最高の収益を稼ぐライティング力を活かしたアフィリエイト

稼げるネットビジネスの副業おもちゃせどりとは?

最近ネットで仕入れた商品をネットで販売するという「せどり」を行う人がじわじわと増えてきているようです。仕入れた値段と販売する値段の差が利益になるわけですから、安くを商品仕入れることができればできるほど儲けになるビジネスです。今回はその中でもおもちゃに特化したケースをご紹介します。

 

店舗を構えないという利点

普通お店を始めようと思うと、まず店舗をかまえなくてはいけません。立地によってお客さんの量や質も左右されることでしょう。また、当たり前ですが家賃も必要になってきます。利益を上げ続けないと店を構えること自体も困難になってきます。

 

しかし、ネットショッピングならそんな心配は必要ありません。特にオークションサイトなどを利用するせどりであれば尚更です。そもそも自身のサイトで売るわけではないので、サイトを作る必要すらありません。しかもオークションサイト自身が高い集客力を持っているので、そこにあやかることもできます。大きなメリットであると言えるでしょう。

 

初心者にはAmazonが使いやすい

販売するサイトというのは無数にあります。ですが、やはり人目に触れやすい大きなサイトを使いたいですよね。そうすると後方に挙がるのはヤフーオークションとAmazonの二強ではないでしょうか。

 

多くの人がこのどちらか、もしくは両方を利用したことがあるでしょう。勝手がわかっているサイトから始めた方が安心ということもあって、販売するにもこの二つから始める人が多いはず。どちらを使っても良いのですが、あえておすすめするならAmazonです。

 

なぜならAmazonなら初心者でもフォーマットに従っていくだけで簡単に出品できてしまうから。ヤフオクが難しいわけでもありませんが、やはりフォーマットがある方が安心でしょう。なにより他の出品者と差がつきにくいのです。みんなフォーマットを使って出品するのですから、初心者でも玄人でもスタートラインが同じになるのです。

 

どういうことかと言うと、ネットショッピングにおいて商品画面というのは多くの工夫を凝らすべき場所です。写真は少しでも商品を良く見せるように、少しでも興味をひくタイトルにといった風に、商品説明文や商品ページのデザインなども含め全てにこだわるものです。

 

それは実物に触れられないネットショッピングならではのことでしょう。実物がわからない以上、購入者は商品以外の要素でも判断しなくてはならなくなります。そのために作りこんでいくわけですが、初心者が一朝一夕でできるものではありません。ですからAmazonのように既に体裁を整えてくれている方がありがたいというわけです。

 

安いものから売れていく、ツールを使って効率化

商品ページでの差がない以上、ライバルと差をつけるには価格・発送スピード・購入者からの評価という点で争うしかなくなります。特に価格が難しい所です。

 

少しでも安い方が売れますし、ライバルよりも安くした方が人気になるのは明らかです。しかし、そう簡単にできるものでもありません。価格競争に先はない…という意味合いではなく、物理的に追いつかないのです。

 

出品する商品が多ければ多いほど管理に手が回らなくなります。莫大な数の商品を一つ一つ価格改定するのは大変な手間がかかるものです。必死に作業してもその間にライバルは更に価格改定をしている恐れすらあります。

 

そこで助けになるのが管理ツールです。ツールを使えば設定しておくだけで自動的に更新してくれるようになります。一つ一つチェックしていく面倒な作業を行う必要もないというわけです。最安値より1円安くと設定しておけば、あとは勝手に値段を変えてくれる優れもの。

 

売上を伸ばす人の多くは1日に3回は価格改定をしているというので、あなたもそれにのっとって1日3回は変更しましょう。それだけでも一気に利益が伸びるそうです。

 

仕入れは安く、なるべく効率化しよう

せどりにおいて肝心なのが仕入れです。まず売れる商品がなくては始まりません。特売などの安く仕入れるチャンスを逃さないよう常にアンテナを張っておきましょう。初心者はトイザらスがおすすめで、安く多く仕入れることが可能です。

 

また、リトルウェブというサイトを活用する方法もあります。これは多くのオークションサイトを横断して検索することができるサイトで、どこのサイトが最安値なのかを知ることができます。同じ商品であっても全然値段が違うこともあるので、欠かさずチェックしましょう。

 

そうやってせどりに慣れてきた人には、自身で買い取りサービスを始めるという手もあります。買取サイトを立ち上げ、ネット越しにお客さんからおもちゃを買い取る方式です。わざわざ自分でおもちゃを仕入れずとも、勝手に集まってくるというわけです。

 

案外サイトは誰でも作れる…がSEO対策はしっかり

サイトを立ち上げると言われると、お金も手間もかかるのではと思われるかもしれませんがそんなことはありません。業者にお願いすればお金はかかりますが、手間いらずです。自分で作れば手間はかかりますが、お金を払う必要はありません。ご自分にあった方法をとりましょう。

 

自分で作るにしても、アフィリエイトなどで自分でサイトを立ち上げる人が増えたこともあって、ネット上にたくさんの情報があるので特に困ることはないと思います。慣れれば複数のサイトを立ち上げ、運営することも可能です。サイトが多いほど人目にも触れるので、多くのおもちゃが集まることでしょう。

 

サイトにとって重要なことにSEOというものがあります。サイトを運営するにあたって、これに関しては絶対に調べておくべきことです。サイトというものは、ただ作れば人がくるわけではありません。なにもしなければネットの海に沈んでいくだけです。

 

Googleはユーザーが検索したキーワードをもとに、そのキーワードに関連性の高いサイトを表示するような仕組みになっています。逆に言えばそのキーワードへの関連性が高いことをアピールすれば、多くの人の目に触れやすくなるということです。おもちゃの買取ですから、「フィギュア」や「ゲーム」などといった扱う商品に関するキーワードで上位表示されるよう対策する必要があります。

 

上位表示されなくてはほとんど見られることはありません。検索した人は上から順番に見ていきますが、多くの場合1番目、2番目のサイトで満足してしまうからです。SEOについて詳しくは別の記事を参考にしてみてください。ネット上に多くの情報が出回っているので、色んな情報を精査して対策をしてみてください。効果が出るのに少々時間がかかるということも覚えておきましょう。

 

ノウハウが溜まれば情報商材を売ることも

せどりのノウハウが溜まってくれば、情報商材を始めることもできるでしょう。情報商材と言うと少々怪しいイメージがつきまといがちですが、ノウハウをまとめた言わばマニュアルなようなものです。これからせどりを始めようとしている人や、ネット副業に興味がある人に向けて販売することができるでしょう。

 

ブログのような形で情報を流し、アフィリエイト収入を得ることもできれば、一部重要な部分を有料化するという方法もあります。自身の好みや、ユーザーにとっての利用しやすさなどを考えて決めましょう。

 

情報商材を販売するというモノを扱う方法以外にも、コンサルタントのような情報を伝えるサービスを売るという方法もあります。情報自体が商品なので、それを伝える手段や方法はなんでもいいと言えます。

 

まとめ

ネット上で買い、ネット上で売るせどり。新品でも中古でもいいのですが、おもちゃせどりのようにジャンルをある程度絞った方がやりやすいかもしれませんね。商品によって市場の状況や買い手の層も違ってくるはずです。まずは多少でも知識がある自分の得意なジャンルから攻めていく方がいいかもしれません。慣れれば他のジャンルに手を伸ばすことも視野に入れられるはずです。

 

Similar Posts

コメントを残す

*