最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

稼げるネットビジネスの副業ebayを使って日本の商品を輸出しよう

輸出と言えば大型貨物船などでの大規模なやりとりを想像しがちですが、インターネットの発達した現在では個人規模でも輸出業を行うことが可能になっています。独立して年収1億円も稼いでいる人もいるほどなので、夢のあるお仕事です。副業レベルでも十分稼げ、英語ができなくとも差して問題にはならないと言います。個人で輸出してみませんか?

 

世界最大規模オークションサイトebayを活用

ebayとは世界規模で売買ができるオークションサイトです。日本でもヤフーオークションなど様々なオークションサイトが存在しますが、その全世界規模版がebayです。どうせやるなら世界規模で!という気持ちで行えることはもちろんですが、日本では当たり前のものも海外の人にとっては珍しい商品ということもあります。つまり日本に住んでいること自体がビジネスチャンスにつながるということです。

 

オークションというと、自分のいらないものを誰かに買ってもらう…というイメージを持っている方もいるかもしれませんがそうではありません。これなら売れるはず、欲しい人がいるはずという商品を売ることでオークションサイトを自分のお店のようにすることもできるのです。自分自身で目利きしたものを売るといったイメージでしょうか。

 

あくまで輸出ですから、海外の人が欲しいと思うような日本の商品を販売する必要があります。また、海外で売れそうなものであっても儲からなくては意味がありません。そこで仕入金額と、販売価格で利益が出そうなものを選ぶ必要があります。試行錯誤しながらサイトや書籍などで学んでいきましょう。

 

例えば日本のお菓子は海外でも人気があり、お土産として大量に買って帰る観光客も多いほどです。最近では日本のアニメや漫画、アイドルなども人気なので、そういったグッズなどもいいかもしれません。また、ハローキティのような海外でも根強いファンを得ているキャラクターの商品も考えられます。

 

サブカルへの興味や知識がある人であれば、その情報力を活かせることでしょう。他にもベビー用品のように、その品質の高さから海外で注目されている日本の製品も数多くあります。いずれにせよ日本では簡単に手に入るにもかかわらず、海外では入手できない…というものこそ需要があります。

 

語学力はなくても大丈夫!

海外の人とやりとりをするなら英語が必要か…自分には無理。と思ってはいませんか?海外輸出とは言ってもなにも対面して海外の人とやりとりをするわけではありません。基本的にメールのやりとりですから、中学レベルの英語で十分です。翻訳ソフトのお世話になれば英語が喋れなくとも問題ありません。メールですから少しばかり読解・記述に時間がかかっても大丈夫です。

 

わざわざTOEICなど英語を勉強する必要もないでしょう。もちろん英語が得意なのであれば活かせることに違いありません。

 

しかしそういった語学力よりも、輸出ビジネスにおいて重要になるのは海外で売れる商品をいかに安く仕入れるのか…ということです。ebayには「アドバンスリサーチ」というサイトがあり、過去二週間の取り引きに関する検索ができるようになっています。これを活用することで、海外で人気の日本商品を知ることができます。実際に取り引きされたものを知ることができるので、信頼できる情報ではないでしょうか。

 

そしてそういった売れそうなものの情報というのは、日本に住んでいることこそがアドバンテージになります。前述の通り海外でも人気のコンテンツというのは日本には数多くあるものです。それらのグッズ情報など最新の情報を日本に住んでいることによって簡単に素早く手に入れることができます。もちろん商品の確保も容易でしょう。

 

輸出には情報が肝、仲間を見つけることも大事

どういった商品が売れるのか、人気があるのかまたは人気が出そうなのかといった情報がとても重要になります。生命線とも言えるでしょう。そのため常に感度を高くアンテナを張り巡らせる必要があります。

 

この情報収集がビジネスのメインと言ってもいいでしょう。どこの国でどういったものが売れているのかといった具体的で信頼性の高い情報程価値があると言えます。しかし、一人では色々と限界があるのも事実。

 

そういった情報を交換できるように、同じくebay輸出をしている人と関わることは大きなメリットがあるでしょう。ebay輸出仲間とつながることで、より効率的に稼ぎやすくなるはずです。積極的にかかわりを持つようにしましょう。

 

効率的に作業ができるようシステムを利用しよう

何度も言いますがebay輸出において重要なのは情報です。できれば情報収集に注力して、出品や発送作業といったものは簡略化したいものです。そこで活用できるのが「Nijuyon」「HASSO JAPAN」というツールです。これはebay輸出を行う上で実際に感じたわずらわしさなどの苦労を解消するために作られたツールなのだそう。

 

「Nijuyon」はAmazonに掲載されている商品をクリック一つで出品できるというもので、出品作業を簡略化することができます。

 

また、「HASSO JAPAN」は発送の代行をしてくれるサービスです。基本的にebay輸出では、商品が落札されてから仕入れるので在庫を抱えることはないのですが、落札者へ送るためには商品を自宅に一旦届けてから国際郵便で発送する必要があります。多くの商品を扱えば扱うほど、自宅が段ボールで埋まることとなってしまうのです。これを発送代行によって解消することができます。

 

こういったツールを活用することによって、ビジネスの根幹である情報収集に専念する時間を増やすことができます。システマチックに簡略できる部分は簡略化してより効率的に作業を行っていきましょう。

 

まだまだ少ないものの、ebayで輸出を始めている人が増えてきていることで段々と整備されていっている部分があります。未開拓の分野を切り開くわけではなく、ある程度舗装されてきている道を進むことになるので、始めやすいのではないでしょうか。

 

輸出経験は貴重な情報、教えることもビジネスに

まだまだ個人レベルでの輸出は盛んであると言えるような状況ではありません。しかし、だからこそ輸出経験は貴重な情報となり得ます。あなたが輸出をはじめた経緯や、苦労したポイント、アドバイス、失敗談などなどの実体験は後続で始める人にとっては貴重な情報です。

 

ブログなどで情報発信すれば後輩たちの役に立つはずです。アフィリエイトを行えば新たな収入源にもなるでしょう。また、ebay輸出について教えることでもビジネスにつながります。例えば教材を作る、サイト内に有料で閲覧できるノウハウを載せる、相談に乗るなどのサービスを行うなどが考えられます。情報を発信することもビジネスになるので、視野にいれておいてください。

 

まとめ

ebay輸出で重要なのはなによりも情報です。海外では日本のどういったものが売れているのか、人気があるのかを知らなくては始まりません。意外なところでは日本のベビー用品が海外では大人気だという話もあります。日本では当たり前にあるものでも、海外では斬新であったりするものです。先入観を持たずに海外の人が興味を示すものをリサーチすることに注力しましょう。やりとりはメールなので語学力もいりません。必要なのは情報収集力です。

 

Similar Posts

コメントを残す

*