最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

今からWebライターを始めるにはクラウドソーシングがおすすめ

副業をするにあたって、どのような仕事を考えていますか?初心者にはライティングがとっつきやすくおすすめです。文章を書くことで報酬をもらうお仕事ですが、そのなかでも今回は「Webライター」についてご紹介します。

 

Webライターは隙間時間を収入に変えられる

Webライターはネットさえあれば、いつでもどこでも行えます。文章を作成するのはパソコンですし、クライアントとのやりとりもメールのみで済むためです。これは通勤時間というタイムロスがなくて済みます。それだけでなく、寝る前の時間など生活の中の空き時間でも作業を進めることができます。限られた時間を有効活用できるだけでなく、隙間時間を収入に変えることができるというのは大きなメリットではないでしょうか。

 

また、ライターとして仕事をすればするほど文章力が身についていきます。仕事にもよりますが、本業にも還元できることでしょう。そして書くためには題材について調べる必要があります。そのため自然と新しい知識や情報が身についていくことになります。文章を書くという作業は同じでも、テーマはその時々で異なるため飽きることなく続けることができるのも特徴です。

 

Webライターを始めるにはクラウドソーシングがおすすめ

Webライターを始めるといっても、どのように仕事を得るのか想像がつかないかもしれませんね。初心者であれば、「クラウドソーシング」を利用することをオススメします。

 

経験者であれば直接ライターを募集しているサイトに応募するなど、仕事を得られるように働きかけるといいのですが、多くの場合過去の成果物の提示を要求されます。初心者に提示できるようなものはありませんよね…。ある程度慣れてきたらWebライターを募集しているサイトに応募してみましょう。仲介手数料なしで収入にすることができますし、継続的な案件にも繋がりやすいです。

 

クラウドソーシングでは、会員登録をすることでクライアントを探すことができます。このような仲介を経てマッチングするのが一番簡単で、簡単な案件から挑戦できるので少しずつステップアップすることができます。仲介による手数料が必要なものの、クラウドソーシングサイト内で評価を積み重ねていくことで、受注できる案件数も増えていきます。

 

数万ものクライアントの中から案件を選ぶことができるので、できそうな仕事から始めることで、報酬を貰いながらスキルアップしていくことができます。仲介してもらうことで報酬の受け渡しもスムーズになるので、安心して始められるでしょう。

 

Webライターはどのくらいの報酬が貰えるのか

Webライターは1記事あたりいくら…という風に報酬が支払われます。多くの場合文字数に応じて報酬が変動します。1文字0.1円から3円ほどまで幅広く、徐々に実績で信用を獲得し文字単価が上がっていくというのが一般的です。初めは1文字=1円を目指すぐらいでいきましょう。

 

初心者であれば1文字1円以下でも、ステップアップのため引き受けましょう。というのも、簡単な案件ほど単価が低くなりますが、クライアントもそこまでのクオリティを求めていません。そのため練習代わりに仕事ができるので一石二鳥だからです。

 

ただし、あまりにも低い案件を受ける必要は必ずしもありません。同じ時間をかけるのであれば単価の高い案件の方が絶対にいいのは当然ながら、あまりに単価の低い案件は割に合わないことも多いからです。最低でも0.5円ほどを目安にするといいでしょう。

 

また、単価が低いにもかかわらずあれこれと要求の多いクライアントにも注意が必要です。クオリティを求めるのなら、それ相応に報酬が支払われるべきです。単価が低いにもかかわらず要求が多いようでは割に合いません。どれだけ時間をかけたところで、文字換算されるわけですから作業効率がいい案件をこなしましょう。

 

1記事あたりの報酬額

上記のようにライティングのスキルによって、報酬には大きな隔たりがあります。このライティングの案件というものは、1記事ごとに依頼される場合もあれば、何記事かまとめて発注される場合もあります。

 

同じ2000文字に記事でも1文字=1円であれば2000円の報酬となり、1文字0.8円なら1600円になります。これはライティングスキルだけでなく、案件の難易度やクライアントの予算によっても変わってきます。同じような難易度の案件であれば、文字単価の高い案件の方がお得なことには違いありません。時にはクライアントと交渉することも必要となります。

 

場合によっては記事に自身の名前(ペンネームなど)が載せられることもあり、これは自身の実績になるだけでなく新たなクライアントを見つけるための広告にもなるので、そういった「記名」してくれる案件は積極的に狙っていきましょう。

 

前述の1文字=1円の2000文字の案件を月に20件受ければ、2000円×20件=40000円の収入になります。ひと月に3桁の記事を仕上げる、もしくは文字単価を格段にあげることができれば本業とする道もあるでしょう。

 

Webライターに必要なスキルはリサーチ力

Webライティングで扱うジャンルには制限がありません。掃除のコツのような生活の知恵から、資金運用の方法のような話題まで幅広く仕事があります。しかし、どのようなジャンルでも対応できるほどの知識量が必要かと言われれば、そうではありません。もちろん高い専門性が要求されるような案件もありますが、多くの場合リサーチすることで十分情報を得ることができます。

 

むしろ、その集めた情報を一つの記事に集約するのがWebライターの仕事であると言っても過言ではありません。また、ブログのような媒体であれば、堅苦しくない素人感が求められる場合もあります。Webライターはブログ、記事、メルマガなど様々な文章を書くことになりますが、それぞれによって適した書き方や表現方法があったりもします。

 

このように、案件で扱うテーマや相応しい書き方について念入りに調査する「リサーチ力」こそがWebライターには求められます。文章力よりも痒い所に手が届くような情報収集力と、それを文章にまとめることが求められるため、専門的知識は必要ありません。そのため普段から気になったことはすぐにでも調べないと気が済まないという人こそ向いている仕事です。

 

単価を上げるには専門性を持つこと

単価を上げるためには、クライアントに信用してもらう、実績を重ねる、交渉するなど様々な方法論があります。なかでも「専門性を高める」ことは重要な要素です。とは言え、前述したようにWebライターは上手くリサーチすることができれば成り立ちますし、専門知識が求められることもあまりありません。

 

しかし、自分の得意なジャンルを持つことは意外に大事です。例えば、政治専門のライターがTVでご意見番として出演していたりするように、Webであっても特定分野に強みがある人は重宝されます。これは何も政治のような堅苦しいものでなくとも、趣味などでも十分役立ちます。音楽や旅行、グルメ、歴史などでもいいですし、主婦であれば生活の知恵のようなものでも有用です。これから始めて一人暮らしを始める…という人にとっては、主婦の当たり前の知識が大きな助けになるなど、どんな情報も知らない人にとっては貴重な情報となる可能性があるからです。

 

様々なジャンルの記事を経験することで、広く浅く知識が身に付くことでもマルチに活躍できます。一から調べるのと、ある程度下地があるのでは理解の深度とスピードが違います。

 

深く知識のある事柄について書くと内容の密度が違いますし、体験談などを織り交ぜれば強い説得力を生むこともできます。Webライターを続けるにあたり、そういった知識は強みとなるでしょう。

 

不得意なジャンルは徹底的に避けるのが得策

どんなことでも調べて、書くことができれば案件をこなせるのがWebライターです。しかし、不得意なジャンルでは普段よりもリサーチに必要以上に時間がかかってしまいます。時間に対して報酬が支払われるわけではないので、これは大きなロスになるため避けたいところ。

 

また、興味・関心がないことについて調べるのも書くのも思いのほか、ストレスがかかる作業です。スムーズに作業が進まないばかりでなく、興味がないばかりに内容が薄くなることもあるでしょう。全く興味・関心が湧かないテーマは初めから受けないのが賢明です。時には断る勇気もWebライターには大事なスキルです。

 

クライアント側としても、どうせ書いてくれるのなら多くの情報を持っている人に書いて欲しいものです。無理に興味のないことを書こうとせずに、「趣味でライブばかり行っているので、音楽知識なら誰にも負けません!」といったように専門性を打ち出していきましょう。他のライターとの差別化にもつながります。

 

時給換算するとどうしても報酬が低くなりがち

Webライターのデメリットとして、時給に換算すると賃金が低くなってしまうことです。これは「調べる時間」と「書く時間」の二段階の作業が必要となるためです。これは初心者だとより顕著なものとなります。

 

なぜならば、始めたばかりで単価も低くなおかつタイピング速度やリサーチするスピードも磨かれていないからです。また、クライアントから修正がかかりやすいという点も考慮する必要があります。

 

慣れないうちは1000文字の記事ひとつ仕上げるのにも、2時間ほどかかることもあるでしょう。そうすると1文字=1円でも時給にすると500円/時になってしまいます。文章を書くことを楽しめなければ続けづらいかもしれません。Webライターは始めやすく続けずらい副業であると言えます。

 

しかし、めげずに続けていけば確実にスピードアップしていきますし、単価も上がっていきます。根気強さも必要かもしれません。

 

Webライター向きの人のタイプは「調べものが好きな人」

Webライターに向いているのは大前提として文章を楽しみながら書くことができることというのは確かにあります。しかし、それ以上に「調べる」という行為に抵抗ない人が適しています。ライティングにおいて調べることは切っても切れないものです。そして調査した情報の量、細かさというのは記事の質に直結するものです。

 

だからこそ専門性が強みになるですが、この「調べる」という行為を普段からやっているかどうかで、精度も速度も歴然とした差が生まれます。また、普段から気になったことについて調べて入れば、生活そのものがスキルアップのようなものです。

 

案外すぐに調べものをするという人は少なく、知りたいという知的好奇心は重要なスキルです。気にったら即検索という人からすれば、誰でも行っていると思いがちなのですが、これだけスマホが普及していても一般的ではありません。調べるのが好き、知的好奇心が旺盛というのはそれだけでスキルのようなものです。Webライター向きの性格だと言えるでしょう。

 

更に付け加えるなら、納期を守ることのできる責任感も必要です。知的好奇心、責任感の次に文章力がくるイメージです。文章力は書いていれば自然に伸びるものですし、勉強することも可能です。まずは調べることに苦がないことが重要です。

 

コピーは犯罪、オリジナルの文章であることが重要

Webライターに最も起こりやすいトラブルの一つに「コピー」が挙げられます。ネット上の文章やテレビ、雑誌などから記事をコピーすることで、単純なコピペはもちろん少し言い換えただけのようなものもパクリなので、コピーコンテンツです。

 

文章にも著作権はあるので、こういったコピー行為は著作権侵害にあたり犯罪行為になります。元の記事作成者から損害賠償を請求されるような事態にもなりかねないので、絶対に行ってはいけない行為です。コピーコンテンツを検出するソフトなどもあるので、クライアントにチェックされればすぐにコピーかどうかはわかります。

 

また、例え自分が書いた記事であっても、使いまわしてはいけません。納品した時点で著作権はクライアントに譲渡する契約を結ぶことがほとんどなので、作成した記事を第三者に売買すると違法となります。

 

あると便利なWebライターに役立つツール

Webライターにとって欠かせない存在がパソコンです。自宅で集中して行うにはデスクトップパソコンが向いていますし、気分転換にカフェなど外で作業したい場合にはノートパソコンの方が便利かもしれません。文章用のキーボードを購入するのも一つの手です。

 

特に「文章校正ツール」は有用です。誤字脱字というものは気をつけていても発生してしまうもの。文章校正ツールがあれば、絶対視はできませんが誤字脱字を削減してから納品することができます。もちろんその方がクライアントからの評価は高まることでしょう。初期投資は気が引けるかと思われますので、慣れてきて続けられそうだと判断してからで十分でしょう。

 

Webライターを続けるには実績と経験を重ねること

Webライターはネット上のサイトに記事が掲載されることがほとんどです。そのため案件は無数に存在し続け、その種類も多種多様です。そのため仕事がないと困ることもあまりありません。

 

それでもWebライターを続けず辞めていく人がいることは事実です。それは最初から稼げるわけではないことが要因の一つに挙げられます。時給で働くアルバイトであれば、慣れないうちもある程度の賃金が保証されますが、Webライターはそうではありません。最初はどうしても単価の低い案件が多く、作業にも時間がかかってしまうことでしょう。

 

最初はお金にならなくとも、実績作りと経験を積むことに時間を費やすという気分でなくては続けずらい面もあります。しかし、時間と労力をかければちゃんと報酬に反映されるようになります。記事が高評価を得られれば同じクライアントからリピートしてもらえることもあれば、案件を紹介してもらえることもあります。

 

そういった積み重ねによって、徐々に収入は安定していきます。単価アップも依頼の増加もすぐに…とは言えませんが、必ず報われる時がきます。最初の内は報酬が少なくとも、ある程度割り切る必要があります。

 

まとめ

Webライターの案件はピンからキリまで単価が幅広く、割に合わないような案件も多数あります。そういった案件を避けながらも、始めはある程度低い報酬を我慢しながら経験を積んでいくことも必要です。実績が蓄積されれば、受注しやすくなるだけでなく単価のアップにもつながりやすくなります。続けていくことで実を結んでいくタイプの仕事なので、じっくり堅実に進めていきましょう。

また、ライティングは趣味などで特定の専門分野がある人ならば、その知識がチャンスにつながります。また、知らないことでも調べて書く必要があるので知的好奇心旺盛な人は適性があるでしょう。少しでも興味があれば、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*