最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

副業で不動産投資をやりたいなら、安全な副業と組み合わせて実行しよう

不労所得という言葉をご存知でしょうか?読んで字のごとく労力をかけずに所得を得るということなのですが、多くの人ができればそのようにお金を稼ぎたいと思っているのではないでしょうか。とは言え、なかなか不労所得を得る機会というのもないかと思います。しかし、不動産投資を行えばこれも夢ではありません。それでは今回は、副業としての不動産投資についてご紹介いたします。

 

不動産投資で定期的な不労所得をゲット

不動産投資とは大家さんになることで、定期収入を得る副業です。中古マンションであったり、一軒家を購入してそれを誰かに貸し出すことで、入居者から家賃を徴収します。入居者がいる間は継続的に収入が得られるというわけです。

 

実際そういった不動産資産を所有していれば、老後も安心して生活ができると言われています。不動産投資にはインフレ対策や節税メリットといったことも期待できますが、なによりも前述したように不労所得を得られるというのが一番大きな魅力でしょう。定期的な収入を得られるのは嬉しいですよね。

 

この不動産投資を始めるのに適したタイミングというものがあります。それは「低金利でお金を借りやすく、インフレ前で手頃な物件が多く、地価の上昇が期待できる」などの点が挙げられます。不動産は投資なので、しっかりと世の中の流れを見極める必要があります。バブル期のように、一気に地価が高騰することはそうそうないかと思いますが、災害等々で暴落する可能性はないとは言い切れません。

 

ある程度投資について知見がないと難しいかもしれません。投資についてなど勉強する必要はあるでしょう。

 

不動産投資もネットで始められる時代

不動産投資なんてどう始めたらいいのか、想像がつきにくいかもしれませんが入口は思いのほかお手軽で、スマホから始めることができます。ネットで物件を探すことができるからです。

 

  1. ネットで物件を探す
  2. 気になる物件をブックマーク
  3. 現地調査してみる
  4. 価格交渉
  5. 物件を購入する

 

大まかには以上のような流れで不動産投資を進めていくことになります。ネットで物件を探す際には、年間1000件以上を目安に多くの物件を調べ、そこから気になる物件を絞り込んでいきます。その中から100件ほど現地調査を行い、10件ほど価格交渉を行うようなイメージです。各段階で物件を絞り込んでいき、最終的に1~2個の物件を購入します。なるべく慎重に吟味しましょう。

 

デメリット

マンションの1室を所有しており、家賃5万円で貸し出していたとします。この場合、月5万円の家賃収入が発生するのでコンスタンスにお金が得られます。しかし、空室になってしまえばその5万円の家賃が振り込まれることはありません。銀行から資金を借りている場合には、赤字となってしまいます。

 

空室にならずとも、家賃を滞納されれば同じことです。家賃滞納者が夜逃げしてしまうケースも考えられます。過去には所有する物件で自殺者が出たがために、破産した大家も。

 

そもそも近年の少子高齢化の影響で、入居者自体が集まりにくいという問題もあります。最近では空き家問題も社会問題になっており、その数は年々増加傾向にあります。

 

このように、不動産投資をしたからといって必ずしも収入に直結するとは限りません。災害や老朽化による修繕費や、上記のような家賃収入が得られないリスクもあります。こういったリスクを想定していなければ、利息の返済によりかえって不動産投資前より家計が苦しくなる可能性もあります。安易に考えず、不動産投資におけるマイナス面もしっかり熟知しておく必要があるでしょう。

 

ライティングなどリスクの少ない副業と組み合わせる

不動産投資は上手くいけば継続的に不労所得を得ることのできる手段です。しかし、多くの投資がそうであるように、ある程度のリスクも伴うものです。そこでおすすめなのがノーリスクの副業と組み合わせることです。

 

なかでもライティングやアフィリエイトといった副業は、調べることも仕事のうちなので学びながら収入を得ることができます。不動産投資は物件の吟味が必要なため、思い立ってすぐに開始できるものでもありません。ライティングで不動産や金融などについて学びながら、副業収入をえることができます。

 

そうすることで、よりよい物件を選ぶことができるようになることでしょう。ライティングは基本的にどのような案件を受注するか選り好むことができるので、不動産・金融関連の案件を優先的に受けるようにしましょう。

 

ライティングやアフィリエイトはリスクが元手もいらず、リスクのない副業なのでリスクのある副業と組み合わせることである程度損失をカバーしてくれるでしょう。

 

まとめ

不動産投資は物件を購入することで、家賃収入を得る副業です。入居者が居る限りは継続的な不労所得が得られることから人気を集めています。しかし、投資にはリスクも伴うので、しっかりと事前調査をする必要があります。また、物件を選ぶにも時間をかける必要があるので、長期的な目線で始めるべき副業であると言えます。

Similar Posts

コメントを残す

*