外注化はこうやる!自分が儲けるためのクラウドワークス活用講座

クラウドワークスでの報酬、確定申告は必要なの?

クラウドワークスでのお仕事には、報酬が発生します。

お仕事したらお給料はもらわないとですからね!

しかし、そのお給料には、税金はかかるのでしょうか?

皆さんの大きな謎の一つだと思います。

今回は、その謎に確定申告と、税金の観点から迫っていきたいと思います。

 

そもそも確定申告ってなぜ必要なのか

確定申告ってそもそもなぜ必要なのでしょうか。

確定申告は、国に対して「この位の収入がありました」ということを説明することです。

普通の企業にお勤めのひとなら、会社が行ってくれるのですが、クラウドソーシングはそうはいきません。

そのため、本業と別に収入がある場合は、その分の説明を国に行う必要があります。

また、還付申告といって、税金を納めすぎている場合も確定申告で返してもらう権利があります。

確定申告とは2つの意味が存在し、自分にとって自分を説明するツールになります。

更に詳しく知りたい方はこちら

 

 

タイプ別!こういう人の確定申告はどうなるの?

ざっくりと答えてしまうと、金額と働いている場所の数によって異なってきます。

働き方も立場も報酬も様々でしょう。

今回は、いくつかに分けて書いていきたいと思います。

大前提として覚えて頂きたいのは、ここでいう確定申告は「所得税」や「お給料」に関わるお話ということです。

 

副業で働いている方の場合①副業で源泉徴収がない人

副業で在宅ワークを行っており、源泉徴収がない方は、とりあえず20万円を超えない限りは雑収入に括られます。

雑収入は、確定申告するべきかといわれたら、した方がいいですが、重要性という点では低いです。

初心者の方は、確定申告に苦手意識があると思うので、確定申告の第一歩として行ってみてもいいと思います。

また、確定申告を行うと翌年度の税金の部分も動くので、気を付けましょう。

詳しくはこちらから

 

副業で働いている方の場合②源泉徴収がある人

金額に関わらず必ず、確定申告をしてください。

副業として行っている場合は、源泉徴収が他にも1か所以上あるので、還付申告の対象になります。

源泉徴収は本来1か所で行われるものです。

2か所で行われているというのは「税金を余計に多く納めている。」ということです。

これは、還付申告を受ける権利に該当するので、確定申告を行いましょう。

還付申告は「払いすぎたお金を返してもらう手続き」です。

還付申告は、非常に簡単なため、ぜひ取り組んでみましょう。

 

副業で働いている方の場合③収入が20万円を超している

この人は、もちろん還付申告の場合(源泉徴収2か所以上)にも当てはまる可能性が高いですが、それ以上に確定申告が絶対に必要になります。

経費になるもの(ライターであればパソコンの通信費の一部など)を除外して20万を超過しているのなら確定申告を行いましょう。

この場合は、本来の本職である給与所得と違った収入になります。

そのため、きっちりと、その事実を報告する必要があります。

この場合もこちらから、確定申告作業を行いましょう。

 

在宅ワークのみで働いている場合①源泉徴収が複数である

この場合の方は、上記の様に還付申告の対象になるので確定申告を行いましょう。

金額の大小に関わらず、申告を行えばお金は戻るので嬉しいですね。

 

在宅ワークのみで働いている場合②源泉徴収がなく10万円に満たない場合

この方は基本的に、確定申告が必要ないです。

源泉徴収もないですし、雑収入としても金額が僅少なためです。

しかし、将来的なことを考えると、自分の収入と支出は理解しておいて損はありません。

自分の仕事にはどんなお金がかかっているのか(経費)を理解し、情報を収集するのは大事なことです。

 

在宅ワークのみで働いている場合③20万円を超過した場合

初心者の方はまず、一年目でこちらは関係ないと思いますが参考までに。

収入が10万円を超えた時点で確定申告は必要になってきます。

そして、20万円を超えてくると法律により確定申告は義務付けられているので注意です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、立場別に書いてみました。

副業として行うのか、専業なのか。

とても難しいラインですし、確定申告自体が難しい言葉ですね。

まずは、自分の収支状況を確認することが初心者の方には大事なことだと思います。

困ったときは最寄りの税務署にお問い合わせしてみると簡単に説明していただけるのでお勧めです。

クラウドソーシングで稼ぐなら
文章力が必要です

 

手軽に始められるクラウドソーシング

一番効率が良くて、自由が効くのが

ライティングです。

でも・・・

文章なんて書けるかな・・・

 

大丈夫です。

メルマガに登録で、自然に文章力がついていくこと間違いなしです

無料で、メルマガに返信して個人的に返信をもらうこともできます!



クラウドソーシング「ランサーズ」


無料メルマガ登録はこちら!

Similar Posts

コメントを残す

*