最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業成功術!情報商材販売で稼ぐポイントとは?

ネット副業には情報販売というものもあります。情報販売とは、情報商材や電子書籍などで自身が持つ情報を売る仕事です。情報商材と聞くと怪しい商売に思われるかもしれませんが、そんなことはありません。自分の知識をお金に換えることのできる有意義なものです。本業で得たノウハウや成功事例など自分にとっては当たり前のものでも、転職希望者などにとっては有用で貴重な情報になることもあります。それでは、詳しく見ていきましょう。

 

情報販売で報酬を得るには

情報販売とは、ノウハウなどの情報をPDF等のファイル形式にまとめ、ネット経由で情報を求めている人に販売するものです。大多数の人が求めるような情報でなく、特殊な知識を少数の人に供給することで報酬を得ます。個人で自費出版という形で情報を販売しようとすれば、100万円以上の負担がかかります。しかし、情報販売ならコストをかけて紙媒体で書籍化せずとも、0円で参入できます。

 

この情報販売はその販売ルートによって、「情報商材」「電子書籍」の2つに分かれます。情報商材の販売を代行する情報商材モールには、多くのユーザーと膨大な情報商材が登録されています。英会話のようなものから、子犬のしつけかたのようなものまで幅広くあり、過去にはそういった実用系のものがヒットしました。情報商材を販売する流れは以下のようないたってシンプルなものです。

 

  1. 情報商材と販売サイトを制作
  2. 情報商材モールに自作の情報商材を登録
  3. ユーザーが販売サイトに訪れる
  4. アフィリエイターが集客を手伝ってくれることも(報酬が必要)
  5. ユーザーが購入する
  6. 販売者に購入代金が支払われる

 

情報商材は単価を高く設定できる

情報商材の価格は数千から数十万円までと幅広いものです。一般的な書籍は数千円です。仮に定価1200円の書籍を店頭販売しても、その印税はわずか10%以下。8000冊ほど売れてようやく100万円稼ぐことが可能になります。それに比べ情報商材は、数千円から数十万円という高値で販売されます。また、情報商材モールへ数%の手数料を納めるだけで、売り上げは自身のものとなります。

 

同じ目標金額が100万円であれば、情報商材の方が書籍より稼ぎやすくなっています。

 

情報商材に付きまとうトラブル

いくらメリットを聞いても、やはりトラブルが気になるところかと思います。10年ほど前にFXの情報商材の販売者が訴えられました。これは購入者が情報商材の手順に従ったにもかかわらず、FXで多額の損害を被ったためです。訴えるのはお門違いのようにも思えますが、問題は販売者がセールスページに「100%儲かる」とうたっていた誇大情報を記載していたことにあります。

 

裁判の結果、販売責任者が賠償することになりました。このように誇大広告となるようなコピーなど煽り過ぎるのはいけません。もちろん偽情報などもってのほかです。

 

こういったトラブルがあるために、情報商材事態によくないイメージを持たれる方が多いかと思いますが、現在では関連団体が販売前に中身を審査する、販売サイトに表記される特定商取引法の裏付けを調べるといった管理を行っています。そのため業界全体としてのクオリティは向上しています。

 

電子書籍から小説家・漫画家になることも

情報商材よりもスムーズに広く世間に浸透している情報販売が、電子書籍です。kindleなどの販売サイトからダウンロードして、スマホやタブレットで電子書籍を読んでいる人も今や少なくありませんよね。2010年ごろの電子書籍は、単に紙媒体を電子書籍に移植しただけのものでしたが、最近ではいわゆる同人誌のように個人でも出版できるようになっています。

 

  1. 原稿を執筆し、編集や校正を行い仕上げる
  2. 電子書籍のフォーマットに落とし込む
  3. 販売サイトに電子書籍を登録する

 

手順としては以上の3点なので、複雑なことはありません。原稿さえできてしまえば、あとは公開するだけといったイメージです。スピーチやビジネスマナーといった事柄についての電子書籍も個人から出版されています。また、小説家や漫画家としてデビューする人も存在します。

 

電子書籍は売上の50%~90%が手元に

電子書籍では、ビジネス系の実用書の需要が高い傾向にあります。自身の体験やノウハウをマニュアルや教科書を作るような感覚で作るといいでしょう。紙媒体と違って、電子書籍ならば動画や画像を気軽に差し込むことができるのも強みです。

 

基本的に電子書籍のコストは自分の執筆時間だけなので、金銭的な負担はありません。そのうえ売上の50%~90%が自分の手元に残ります。店頭で見られる書籍では著者に売上の10%が印税として入るのみです。(出版社に40%、印刷会社に20%、出版取次会社に8%、書店に22%ほど)それに比べると電子書籍は販売サイトに手数料を支払うだけで、著者に最低でも売上の50%が入るようになっているのは収入につながりやすいと言えるでしょう。

 

 

情報商材と電子書籍の値段のひらきはどこからくる?

同じ情報販売である情報商材と電子書籍。しかし、その価格差には大きな隔たりがあります。相場として情報商材が数千円~数十万円なのに対して、電子書籍は数百円ほどです。この差は、提供するページ数の量によるものです。

 

情報商材の場合は、数百ページにも及ぶ内容だけでなく無料ツールや個別サポートといった付加価値によって、単価を上げています。コンテンツ内容も自分しか気づいていないであろう貴重な情報を公開するものです。

 

対して電子書籍は、スマホなどでも気軽に読むことができるように、文章量は100ページ以内に抑えることも少なくありません。ビジネスや生活で役立つような情報がメインのため、情報商材よりも普遍的な内容になりやすくなっています。また、過度な期待胃を煽るような謳い文句は、販売サイト側の審査に通りづらいという側面もあります。

 

このことから、同じ情報販売でも情報商材と電子書籍では上手く棲み分けが進んでいると言えます。しかし、情報商材にはどうも良くないイメージが根強く、スマホの普及などで電子書籍も広まってきていることから、電子書籍の方がチャンスは多いでしょう。

 

情報販売は始めやすいが売りにくい

情報販売とは、自分の知識を販売するものです。そのため、自分の得意分野を活かして情報商材や電子書籍を始めようと考える方が多くいます。それ自体は決して間違ってはいないのですが、その情報が需要のあるものなのか?ということを精査する必要はあります。

 

需要がなければ作業時間のお無駄にしかなりません。まずは市場調査を行う必要があります。例えばネットでの検索回数や、関連書籍が存在するのかということをまずは調べましょう。もし検索が多く行われているにもかかわらず、その情報を扱うサイトや書籍が不足している…という需要に対し供給が追いついていない状況があれば狙い目と言えるでしょう。

 

情報販売は出すのは簡単ですが、売るのが難しいと言われています。とは言え、なかにはよくわからないうちに売れた…という人もいたりします。この理由としては、情報商材をアフィリエイターが売ってくれるということがあるからです。売れそうな情報商材であれば、アフィリエイターは積極的に売り込んでくれます。報酬を支払う必要はありますが、こういったアフィリエイターを上手く活用することも大事でしょう。

 

電子書籍であっても、第三者の紹介や口コミの影響力は大きいです。販売サイトにレビュー機能もあるので、クオリティが高ければ口コミでじわじわ売れる…ということも十分ありえます。また、1冊を分割してシリーズ化するという戦略も一般的です。ブログで前半部分を公開し、肝心な部分である後半は電子書籍として隠すという手法もあります。

 

一気に数百万円も稼ぐ人というのは、作る時間と同程度の労力を売る作業にもかけていると言われています。例えば、最初に無料のスマホアプリでユーザーを集め、途中から無料の電子書籍へ誘導、そこから最後には高価な情報商材の販売に繋げる…という手間をかけることもあるようです。

 

読者からの反応が達成感になる

情報販売はパソコン1台さえあれば始められます。毎月コンスタントに稼ぐのは難しいかもしれませんが、電子書籍が広まってき

ているので、今なお裾野は広がりつづけていると言っても過言ではありません。

 

ネット副業には難しい、不確実、不安定といったマイナスイメージがつきまとうものですが、電子書籍のようなクリーンな仕組みであれば安心して始めることができるのではないでしょうか。情報販売はコンテンツを作成しなくては始まりません。思ったよりめんどくさい作業かもしれませんが、そうやって努力したからこそ報酬が得られるとも言えます。

 

また、悩みを解決するようなテーマを選べば読者から感謝のメールが届くことや、☆5つのレビューが投稿されることっもあります。そういった誰かの役に立ったという実感がやりがいに繋がるようです。

 

本なんて無理!という人はライティングやアフィリエイトを始めるのも

情報販売は自分の知識を売る仕事です。とは言え、自分にそんな知識なんてない…と思われる人の方が多いのではないでしょうか。情報販売のような手法で自分の知識を売るなんて一握りの人だけと思っていませんか。

 

確かに情報販売に向いている知識と、向いていない知識があるでしょう。しかし、だからといってその知識に需要がないかと言えばそんなことはありません。例えば主婦の豆知識のような生活の知恵を情報販売として売るのは難しいかもしれません。しかし、ライティングやアフィリエイトでなら需要があります。

 

クラウドソーシングのライティング募集でも、主婦に書いて欲しいという案件は多くありますし、ブログで生活情報を発信することでアフィリエイト収入を得ている主婦の人もいらっしゃいます。どんな知識でも必要にしている人はいるはずなので、なんらかの形で発信することが重要です。

 

ライティングもアフィリエイトも趣味などで培った知識が活かせます。あなたにとってはなんともない常識が、誰かにとっては貴重な情報である可能性は十二分にあります。

 

アフィリエイトの場合であれば、情報販売と同様に需要があるのか調べることを忘れてはいけません。うまくライバルの少ない市場を狙っていきましょう。

 

ライティングやアフィリエイトで文章能力を養いながらお金を稼ぎ、情報販売に備えるという選択肢もあるでしょう。自身の情報商材を自身のアフィリエイトブログで広めるという戦略もできます。

 

まとめ

情報販売は意外と始めやすいネット副業です。しかし、その始めやすさとは裏腹に売るのは少々難しいと言われています。とは言え、クオリティさえ高ければ口コミなどで広がる可能性も存在するので、相応のものに仕上げることができれば報酬は発生するはずです。文章能力やリサーチ力を稼ぎながら養うために、ライティングやアフィリエイトへ挑戦するのもいいかもしれません。いずれにせよ、なんらかの知識がありながら持て余しておくのはもったいないことです。情報をお金に換えられるよう努力してみませんか?

Similar Posts

コメントを残す

*