月150万稼ぐためのマインドセット

SEO対策イコールキーワード対策ではないこと知ってましたか?

ebc2eebd010b12e6d93a5305c081475a_m

記事を書くときにキーワードは大切、でも最初の一歩に過ぎない

 

検索するときには、キーワードや短いキーフレーズを検索窓に打ち込みます。だから、SEOにあまり詳しくない人は、キーワードこそSEOのすべてだと思ってしまうことがありますが、それは大きな誤解です!
 

では、記事を書くときにキーワード出現率より重要なものって?

 

でも、そうすると記事を書くときに何を気をつけたら良いのでしょうか?

 

これが難しいです。キーワードが大切ならそれを検索して摘要に盛り込めば良いわけですが、今大切だと言われているのは「相手の抱えている問題を見抜く洞察力」、そして「お客様の問題に応える文章」です。

 

具体的にいうと、よくアフィリエイト記事で、一生懸命商品の素晴らしさを書いている人がいますが、それだけでは足りないということになります。

 

カタログのような商品説明は、すでに本家本元のメーカーサイトや、有名通販サイトなどでプロのコピーライターがかているので、ブログアフィリエイトで一生懸命商品説明をしても、基本的にはこうしたプロの仕事と比較して埋もれてしまいます。

 

でも、ブログアフィリエイトをやっている人がプロのコピーライターに確実に勝てる方法は確かにあるのです。

 

 

自分の体験をつかって「お客様の問題に応える文章」を書けばオンリーワンの記事になる!

 

例えば、腰痛に5年間苦しんでいる方が「この商品を使ったら5日で腰痛が治った!」ということには、すごい説得力があります。

 

よく、体験談を載せているランディングページがありますが、その体験談そのものを記事の執筆者が書いてしまえば、記事全体の温度が急上昇して、読み手をグイグイひっぱる力が生まれてきます。

 

子供の頃からアトピーに悩んでいた、という記事をブログの中で書いている人が、「この商品で救われた!」と書けば説得力も倍増です。

 

多くのアフィリエイトサイトの商品紹介文がスルーされてしまうのは、このプロのコピーライターがかなわない部分の「実体験」が抜け落ちているからです。

 

 

「でも、自分の体験には限りがあるから、紹介できる商品も少なくなってしまうではないか!」といわれそうですが、それでよいのです。

 

何度も繰り返し、色んな角度から自分の体験に基づいて商品の紹介をしていけば、その商品は何度も売れていきます。

 

別に、百貨店を目指すわけではないので、多種多様な商品を売ることはないのです。10種類の商品を1個ずつ売っても、1種類の商品を10個売っても良いのです。むしろ、たくさん同じ商品を売ったほうが、仕入れのディスカウントもできて利益率は将来的には高くなるでしょう。

 

 

キーワードにとらわれているうちは、この自分の体験という武器になかなか気が付きません。

 

本当のキーワードは、自分の実体験の中にあるのだ、ということに気がつけば自然と他の記事と差別化できる記事がそれほど苦労もなく生まれてきます。

 

ぜひ、この発想の転換を試してみてください!

 

 

 

Similar Posts

コメントを残す

*