最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

アフィリエイトは続けることで資産化して継続的な収入源になる

アフィリエイトというものをご存知でしょうか。聞いたことはあるけど何を指しているのかよくわからないという人もいるかもしれませんね。アフィリエイトというのは、自身のサイトに広告を出すことで収入を得る手法のことです。建物に看板などで広告を出すのと発想的にはさして違いはありません。アフィリエイトとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

アフィリエイトは誰にでもチャンスがある

アフィリエイトを本業にして生活している人も今や珍しくなく、個人だけでなく法人も取り組んでいるビジネスです。つまり、それだけお金を発生させることもできるものであるということです。月に10万円以上も稼げれば副業としては万々歳ですが、アフィリエイトならそれ以上の収入も見込めます。

 

そしてなにより、言ってしまえばサイトを作って広告を出すだけなので誰にでもチャンスがあります。サイト開設・維持に少々お金がいる程度で、稼げるようになれば痛手になりません。また、興味のあることをテーマにして始められるので、楽しみながら続けられるのも大きな魅力でしょう。

 

アフィリエイトで報酬が発生するまでの流れ

テレビのコマーシャルや新聞の折り込みチラシ、街頭看板などが広告を掲載することで広告料を得ているように、アフィリエイトも広告を掲載することで収入が発生します。しかし、上記のような広告とアフィリエイトの大きな違いは広告を掲載しただけではお金にならないということ。サイトに掲載した広告がクリックされ、その商品が購入されて始めて報酬が発生します。広告料というよりもいわば紹介料のようなものです。

 

  1. 自サイトにアフィリエイト広告を載せる
  2. ユーザーがその広告をクリックする
  3. クリックしたユーザーが購入・申し込みなどのアクションをとる
  4. アフィリエイト会社から報酬が支払われる

 

このような流れで報酬が支払われます。ちなみにアフィリエイト広告によって報酬単価はまちまちで、どのような商品の広告を扱うかによって変化します。

 

アフィリエイトのメリットは半不労所得であること

アフィリエイトが人気の大きな理由として挙げられるのが、「半不労所得」が見込めるからです。不労所得というのは字のごとく「労働することなく貰える所得」ということです。株式の配当や不動産の賃料などがこれにあたりますが、アフィリエイトも近い部分があります。

 

ここで「半」」とついているのは、サイトを作ったりコンテンツを用意したりといったスタート時の努力が必須だからです。とは言え、一度広告収入が発生するようになると、なかば放置していても収入になりえます。なぜなら一度作ったサイトは、ユーザーが勝手に見てくれて勝手に広告をクリックしてくれるからです。ネットに収入発生装置として残り続けてくれるのです。

 

もちろん手入れする必要もありますし、全く放置していて大丈夫なわけではありません。ネットに不動産物件を持っているようなもので、多少の手入れをしていれば延々と利益を生んでくれます。これがアフィリエイトが半不労所得と言われる所以です。

 

 

アフィリエイトは企業にとっても効率的な広告

実はアフィリエイトは広告を出している企業から見ても、おいしい広告です。なぜなら、広告を見てもらうだけならタダだから。通常商品が売れようが売れまいが広告料というものはかかるものですが、アフィリエイトなら商品が購入された時にだけ広告費を払うだけで済みます。

 

商品が売れれば利益になりますし、売れなくとも宣伝にはなります。そのため企業側としても損がないアフィリエイト広告は重要なツールで、だからこそ豊富な商品・サービスのアフィリエイト広告が溢れかえっているのだと言えます。

 

アフィリエイト市場は今なお成長している

ネット全体の広告費が新聞を上回って久しいですが、アフィリエイト市場は毎年伸び続けており2012年には1200億円規模だったものが2016年には2,006億5,000万円を見込のでいます。また、2020年には3,500億円規模にまで拡大すると予測されています。

 

大手アフィリエイト会社の業績も好調続きなど、収益拡大チャンスはまだまだあります。ブログが流行した時に、一時期アフィリエイトという言葉がネットで多く見られましたが、今でも大きな勢力を保っています。サイトに載せる広告なので、ネットがなくならない限りはアフィリエイトは安泰とも言えるでしょう。年々市場規模が拡大していることからもわかるように、未だ発展途上で成長し続けています。

 

アフィリエイトが稼げないは本当なのか

アフィリエイトで検索すると、検索候補に「稼げない」と出るほどなので、そういったイメージを持っている人も多いでしょう。稼ぐというのがどの程度の金額を想定しているかにもよりますが、そこまで酷なものでもありません。

 

アフィリエイトを軽い気持ちで始めて、上手くいかなかった人が声高に主張しているということも考えられます。アフィリエイトで稼ぐためには時間が必要です。そして成功者を参考にした努力も必要となります。なんとなくサイトを作った所でほいほいと人が来るわけがないのです。

 

しっかりと対策を調べて、分析して、考えて行動すれば全く稼げないということにはならないのがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトサイトを作るにはマーケティング的視点が重要

アフィリエイトを始めるにあたっては、まず広告を掲載するサイトが必要となります。初心者であれば、ブログが一番書きやすいと思うので、自分の趣味などから楽しく深く書けるテーマを考えましょう。間違っても日記にはしないでください。誰も日記に興味などないのでアクセスされることはないでしょう。

 

  1. ウケのいいテーマを決めるため、市場調査をする。
  2. 広告を掲載するためのブログを開設する。
  3. タイトルとキーワードを決め、そのテーマに沿って記事を書き続ける(ある程度記事数がないと広告は出せない)。
  4. 広告を管理しているアフィリエイト会社(Amazon、楽天等々)に会員登録をする。
  5. サイトの審査を無事通過したら、掲載したい商品の広告を選ぶ(ユーザーの興味を想定する)。
  6. 広告主の審査を受けて承認されたら、その広告を自分のサイトに貼る。
  7. 商品やサービスが申し込まれるための工夫を凝らし、ページを改善していく。

 

お金が発生する場合はなんでもそうですが、マーケティングがとても重要になってきます。自分本位でやっていてもよほど才能がないかぎりは上手くいかないでしょう。ユーザーがどのような情報を求めているのか?考えることでサイトに人が集まり、ユーザーはこういう商品なら興味があるのではないか?と考えることで広告がクリックされます。

 

もちろん自分が楽しんでやるのが一番ですが、自分もユーザーも楽しめるよう考えましょう。

 

アフィリエイトが多くの人におすすめできるのは生活を活かせるから

アフィリエイトは大まかに四つのジャンルに分けることができます。「生活、金融、健康、娯楽」の四つで、その中からそれぞれのジャンルも細分化することができます。

 

  1. 生活 → 恋愛、人間関係、掃除、洗濯、料理…
  2. 金融 → 貯蓄、投資、キャッシング、クレジットカード、ローン…
  3. 健康 → 病気、肌ケア、化粧品、ダイエット…
  4. 娯楽 → アニメ、ゲーム、音楽、スポーツ、歴史、旅行、ファッション…

 

このように、ありとあらゆる商品やサービスにアフィリエイト広告は存在しています。つまり、あなたが興味・関心のあることにまつわるアフィリエイト広告も必ずあるということです。趣味に関わる副業ができるので、持続させやすくなっています。

 

例えば、「歴史」が好きだからといっても、歴史に関する副業などそうそうありません。しかし、アフィリエイトであれば歴史に関する話を記事にしてブログに掲載するだけでもユーザーを呼び込むことができ、歴史に関する書籍などを紹介することもできます。好きなことを副業にするのですから、モチベーションが上がるのは間違いなしです。そういった面から、アフィリエイトは誰しにも適性がある副業であると言えます。

 

ライバルが少ないマーケットを狙え!

どんな商売でも、ライバルと戦うかそれともライバルの少ない穴を突いていくかという選択に迫られるものですが、それはネット上でも同様です。多くのジャンルにおいて先行者が存在するものです。初心者がそういったマーケットに飛び込んでも埋もれてしまうだけです。特に金融系はその傾向が強いと言えるでしょう。

 

それではどうするべきなのかと言うと、よりニッチな市場を開拓していくべきです。例えば、音楽に関するサイトであれば「ロック、アイドル、アニソン、楽器、ライブレポート…」などがテーマになるでしょう。もちろん総合的に扱うこともあるでしょう。しかし、総合的に扱ったとしてもやはり競合が多くなかなか埋没化を避けるのは難しいでしょう。

 

そこで、埋もれてしまわないようにキーワードを組み合わせて考えます。そうすることでマーケットを限定していくことができます。「インディーズバンドについて、楽器でも一部の楽器に特化する」というように何かに特化する形にすると差別化できます。あまり尖りすぎると需要がなくなるので、いい塩梅の絞り加減を見つける必要があります。

 

重要なのは大きなライバルがいるかどうかです。このテーマでいこう!と思えるものが見つかったら、ライバルがいるかどうか関連するキーワードで検索してみてください。ライバルが多いようであれば初めからそこへ突貫することは避けるべきです。

 

記事はターゲットを想定して狙い撃つ

テーマが決まれば、記事を作っていきましょう。突然ですが、あなたはどういう時に検索しますか?悩みや疑問があるから検索するのではないでしょうか。記事は、その悩みや疑問を逆算して作り出します。つまり、ユーザーが検索するであろうことを予測し、先回りして記事を置いておくイメージです。

 

そのためにはできるだけ具体的なターゲットのイメージが必要となります。例えば、バンドについて検索した…という状況は同じでも、「テレビで見たから詳しく知りたい」という人と、「今流行りの音楽を探している」という人では、同じバンドに行きついたとしても求める情報に若干の差異があります。

 

前者を想定するのであらば、プロフィールや略歴などのバンドにフォーカスした記事にするべきでしょうし、後者を想定するのであらばそのバンドの楽曲にフォーカスした記事にするべきでしょう。このようにターゲットが違えば適したコンテンツも違ってくるため、ターゲットを想定することは重要です。

 

アフィリエイトは最終的に広告から商品を購入してもらわなくてはいけないので、綿密な市場調査が必要になります。

 

アフィリエイトに欠かせない知識

アフィリエイトにおいて、本業は関係ありません。会社員であろうが主婦であろうが、学生でも稼ごうと思えば稼げるのです。本業での専門的な知識を活かして…という人の方が稀でしょう。とは言え、アフィリエイトにおいて欠かせない知識というものは間違いなく存在しているので、学んでいく必要はあります。

 

  1. 需要あるサイトを見極めるための「Webマーケティング」
  2. サイトを構築するための基本的知識と、デザイン感覚
  3. ユーザーに情報を与え、広告へと導くための「コンテンツ」を作成する

 

難しく感じるかもしれませんが、多くの先達がいるので 検索することで学べることはあ大いにあります。特に②のサイトを構築する知識などは、お手本となる人が無数にいるので一から全部わかる必要は全くありません。ですが、そういった情報を検索で探し、学び取ろうとする意識は大変重要です。その意識がないとアフィリエイトは難しいかもしれません。

 

アフィリエイトは勉強してこそ稼げる

アフィリエイトは誰にでも始められるものですが、誰にでも稼げるわけではありません。なぜなら勉強をしなければなかなか結果がでないのです。広告を載せる場所だけでも結果に影響がありますし、サイトにユーザーを集めるノウハウなども手探りよりも誰かから学びとった方がいいでしょう。

 

セミナーや書籍なども多くあります。もちろん中には怪しいものも混ざっているのも事実です。副業をするのにお金をかけるのは馬鹿らしいという人もいるでしょう。無理にお金を使わなくとも、アフィリエイトのノウハウを発信している人もいるので、参考にするのもありです。

 

いずれにしろ、どのような形でも学ぶことが大事です。なんの知識もなく感覚だけでアフィリエイトで成功するのは難しいでしょう。

 

アフィリエイトで稼げないのはすぐに諦める人

アフィリエイトにおいて重要なことはユーザーにどれだけ価値ある情報を提供できるかという点です。内容の薄い量産型のコンテンツを増やしたところで、水増しにしかなりません。Googleはコンテンツの内容を評価しているので、価値のないコンテンツであると見なされれば検索結果の上位に表示されることはありません。

 

この検索結果上位に出れないことで、アフィリエイトに見切りをつけてしまう人が多いようです。アフィリエイトは時間のかかるものなので、根気強く長期的に運用しなければ意味がありません。以下が初心者がつまずきやすいタイミングです。

 

  1. アフィリエイトの勉強をせずにやって成果が出ずに燃え尽きる
  2. アフィリエイトの勉強が面倒で飽きてしまう
  3. サイトが完成したものの、検索結果上位に表示されない
  4. サイトの検索結果が急落して心が折れる

 

アフィリエイトは、初めから収入が得られるものではありません。最初の数か月間は1円にもならないなんてざらにあることです。Googleに反映されるにもタイムラグがあるので、長期的に考えていないとじれったくなることでしょう。それでもコンテンツを作り続けることが大事です。それでも1年はやり続けることが大事で、段々と結果がついてきてくれます。このことを頭に入れておけば、最初の稼げない期間も耐えられるでしょう。

 

登録型の広告は初心者でも稼ぎやすい

アフィリエイトで販売できる商品やサービスは「物販型、サービス型、情報型、登録型、クリック型」の5つの形式に分類できます。

 

  • 物販型…楽天やAmazonなどから商品を販売するもの。書籍から電化製品など幅広く存在します。
  • サービス型…旅行などのサービスを販売するもの。単価は高くなるものの、そのぶん成約に結びつけるのは難しいです。
  • 情報型…「○○する方法」のようなノウハウなどを販売するもの。こちらも単価は高い傾向にあります。
  • 登録型…会員登録や資料請求などに登録を促すもの。基本的に無料で登録してもらうので、成果が出やすいようです。
  • クリック型…訪問者が広告をクリックすることで報酬につながるもの。Googleアドセンスと呼ばれ、アフィリエイトの一種で、他の型と併用して運用されることの多い広告です。初心者向けの広告としても有名です。

 

このようにタイプに分けられ、初心者であれば登録型やクリック型の広告が始めやすいでしょう。しかし、自身の扱うテーマによってマッチする広告を選ぶべきなので、テーマしだいで広告をフレキシブルに使い分けるような感覚でいましょう。

 

自己アフィリでお得に買い物もできちゃう

アフィリエイトでは、自分自身で広告をクリックして商品を購入することもできます。これは「自己アフィリ」と呼ばれるもので、別になんら問題はありません。広告を掲載するにあたり、自分も気になって商品・サービスを利用したい…と思えば、広告を経由することで自分自身に報酬を発生させながら、商品を購入することもできます。

 

一度出来上がったサイトは継続的な収入源になってくれる

アフィリエイトはピンからキリで、稼げる人は月に100万円以上も稼ぐ人もいる。月に1000円しか稼げない人もいる。しかし、0と1では大違いなので、少しでも稼げ始めたら喜ぶべきです。なぜなら、一度収入が入り始めたらコンスタンスに収入になるからです。数万円も稼げるようになれば、コツもわかってくるはず、そうすれば更に増やすことも夢ではないでしょう。

 

アフィリエイトでは一度ページを作成すれば、そこまでメンテナンスをしなくとも永続的に使用することができます。そのため、ページが増えれば増えるほど収入が増えるようなイメージになります。「テーマを決め、キーワードを探し、ライバルを調査する」このことを怠らなければ、収入源は確保されたようなものです。軌道に乗ってくれば、コンテンツ作成を外注するなど外注することでより効率的に収入を得ることもできるでしょう。

 

まとめ

アフィリエイトは継続することがまずは大事です。早々に結果が出るタイプの副業ではないので、年単位の長期計画のつもりで励みましょう。途中でやめてしまうのが一番もったいないので、楽しみながらモチベーション高く望めるテーマでサイトを作りましょう。また、アフィリエイトに関するノウハウなどは積極的に学んでいきましょう。なんの知識もなく稼げるようなものではありません。しっかりとした下調べが重要です。

Similar Posts

コメントを残す

*