最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

自作デコアートで失敗した人にはブログライティングがおすすめ

ガラケー全盛期に流行ったデコアートですが、今もスマホカバーや手鏡などの小物などの装飾として人気を集めています。実はデコアートというのは技術のいるもので、そう簡単に自分で施せるものではありません。そのため、デコアートの技術を持つ人には仕事がまいこみます。自作したデコアート品を誰かが使用してくれる…そんなデコアートを副業にしてみませんか?

 

デコアートの技術を身につけてすぐ売れるわけでもない

デコアートとは、ビーズやラインストーンなどで装飾を施すもので、スマホカバーや手鏡などの小物を飾り立てるものです。このデコアートで月に平均10万円以上稼いでいる人もいます。自作するのが好き、裁縫など細かい作業が得意という人にはうってつけの副業と言えます。

 

デコアート講座というものもあるほどで、申し込めば教材が送られてくるので自宅にいながら好きな時間に技術を身につけることができます。数万円単位の受講費用が初期投資としてかかるものの、手作業が得意であればメキメキと実力をつけることができるでしょう。

 

また、そういった講座だけでなく、「日本デコアーティスト協会認定」なるものがあり、「デコアーティスト2級」など検定試験もあるため、技術力の目安になります。

 

こういった講座を受講、検定を受けるなどをして技術をつけたからと言って、すぐに作品が売れるというわけでもありません。そして、デコアートは材料費がかかるので作って作品が増える一方ではどんどんマイナスになっていきます。例えばiPhoneケース一つを仕上げるのに約8000円はかかります。そのため作品を売る努力は欠かせません。

 

ショップテストに挑戦してみよう

いくらデコアートが好きで作品を作っていても、材料費がかかるのでやはり売れなくては赤字になる一方です。自作のデコアート品を使っていれば、友人などには売れるでしょうが大幅な売り上げは見込めません。そこで重要なのがショップテストを受けること。

 

デコショップの外部スタッフなどの募集に応募し、採用されればショップからの発注を受けることができるようになります。これで安定的に収入を得ることにつなげられます。なにかしら行動を起こさなくては売り込めません。ハンドメイド作品を売るサイトに登録するのもいいかもしれませんね。

 

こうして販売することによって、材料費を気にすることなく作品に集中することができます。そしてそういった繋がりができれば、自分の作品が売れることによるやりがいや、自信へとつながります。デコアート仲間や先輩から技術等を教えられることもあるでしょう。

 

ネットで販売すればより多くの人に届けられる

デコアートショップもそこまで多くあるわけではないので、誰もが挑戦でき、採用されるわけではありません。そこで、自らネットで販売することもおすすめです。

 

誰でもサイトを立ち上げることはそう難しくありません。自作のデコアートを販売する専用サイトを作ることも不可能ではないのです。しかし、いきなりサイトを立ち上げるのは不安という方や、サイトを立ち上げる云々はよくわからないという人も多いかと思います。

 

そういった方は、tetoteに代表されるようなハンドメイド作品を出品することのできるサイトは多くあるので、そういったサイトに出品してみるのがいいでしょう。ここで大切なのは実際に「手に取れない」ということを意識することです。できるだけ実物を想像できるように、魅力的に見えるように写真を撮るよう工夫する必要があります。また色んな角度から撮影することで、作品の全体像もわかりやすくなります。

 

作品説明では、どういった人に向けたものなのかなど作品に対する想いを綴るのもいいでしょう。ハンドメイド作品では作品そのものに加えて、作者の気持ちや制作過程などのバックボーンも魅力の一つなので積極的に発信していきましょう。ブログなどで制作過程を公開するのも効果的です。ファン獲得にも繋がることでしょう。

 

デコアートのコンテストなどが開催されることもあるので、そういった時には積極的に応募してみましょう。入賞すれば主催者からの注文や、メディアに取り上げられるなどのチャンスもあります。

 

デコアートに必要な時間と労力はどれくらい?

デコアートには材料となる石だけでなく、スマホケースなど装飾を加える基になるものも必要です。品薄のケースなどの場合であればケースを入手するのに2週間かかることも。そういった場合を除けば、基本的には1週間ぐらいで発送されるのが一般的なようです。

 

オーダーメイドであれば、色やデザインなど細部まで注文者と突き詰める必要があるためデザインを決めるだけでも1週間以上かかることもあるのだとか。オーダーメイドでなくとも、新作のデザインを決めるまでは数時間を要します。

 

そうしてデザインが決まれば、デコレーション作業に突入します。意外とそれほど時間はかからず、2時間半ほどで仕上げられるようです。ワンポイントのデコレーションであれば更に早く、1時間で仕上げられます。

 

価格としては5千円ほどからフルデコで3万円ほどと、ものにもよりますが幅の広いものとなっています。利益は1万9800円のものが売れた場合であれば、1万5000円ほどです。作業時間が2時間であることを考えると高収入にように見えますが、実際にはメールのやりとりや材料の発注などの事務作業も発生していることも忘れてはいけません。

 

デコアートのやりがいは購入者の喜び

デコアートのやりがいとして、購入者からの反応が貰えるということが挙げられます。もちろん満足させることのできるクオリティがあってこそですが、購入者から「ありがとう」、「お気に入りです」といったメールが届けばモチベーションになりますよね。

 

こうした購入者の気持ちがやりがいに繋がるのは、モノづくり全般に言えることでしょう。そういった気持ちを受け取るために大事なのは、いかに購入者に満足してもらえるかという点です。多少の商売っけは必要ですが、購入者に喜んで貰わなくては次につながりません。まずは利益を出すよりも、満足してもらえるかを考えるようにしましょう。そうしているうちに自然と稼げるようになっているはずです。

 

ブログを駆使して作品をより魅力的に

前述した通り、デコアートのようなハンドメイド作品はその背景も重要です。ブログに作品の制作過程を載せるなど、作品をよりよく見せる努力も必要となります。そうした精神的な付加価値があることで、あなたの作品がより魅力的に映ります。ネットでの露出を増やすことで宣伝にもなります。

 

同時にアフィリエイトをブログで行えば、新たな収入源にもなってくれます。ネット副業は組み合わせることで更に効果を高めるものなので、是非とも組み合わせていきましょう。文章力に自信がないのであれば、クラウドソーシングなどで簡単なライティングを請け負うこともいいでしょう。お金を貰いながらライティングスキルを高めることもできます。

 

いいものを作りさえすれば売れるというものでもありません。いいものをより良く見せる工夫、より多くの人に見せる工夫も必要となります。

 

まとめ

デコアートは自作することが好きな人や、細かな作業が得意な人におすすめの副業です。デコアート講座など初期投資が必要にはなるものの、自作の作品を売ることに価値を見出す人には安いものではないでしょうか。ハンドメイド作品専門のショップサイトもあるので、そういったツールを活用しながら自分の作品を売りだしていきましょう。

 

Similar Posts

コメントを残す

*