最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

趣味の写真を活かしてネットビジネス副業で稼ぐ方法

どこにいくのにもカメラを持って行く、友達と旅行に行くと自分の写真だけ妙に少ない、どうやって撮影したのか聞かれる…というカメラが大好きな人はこの副業がピッタリかもしれません。写真の撮り方しだいで、被写体を良くも悪くもすることができます。写真の撮り方をレクチャーすることも副業になるんです。

 

どういう人に教えるのか

ネットオークションなどをはじめ、今やネットを通じて売買することは珍しいことではなくなってきました。なかには自分で作ったハンドメイド作品を、専門のサイトを通じて販売する人もいらっしゃいます。そういう人にとって写真というのは死活問題です。

 

いい作品を作っても、カメラ写りが悪いとネット越しでは魅力が伝わりません。作品を手に取ってもらえない以上、写真の良し悪しで判断するしかないからです。そういった写真を撮ることが必要なのに、撮り方が上手くないという人に撮影方法をレクチャーします。いわば大人向けの塾のような形です。

 

他にもストックフォトと呼ばれる、ネット記事や広告などで使われる写真素材を販売することで稼いでいる人もいます。そういった人に向けてレクチャーするのもいいかもしれません。意外とネット副業と写真は切っても切れない関係なので、写真の撮影方法を知りたいという人は多くいるはずです。

 

とはいえ、なにも対面する必要はありません。ブログに写真の撮り方講座をアップしていき、必要があればスカイプなどを通してチャットや通話でコツを教えていく…という方法で問題ありません。特に本人に抵抗がなく、受講者が集まるようであれば対面式で撮影方法を教えていくこともできるでしょう。

 

専門の機材などが重要なのではない

安く買ったデジカメよりは、一眼レフカメラなどある程度お金のかかるカメラや機材を整えた方が綺麗な写真が撮れるでしょう。しかし、求められているのはそういった写真ではありません。

 

ハンドメイド作品を作っている人を対象にするのであれば、あくまで作品の見栄えが重要です。ストックフォトであれば、広告などに使いやすい写真であるかが重要です。つまり、機材にこだわる必要は別段ありません。そういった人たち自身が、専門的な機材を持ち合わせていないことがほとんどだからです。

 

むしろハイレベルな機材が必要なのであれば、人は集まらないかもしれません。

 

撮影方法をレクチャーすることを副業にしている人の中には、元々ハンドメイド作家で自分の作品を撮るために写真スクールに通った人もいるほどです。あなたが立派な機材を持っていなくても問題なく始めることができます。既にデジカメを所有しているのであれば、初期投資0円で始めることができます。

 

求められる写真を感覚で知ること

前述のように、ネット副業において写真は欠かせない存在です。どういった人に向けて撮影方歩をレクチャーするのかによって、求められる写真の傾向は違ってきます。まずはどういった写真が必要とされるのかを知ることが大切です。

 

そのためハンドメイド作品を売買するサイトやストックフォトサイトなどを巡回してみましょう。どういった写真が好まれるのかがわかるはずです。サイト上で人気を集める人に絞って見てみるのもおすすめです。

 

また、自分自身で始めてみるのもアリです。やはり自分で使ってみるのと、見ているだけとでは感じるものに差があります。ハンドメイドが難しいようでも、カメラがお好きなのであればストックフォトを始めるのもいいでしょう。

 

自分の肌でどういった撮影が必要なのか知ることができるはずです。教わる側としても、苦労やつまずいている点を理解してくれる人の方が信頼できるものです。ネット副業においてこの信頼はとても重要なことです。

 

そういったショップやサイトを見る上で重要なのは、「疑う」ことです。それは本当にそれが正解なのか疑うということです。例えば、私なら別な撮り方をするのに…というような感覚が重要です。学び取ることも大事ですが、そうやって自分ならこうする、教えてあげたいと思うような人の方が教える側としては向いているでしょう。

 

ブログで発信していくことで人が集まる

教えるからには、教える相手となる生徒が必要です。そのためにまずはブログを立ち上げましょう。この時に対象者をある程度絞るといいでしょう。「ハンドメイド作家やストックフォトなどネット副業で写真を扱う全ての人に教えます」というよりも、「ハンドメイド作品の撮り方で悩んでいる方へ」といった方が対象がわかりやすく、人が集まりやすくなります。

 

例えば、自己紹介で「音楽が好きです」という人よりも、「○○が好きでよく聴いています」という人の方が共感しやすいですよね。多くの人にあてはまりすぎると、結局誰にもあてはまらないという矛盾したようなことになりかねません。ターゲットは明確に絞っていきましょう。

 

すぐに読者が集まるわけでもないので、最初は黙々と写真の撮り方について書いていきましょう。写真の撮り方を教わりたいと言ってくれる友人がいれば、その人の成長過程を発信するのもおすすめです。目に見えて技術が向上していれば、あなたの教えに信頼感と実績が生まれます。また、ハンドメイド作家のようなネット副業の苦労がわかるのであれば、そういった情報も記事にしましょう。共感した人が読者や生徒になるかもしれません。

 

有料の資料を配布、コース別に生徒を

段々と読者が増えてくれば、有料の資料にも需要が出てくるでしょう。ノウハウや技術を教えるようなサイトでは、一部非公開としていることもよくあることです。無料で公開する部分が信用できタメになる情報であれば、有料である部分にはもっと価値のある情報があるのでは…と読者が思ってくれるからです。もちろんそれ相応の情報を提供しいなくてはいけませんが、そういった形でサイトを有料化する手法も一般的です。

 

単に資料となるテキストを配布するだけでなく、質問受け付けなどのサービスを含めて販売するという手法もあります。例えば、テキスト代1万円+月に一回の質問のコースを3000円、何回でも質問ありのコースは5000円といったようにコースをわけておくのもいいでしょう。生徒が求めるクオリティごとに分けるのもいいかもしれません。

 

何段階かにわけて料金を設定する場合は、高価なコース、真ん中、安価なコースと3段階にしましょう。高価なコースが囮になって、真ん中のコースが売れやすくなります。カフェやファストフード店などで真ん中のサイズが選ばれやすいのと同様です。

 

ある程度生徒が増えてくれば、リアルで教室を開くのもいいかもしれません。

 

ブログをするならアフィリエイトも

せっかくブログを開設するのであれば、アフィリエイトも視野に入れましょう。アフィリエイトというのは商品を紹介することで、その商品が購入された時に報酬が貰える広告・宣伝のことです。カメラまわりの商品を売ることもできるでしょう。

 

アフィリエイトの中には、Googleアドセンスと呼ばれる広告がクリックされるだけで収入が発生するものもあります。これなら記事に表示させておくだけなので、初心者でも始めやすくなっています。いずれにせよせっかくブログを始めるのであれば、アフィリエイトも並行して始めることをおすすめします。

 

また、文章力に自信がないという人にはクラウドソーシングなどでライティングを請け負うのもいいでしょう。誰にでもできる簡単な入力作業から幅広く案件があるので、お小遣い稼ぎをしながら文字入力・文章構成に慣れていくことができます。

 

まとめ

ネット副業において、写真はつきものです。ですが誰もがシャッターを切れば求める写真を撮ることができるかというと、そうではありませんよね。上手く写真が撮れない、思い通りにいかないという人は必ずいるはずです。そういった人に対して撮影技術を教えることも副業になり得ます。

 

 

Similar Posts

コメントを残す

*