クラウドワークス

クラウドワークスで稼ぐ!プロジェクト、タスク、コンペって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドワークスには独自の仕事や報酬の名前があります。

「いざ働こう」と思たとき、見慣れない横文字ばかりで、戸惑い悩むこともあるでしょう。

今回は、そんな仕事と報酬の名前と意味を解説していきます。

 

仕事編 どんな仕事があるのか?

仕事編1 プロジェクト

画像の左側に注目しましょう。

「プロジェクト」の文字があると思います。

プロジェクト方式の仕事を行いたいときは、ここから絞り込みましょう。

それでは、プロジェクトとは何か?

発注側(クライアントと呼びます)と、「〇月×日までに××の内容で仕事を行う」といった契約を結ぶ仕事のことを言います。

仕事を行いたい人(メンバーと言います)は、仕事の詳細を募集内容で見ます。

その後、自分ができる仕事や、興味を持った仕事の場合は、応募してみましょう。

応募の際に、このように簡単な挨拶や意気込みも入れます。

そして、クライアントと仕事を行う上での要望(納期や料金など)を相談し、契約できたら仕事を始めます。

条件交渉は、そこまで面倒なことではないので気負わず応募してみましょう。

また、プロジェクト方式は仕事内容が良いと「次回からも・・」ということがあります。

それを直接依頼と呼びます。

 

プロジェクト形式は、応募者が複数いる場合があります。

そのため、時には採用されないこともありますが、「ご縁が無かった」と思い、次の仕事に取り組みましょう。

またここで活きてくるのが、前回までにご紹介しているプロフィールです。

さらに受注率を上げるために、応募する文面に関しましてはさらに詳しく、別記事で特集しますので楽しみにお待ちください。

 

仕事編2 タスク

 

クラウドワークスの中で最も仕事しやすいのが、こちら。

タスク方式です。

アンケートや口コミ作成などの単発の仕事に多いですね。

契約や交渉を行わずに直ぐに仕事に取り組めるのが特徴です。

気になった仕事についての詳細を確認し、それから指示された作業をします。

作業を行った後は、完了ボタンを押すと、納品となります。

クライアントが納品された仕事を検収してOKならば仕事完了となり報酬が支払われます。

タスクは、人数制限や条件などはありますが、アンケートや口コミは条件が合えば、誰でもお金を稼げます。

そのため、クラウドワークスで働き始めるのに最も適しています。

実績を積んだり、自信を付けるのに持って来いです。

最初の一歩が踏み出せない人におすすめです。

 

仕事編3 コンペ

クライアントが提示したテーマに対して、メンバーが自由に自分の作品を提示する、コンテストのようなイメージです。

応募期間中は、いくつでもアイディアや作品を提案することができます。

提出されたものの中から、クライアントが最も自分の意向に合うものを選び出します。

その人に報酬が支払われます。

この仕事は、とにかく「クライアントの意図をくむ」という点に注意しましょう。

中には、専門技能が必要な仕事もあると思いますが、初心者の方でもできるものはあるので、気軽に応募してみましょう。

 

報酬編 どんな報酬の形式があるの?

クラウドワークスでは報酬を固定報酬制と時給制にしています。

さらに、独自のシステムとして、固定報酬制を何段階かに分けて受け取れるマイルストーン方式というものを導入しています。

 

固定報酬制

依頼した仕事の報酬を仕事の終了と同時に一括で支払う方法です。

ほぼすべての仕事がこの報酬形式で行われています。

仕事募集時の金額を参考として、条件や作業する人に応じ金額は多少変動します。

 

時給性

作業報酬がアルバイトやパートと同じように働いた時間で決定される報酬形式です。

時給性は、専用のネットシステムでパソコンを利用して働いていた時間が自動で計測されます。

作業が完了したら、その時間が自動で計測されるので、クライアントもメンバーも負荷はありません。

 

マイルストーン払い

固定報酬制の中でも大型の仕事を受けることが、そのうち、来るでしょう。

その時に、活かされるのが、このマイルストーン払いです。

例えば、ひと月30本の仕事を受注した時、高額な報酬になるかと思います。

そのうち、15本を書き上げたら報酬を一度支払う等、クライアントと契約を結びます。

大型の案件の場合は、クライアント側が、マイルストーン払いを設定してくれていることも多いです。

そうでなかった場合もあるので、あらかじめ確認しましょう。

そして、マイルストーンで支払いを希望する場合は、その旨をクライアントに相談してみましょう。

 

手数料について

クラウドワークスは「仕事をしたい人」と、「仕事を頼みたい人」を結ぶ会社です。

その為、仲介料として手数料を受け取っています。

仕事をして得た報酬のうち、0~20%が手数料になるので、自分の報酬が少ないと感じた時は、手数料を確認しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

クラウドワークスには独自な用語が使われていましたね。

しかし、一つずつ理解していけば、必ず仕事に取り組めます。

難しいなと思うこともあるでしょう。

戸惑うこともあるでしょう。

少しずつ理解して、1つずつ仕事に取り組んでいきましょう。

コメントを残す

*