードなどでの事務作業は、パソコンでの入力作業が主なものになっています。経理など特別なスキルが必要とされる仕事では、その分もらえる報酬も割増しになります。また、交通量調査員や試験監督などは、肉体的な負担が軽いわりには一般的な時給が貰えるので、本業で疲れていても働きやすいと言えます。簡単な副業ほど報酬は低くなるので、拘束時間と比べ割に合うのかを考える必要があるものもあります。

 

③清掃・配達業

基本的に黙々と一人で作業することになるので、周囲に気を遣わずに働けます。配達業も同様に人と接する機会が少なくて済みます。夏休みや年末などの時期では郵便局などは大量に募集をかけているので、期間限定委で働くのもいいでしょう。軽い荷物ばかりであれば身体的負担も少なくて済みます。

 

④飲食業

いわゆるホールスタッフと呼ばれるものや、調理スタッフなどです。レストランであったり居酒屋やバーなど幅広くあります。最近は猫カフェのようなコンセプト喫茶が流行っているので、自分も楽しみながら働けるかもしれませんね。飲食店で働くと店員さんの気持ちがわかるようになるので、一度は経験した方がいいかもしれません。時間帯によっては深夜手当などもあるので、アルコールを扱うお店の方が時給的にはよくなる傾向があります。

 

⑤接客業

飲食と同じく接客のお仕事ですが、こちらは量販店など小売りをはじめとしてサービス業も含めた幅広いジャンル。基本的に休みの時期が繁忙期にあたるため、平日出勤の会社員であればダブルワークも可能かもしれません。特にイベントスタッフやアミューズメント施設での仕事なら重宝されます。女性であれば会社受け付けなども需要があります。

 

 

 

成果報酬型はトリッキーな仕事が多い

時間労働型とは違い、結果に対して報酬が支払われるのが成果報酬型の仕事です。学生でもできるアルバイトと違うのは、技能に応じて報酬額が高くなるという点。やればやるだけ自分の技能に応じて報酬が加算されるのは、やりがいにもなるはずです。

 

 

①ネット系

ネット経由で今や多くの仕事ができるようになっています。アンケートモニターや写真販売などでお小遣いを稼いでいる人もいます。また、ネットオークションやせどりは利益がでる仕組みがわかりやすく、とっつきやすくなっています。他にもアフィリエイトなら、始めてすぐには利益がでないものの続けていけば定期的な収入源とすることも可能です。

 

ライターやイラストレーターなどもクラウドソーシング経由で仕事を見つけやすくなっています。ネットという言葉にマイナスイメージを抱く人もいるかもしれませんが、軌道にさえのれば効率が良く低リスクで行える魅力があります。

 

②投資・経営

投資は株やFXなどの大なり小なりリスクを伴う副業です。感覚だけで行うのは危険なので、専門書などで勉強しながら始めることになります。小額投資から練習を兼ねて始めるため、稼げるようになるにはある程度時間が必要となります。フランチャイズ経営やアパート経営なども、専門知識やノウハウが必要となります。

 

③頭脳・技能を活かす

家庭教師、英会話講師、翻訳者などの頭脳タイプは、知識が活かせる副業です。もちろんそれ相応の知識が求められますし、時には学歴が必要になることもあるでしょう。もしくは試験をクリアしなくてはいけないなど、ハードルは高いもののその分、普通のアルバイトよりも報酬が高くなります。

 

技能タイプは、持っているスキルを副業に活かすことができるものです。建築模型製作のような高い技術力が求められるものもあれば、着付け師や整体師のように学びながら技術力を蓄えることができる仕事もあります。

 

④代行業

依頼主に代わって作業を行うのが代行サービスと呼ばれるものです。ベビーシッターや家事代行といったものがあり、主婦など慣れた人であれば経験を活かせます。資格を持っていると有利なこともあるでしょう。運転代行や買い物代行、果ては墓参り代行といった代行業まで存在します。

 

⑤変わり種

変わり種では、便利屋やエキストラ、結婚式の代理出席などもあります。非日常的な仕事なので、新鮮な気持ちで取り組めることでしょう。また、遺跡発掘スタッフやパズル作家のような副業であれば、趣味の一環のようにすることも可能です。覆面調査員や治験モニターなどが有名な変わり種副業でしょうか。

 

副業を長く続けたいのならライティングがおすすめ

短期的にサクッとお金を稼ぎたいという場合であれば、時間労働型の副業の方がいいでしょう。しかし、長く収入源としたいのであれば成果報酬型の仕事、特にライティングがおすすめです。

 

なぜならば、副業を続けるために必要なことは楽しめるかどうか…ということです。時間を使ってまで副業をするのに楽しめない、しんどいだけの仕事ではなかなか続けていくことは難しいでしょう。その点ライティングは自分の好きなことや知っていることを扱うことができるので、楽しみながら進めていくことができます。

 

特にアフィリエイトならば、自分の好きなジャンルでブログ等を作り、広告を出稿することで収入になります。ブログには、旅好きだから、歴史が好きだから、食べ歩きが好きだから…というように趣味での経験や情報を発信している人が多くいます。自分の経験が誰かのためになる可能性があるのです。

 

例えば、楽器経験のある人であれば、趣味で楽器を始めようとしている人に対して楽器のメンテナンスの仕方や練習方法などを伝えることができるでしょう。このように、知識のない人向けのコンテンツや、共感してもらえるようなコンテンツを作りあげると多くの人に見てもらいやすくなります。

 

趣味や関心のあることを書くことは、自分の中にある情報を扱うので苦労して調べることも少なく、調べること自体も楽しく行えるので、思いのほかサクサクと進めることができるはずです。なにより、お手本になるサイトや人がネットには多く存在するというのも大きな要素です。

 

まとめ

副業には時間労働型と成功報酬型の二種に大別できます。時間労働型は働いた時間に対してお金が支払われるので、働いた分のお金が手に入ります。それに対して成果報酬型は働いた結果に対して報酬が支払われるので、その仕事にかけた時間と報酬が釣り合わない可能性もあります。しかし、クオリティの高い成果を出せば報酬も上がるという利点もあります。なかでもライティングは自分の知識が活かせ、始めやすいので初心者でも安心の副業です。

 

Similar Posts

コメントを残す

*